名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

湊かなえの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

湊かなえのプロフィール

湊かなえ、みなと・かなえ。日本の小説家、脚本家。広島県出身。武庫川女子大学家政学部被服学科卒業後、アパレルメーカー勤務、青年海外協力隊隊員、高校の家庭科教師などを経て小説家デビュー。『答えは、昼間の月』で創作ラジオドラマ大賞、『聖職者』で小説推理新人賞、『望郷、海の星』で日本推理作家協会賞(短編部門)、『ユートピア』で山本周五郎賞を受賞。

湊かなえの名言 一覧

人間、言い訳を重ねているうちは、達成感なんて得られない。そしてどんな達成感もひとたび手に入れたら輝きは失せ、もっともっと欲しくなるもの。でもその貪欲さが成長を導いてくれるんじゃないかと。


もし、何の不満もなく楽しく過ごしているのであれば、あえて気心の知れない他グループの人と交わって、新しいことを始めようなどと思わないはず。今いるコミュニティに居心地の悪さを感じているからこそ、新しい出会いに希望を持ってしまう。(『ユートピア』では)そういう人たちが集まった時に何が起こるかを書いてみたかったのです。


居心地のいい場所、素の自分でいられる場所を探して、あちらこちらの集団をさまよっている人は、現実にもきっとたくさんいると思います。でも、100%満たされる場所なんてそうそう見つけられるものではないんですよね。「ここではないどこか」はどこにもないかもしれないし、青い鳥ではないですが、理想郷は実は今いる場所なのかもしれない。でも、そうしたことに気づけず、ずっと探し続けるのが人というものなのかもしれません。


小説を書くにあたっては、全く遠くの世界ではなく、読む人の日常の延長にある話を書こうと常に考えています。読書には知らない世界を訪ねる楽しみがあると同時に、日常の延長に踏み込むことで、普段は目に入らない何かに気づくという深みもあると思うからです。その本を読む前と後では、普段の景色も少し違って見えるような、そんな作品を書きたい。だから登場人物に関しても、あえて突飛なタイプにするようなことはしません。


大人は子供を守っているつもりでも、実は子供が親を守っているような部分って結構あると思うんです。子供は子供なりにいろんなことを観察し、胸を痛め、自分たちにできることはないかと一生懸命考えています。大人が自分たちだけが苦労していると思っている裏で、子供だってこんなに頑張っているんだぞ、というところも今回書きたかったことの一つですね。自分の立ち位置をキープするためにわが子に負担をかけちゃいけないでしょ! って(笑)。


悪意を持って行動する人間が引き起こした事件は、加害者を改心させたり罰したりすることで解決できます。だけど、事件のきっかけが「善意による行動」だった場合、これは余計にたちが悪いし、解決も難しくなるのではないかなと思ったのが、この物語(『ユートピア』)の原点になりました。自分は善いことをしていると思っている分、落ち度にはなかなか気づきにくいし、気づけたとしても「誰も私の気持ちをわかってくれない」などと他人のせいにしてしまいがちです。悪意よりももっとやっかいなものが日常にはあふれているんです。


(小説『ブロードキャスト』は)物語もそうですが、キャラクターも今まで書いたことのないタイプの子たちばかりでしたね。朝刊連載だから、あまりにドロドロした話はやめておこうと思ったのですが、どんな爽やかな日常にも問題を抱えた人はいるし、10代だからこその逃げ場のない苦しみもある。登場する誰かに自分やまわりの人を重ねながら、共感したり励まされたりするものであってくれるといいなと。今の10代は新聞離れが進んでいるとよく聞くけれど、そういう子たちが毎朝新聞を読んでから学校に行きたいと思えるような小説にしたかった。だから今回は出てくる大人もわりといい人たち(笑)。自立しているつもりでも実はいろんなところで守られているんだよ、という視点も入れたかった。


湊かなえの経歴・略歴

湊かなえ、みなと・かなえ。日本の小説家、脚本家。広島県出身。武庫川女子大学家政学部被服学科卒業後、アパレルメーカー勤務、青年海外協力隊隊員、高校の家庭科教師などを経て小説家デビュー。『答えは、昼間の月』で創作ラジオドラマ大賞、『聖職者』で小説推理新人賞、『望郷、海の星』で日本推理作家協会賞(短編部門)、『ユートピア』で山本周五郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

僕の目標の立て方は短期型です。何年もコツコツと時間をかけてひとつのことを追い求めていくタイプではありませんが、それでいいと思っています。いまは3年後、5年後が読めない時代ですし、短期的な目標の積み重ねが、結局は長期的な目標になりますから。


井川幸広

私は起業する以前、フリーランスでドキュメンタリー番組のディレクターとして働いていました。その折に感じていた「こういうサービスがあったらいいな」という想いを元に、28歳で会社を興しました。


高杉晋一

いくら学問があっても、学問だけでは悟れるものではない。


米倉誠一郎

創業者の言葉は大切。「創業者だったらどうするか」と考えることで答えが見つかることも多い。


山中伸弥

研究がしんどかった頃、本当にいろいろな本を読み漁りました。「高く飛ぶためには、思い切りかがまないと飛べない」など、そんな当たり前の言葉が心に響くんですよ。「ああ、自分は今かがんでいる状態なんだ」と。


チャールズ・ケタリング

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


永瀬昭幸

日本再生のためには、強いリーダー、すなわち世界で活躍できる人材を次々輩出することが必要です。大学に合格することをゴールとするような教育からは、そうしたリーダーは生まれません。


斉藤惇

無難なことしか行わないなら、組織は黄昏を迎えざるを得ない。


碓井稔

私が重視しているのは利益率。最低でも10%は必要です。利益率が低いから、日本の製造業は技術者に高い給料が払えない。


似鳥昭雄

08年5月以来、約1年で6回にわたり値下げをしていますが、粗利は下がっていないし、売上が伸びているから利益は出ます。すると、さらなる値下げ原資ができるのです。値下げをしても、お客さんが増えるからまた下げる。いい循環になってきたということです。


森雅弘

上場はゴールではなく、あくまでもスタート。ストック型の既存事業で確実な成長を確保しつつ、その利益を積極的な新サービスの開発・展開、そしてアライアンスに投資し株主ならびに投資家の期待に応えていきたい。


御手洗冨士夫

米国は経営者人材の流動性が高い。生え抜きでも役員とは契約を結んであり、給料などの待遇から引退するときの条件まで書いてある。期間は1年契約が多い。指名委員会などでチェックされて問題なければ、ほぼ自動的に更新していくんです。日本のようにある年月がたったら交代するという習慣はまったくない。だから、一流の経営者は20~30年在任することがざらです。私は米国から帰ってきてもう30年になりますから、向こうのCEO(最高経営責任者)の友人もだいぶ引退してしまいました。彼らは引退時に異口同音に「自分の使命は全うした。だからこれからは家庭や自分の時間を大切にしていく」と言います。「何期やったから辞めます」なんて言う人は、一人もいない。逆に任期が短い人はクビを切られたということかもしれない。