渡部陽一の名言

渡部陽一のプロフィール

渡部陽一、わたなべ・よういち。日本の戦場カメラマン、フォトジャーナリスト。静岡県出身。明治学院大学法学部法律学科卒業。大学在学中、コンゴに渡りルワンダ紛争を見たことをきっかけに戦場カメラマンの道に進む。世界中の様々な紛争地域を取材した。

渡部陽一の名言 一覧

戦下の国のひとつ屋根の下にも、僕ら日本人と同じ家族の日常がある。


戦場の子供の笑顔と出会うと、ほっとすると同時に胸が締め付けられます。子供たちの笑顔。これからも取材の一つの柱にしていきたい。一瞬一瞬の表情が懸命で、深みがあるだけに。


極限状態の国の情勢のなか、そこに暮らす「家族の姿」を取材していくのも僕にとっての戦争報道の一つです。ともに土間で眠り、同じ釜の飯を食べ、爆撃を避け、肩寄せ合って難民キャンプへ逃れていく……。そういった日常のなかの家族の喜怒哀楽にこそ、逆に戦争の悲惨さを伝える力があると、僕は思っています。


渡部陽一の経歴・略歴

渡部陽一、わたなべ・よういち。日本の戦場カメラマン、フォトジャーナリスト。静岡県出身。明治学院大学法学部法律学科卒業。大学在学中、コンゴに渡りルワンダ紛争を見たことをきっかけに戦場カメラマンの道に進む。世界中の様々な紛争地域を取材した。

ページの先頭へ