名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渥美育子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渥美育子のプロフィール

渥美育子、あつみ・いくこ。日本の経営者。人材教育会社「グローバル教育」社長。青山学院大学卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、ケンブリッジ大学などに留学。青山学院大学助教授、ウェルズレー大学研究員、ハーバード大学ラドクリフ・バンティング研究所研究所研究員として、「文化の世界伝播」について研究を行った。その後、米国ボストンに異文化マネジメント研修・コーチング会社インターカルチュラル・ビジネス・センターを設立。世界各地で企業のグローバル化を支援した。

渥美育子の名言 一覧

私は企業経営をよく「幕の内弁当」に例えます。幕の内弁当は器と中身がセットとなって完成します。英語はひとつの「おかず」でしかありません。今の日本企業を見ると、全体像が見えないまま議論している気がします。日本から世界へ器が大きくなった時に、どのようなおかずを入れるべきか。日本企業の立ち位置が問われます。


経営者が人材育成にあまり興味がないことが気がかりです。人事部門に任せきり。人事も自分の任期中には変化を起こしたくない人が多い。


私自身、米国に30年住んでいました。その経験を生かし、宗教や道徳、法的な観点から4つの分類を作りました。法的規範の原型となる宗教は何かなどで文化の断層が生じます。世界を俯瞰的にとらえられることこそがグローバル人材だと思うのです。


「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。


グローバルの語源は天球(globe)からきています。地球まるごと、世界全体での視点や発想が日本人には足りないのです。グローバル人材と聞いて「ずっと日本で暮らすから関係ない」というのも間違いです。世界にいる70億人の中の日本人がどう生きて行くかを考える必要があるかのです。


日本企業がこれまで取り組んできたのはグローバル化ではありません。国際化です。グローバル化と国際化は似たようなイメージを持たれますが大きく違います。国際化は日本を起点に考えています。日本人は日本の考え方をもとにして海外を見る傾向にあります。逆に海外からどのように見られているかは考えられていません。一方でグローバル化は地球単位で物事を考えなければなりません。


グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。本質的な議論をしていないことは、大きな勘違いだと思います。


渥美育子の経歴・略歴

渥美育子、あつみ・いくこ。日本の経営者。人材教育会社「グローバル教育」社長。青山学院大学卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、ケンブリッジ大学などに留学。青山学院大学助教授、ウェルズレー大学研究員、ハーバード大学ラドクリフ・バンティング研究所研究所研究員として、「文化の世界伝播」について研究を行った。その後、米国ボストンに異文化マネジメント研修・コーチング会社インターカルチュラル・ビジネス・センターを設立。世界各地で企業のグローバル化を支援した。

他の記事も読んでみる

中野信子

同僚が出世するのが許せないというのは、人として当然の気持ちです。ただし相手をおとしめるより、自分を高める方向に考えるのが大切。この機会に自分が同僚を上回るには何をすればいいか、洗い出してみましょう。


小林謙

攻めの営業こそ最高の楽しみだと思っている。


斉藤惇

資本は凶暴性を内包しているので、規制は必要ですが、現場を知る人の知恵でルールを作るというバランス感覚も大事。


中田敦彦

最初からうまくいかなかったとしても、初めてなんだからうまくいかなくたって当然です。小さな目標を立て、それをクリアすることを続けていけば、新たな可能性も見えてきます。その意味で、チームや組織は、小さく始めて大きく育つものなのです。


藤田晋

業績がいいときはどうしても周りにもてはやされ、経営者自身も調子に乗ってしまいます。結果、短期的で社会的な評価に目を奪われてしまいます。本来であれば中長期的な成長を考え、好調な今を犠牲にしてでも取り組まなければならないことがあるにもかかわらず、目をそらしがちになるんですね。これによって問題が先送りされ、事態の悪化を招きます。


ジャック・マー(馬雲)

いろいろなものに二面性がありますので、どちらの方を見るかということでも全然違ってくる。


平尾丈

ウェブ世界は意外と分断されている。当社はその分かれた次元を超える存在になりたい。それが「じげん」という社名の由来。


明石康

情勢も相対的なもの。明るいときもあれば、暗いときもある。暗いときにジョークを言って周りの人を笑わすことは、私にとってストレス解消手段の一つ。


田久保善彦

20~30代は、良くも悪くも様々な「クセ」がつきます。この時期に大事なのは、仕事や人生に役立つ「良いクセ」をつけること。クセ付けができれば、どんなことも楽にできるようになります。


川西勝三

スポーツの世界では、大リーグのイチローに代表されるように、一流と言われる選手であっても基本練習を毎日欠かすことがありません。一流選手になるには、自分の持ち味、長所のみでは到達できません。弱点を克服して、自己流を脱却できた者のみが一流選手になれるのです。


森川亮

「結果を出す人」と「結果を出せない人」の違いは、「結果にこだわるか」「プロセスにこだわるか」です。結果を出したいなら、当たり前ですが、結果にこだわらないといけない。


小笹芳央

人は自由を獲得するために働いている。自分の信頼残高さえ増えれば、自由になれる。