名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

渡部陽一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡部陽一のプロフィール

渡部陽一、わたなべ・よういち。日本の戦場カメラマン、フォトジャーナリスト。静岡県出身。明治学院大学法学部法律学科卒業。大学在学中、コンゴに渡りルワンダ紛争を見たことをきっかけに戦場カメラマンの道に進む。世界中の様々な紛争地域を取材した。

渡部陽一の名言 一覧

戦下の国のひとつ屋根の下にも、僕ら日本人と同じ家族の日常がある。


戦場の子供の笑顔と出会うと、ほっとすると同時に胸が締め付けられます。子供たちの笑顔。これからも取材の一つの柱にしていきたい。一瞬一瞬の表情が懸命で、深みがあるだけに。


極限状態の国の情勢のなか、そこに暮らす「家族の姿」を取材していくのも僕にとっての戦争報道の一つです。ともに土間で眠り、同じ釜の飯を食べ、爆撃を避け、肩寄せ合って難民キャンプへ逃れていく……。そういった日常のなかの家族の喜怒哀楽にこそ、逆に戦争の悲惨さを伝える力があると、僕は思っています。


渡部陽一の経歴・略歴

渡部陽一、わたなべ・よういち。日本の戦場カメラマン、フォトジャーナリスト。静岡県出身。明治学院大学法学部法律学科卒業。大学在学中、コンゴに渡りルワンダ紛争を見たことをきっかけに戦場カメラマンの道に進む。世界中の様々な紛争地域を取材した。

他の記事も読んでみる

すはらひろこ

私の一押し整理テクニックは、立ったまま整理です。デスクワーク中心の仕事では、立つことでデスクに広げた書類が俯瞰できます。書類全体が把握できれば、重要度が判断しやすく、処分もスピーディーにできます。仕分け後の書類を所定の保管場所まで移す工程も、立ったままならスムーズです。整理に頭を悩ませているなら、意識を変えるより、姿勢を変えましょう。


田坂広志

単調で退屈に思える仕事を面白くする3つの心得

  1. 仕事を研究すること。
  2. 仕事の目的だけでなく、意味を考えること。
  3. 仕事の「彼方」を見つめること。仕事の目的は、会社の利益だけではなく、社会への貢献があります。その貢献の意味を深く考えること。

羽生善治

いまは誰もが情報を平等に手に入れられる時代ですから、自分が思いついたアイデアは、だいたい同じ時期にほかの誰かが思いついているものです。アイデアを寝かせていたら、先にほかの棋士に指されてしまいます。


ドナルド・トランプ

心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


胡厚崑(ケン・フー)

ファーウェイが成長できた要因の一つは「カスタマーセントリック(顧客中心主義)」。この企業文化が従業員一人ひとりにまで浸透している。従業員の行動だけでなく企業の運営も全てこの文化が貫いている。


後藤瑞厳

20代は自分の畑を探せ。
30になったらその決まった畑に種まきをしろ。
40になったら肥やしをまけ。
50になったら収穫のときだ。
50歳以降は社会のために尽くせ。


高橋政史

どんな仕事でも、アウトプットを生み出すには、「事実(得た情報)」を「解釈」して、「行動(アウトプット)」する、というプロセスを踏むことが必要です。


経沢香保子

消費者としてのマーケット感覚、あるいはソフトインフラやホスピタリティーといった感性に訴える部分は、確実に女性に分があります。だから女性が営業するなら、女性の感覚や視点が活かせる商材を扱うと、成功する確率は高いんです。自分がこれはいいと思うモノを売っていると、商品説明にも自然と説得力が出てきますからね。


津賀一宏

我々が最も大事にしたいと思うのは、松下電器産業をつくった(松下)幸之助創業者の「モノをつくる前に人をつくる」という精神です。パナソニックはモノをつくる前に、人をつくる会社でありたい。


徳岡邦夫

だしの味を決める「煮方」という役割はとても重要で、ベテランが担当するのがこの世界の常識ですが、うちでは若い料理人にもどんどん任せるようにしています。昔の職人は「技術は盗んで身につけろ」といって教えませんでしたが、それは先輩が自分の存在価値を維持するための方便だったのではないかと思います。若い料理人だって丁寧に教えればきちんとできるようになるし、その経験が人を成長させるんです。


宮内義彦

得意技を見極める基準も効率です。資本効率の高い分野は、それだけ付加価値のある仕事をしていることになります。なぜなら、市場経済においては付加価値のある商品やサービスでなければ市場で売れず、利益も上がらないからです。したがって、利益の上がるビジネスが得意分野で、儲からないビジネスは不得意分野ということになります。もちろん、儲からないビジネスの中でも中長期的な成長の糧となる先行投資分野については別です。