名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

渥美育子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渥美育子のプロフィール

渥美育子、あつみ・いくこ。日本の経営者。人材教育会社「グローバル教育」社長。青山学院大学卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、ケンブリッジ大学などに留学。青山学院大学助教授、ウェルズレー大学研究員、ハーバード大学ラドクリフ・バンティング研究所研究所研究員として、「文化の世界伝播」について研究を行った。その後、米国ボストンに異文化マネジメント研修・コーチング会社インターカルチュラル・ビジネス・センターを設立。世界各地で企業のグローバル化を支援した。

渥美育子の名言 一覧

私は企業経営をよく「幕の内弁当」に例えます。幕の内弁当は器と中身がセットとなって完成します。英語はひとつの「おかず」でしかありません。今の日本企業を見ると、全体像が見えないまま議論している気がします。日本から世界へ器が大きくなった時に、どのようなおかずを入れるべきか。日本企業の立ち位置が問われます。


経営者が人材育成にあまり興味がないことが気がかりです。人事部門に任せきり。人事も自分の任期中には変化を起こしたくない人が多い。


私自身、米国に30年住んでいました。その経験を生かし、宗教や道徳、法的な観点から4つの分類を作りました。法的規範の原型となる宗教は何かなどで文化の断層が生じます。世界を俯瞰的にとらえられることこそがグローバル人材だと思うのです。


「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。


グローバルの語源は天球(globe)からきています。地球まるごと、世界全体での視点や発想が日本人には足りないのです。グローバル人材と聞いて「ずっと日本で暮らすから関係ない」というのも間違いです。世界にいる70億人の中の日本人がどう生きて行くかを考える必要があるかのです。


日本企業がこれまで取り組んできたのはグローバル化ではありません。国際化です。グローバル化と国際化は似たようなイメージを持たれますが大きく違います。国際化は日本を起点に考えています。日本人は日本の考え方をもとにして海外を見る傾向にあります。逆に海外からどのように見られているかは考えられていません。一方でグローバル化は地球単位で物事を考えなければなりません。


グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。本質的な議論をしていないことは、大きな勘違いだと思います。


渥美育子の経歴・略歴

渥美育子、あつみ・いくこ。日本の経営者。人材教育会社「グローバル教育」社長。青山学院大学卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、ケンブリッジ大学などに留学。青山学院大学助教授、ウェルズレー大学研究員、ハーバード大学ラドクリフ・バンティング研究所研究所研究員として、「文化の世界伝播」について研究を行った。その後、米国ボストンに異文化マネジメント研修・コーチング会社インターカルチュラル・ビジネス・センターを設立。世界各地で企業のグローバル化を支援した。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

私自身、人生で3回も一文無しになるような体験をしています。すべてを失い絶望する中で学んだことは、「誠実さ」さえ失わなければ、お金をすべて失おうが、困難からは脱することができるということでした。自分が窮地にあっても、誠実さをもって周囲の人や仕事相手に相対し、自分にできることをやる。すると必ず、それはあなたに返ってきます。私も、かつて私がプライベートやビジネスで利益に貢献し、信頼関係を築いた人々により助けられ、苫境を脱することができました。


新井直之(執事)

「名経営者は自分が会社を去ったあとに備えて事業のタネを蒔く」といわれます。遠い未来に目を向けているのです。


稲盛和夫

ひとつの分野だけではそのビジネスが苦境に陥れば会社が傾いてしまいます。そんな事態を避けるためには、会社を変革し事業を多角化していく必要がある。


勝俣恒久

社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。


山崎大地

国際宇宙開発会議で事業内容と計画を発表したところ、大きな反響がありました。例えば無重力飛行サービスを提供する会社はほかにもありますが、50人程度の集団で同じつなぎを着せて、飛んで下りてを繰り返すだけ。うちのように楽器を弾いたり、魔法使いのコスプレを撮影したり、個別ニーズに応えられる企業は海外にもありません。他社は技術力の高さや開発の進行度合いを主に発表していたので、その次のステップで、うちはそれをこう使いましょうと発表したわけです。


ロマン・ロラン

人間にとって大事なのは、現実を素直に見て、それを認める勇気である。


吉田典生(経営者)

競合他社は大手ばかりでしたが、いわゆるグローカルな企業を目指して私たちなりの特色を出し、地元の方々や顧客を大切にここまでやってきました。


中西景久

自分が本当に楽しんで続けられることを、自分の手で見つけて挑戦してほしい。


花輪陽子

食費など、流動的に支出額力変わる費目は、固定費見直し後に削ったのですが、最終的には以前と比べて1カ月あたり約15万円カットしました。最低限の生活費でやりくりできるようになったので、夫婦の収入の50%を貯めて、残りで生活するよう心がけていました。貯蓄が加速度的に増えたのは、そのスタイルが定着してからです。


上野和典

世の中は会社ではなく、お客様の都合で動いています。ですから、会社を一歩出たら、一人の消費者としてアンテナを立てます。これでアナログ情報に対する感度もぐっと高まります。とくにマネジメント層は、会社のロジックが体に染みついているものです。意識して自分をリセットすることが重要です。


ナガオカケンメイ

現地の人がなかなか気づくことのできない、その土地にあるよい商品の価値を、よそ者の僕たちが見つけ出し、再発見してもらう。全国四七都道府県すべてに、こうした土地の個性を見直す拠点をつくりたい。


野村忠宏

試合を怖いと思うのは、なにも悪いことではありません。というのも、怖いから、その怖さを埋めるためにいっそう努力しようと思うからです。