名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渡部賢一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡部賢一のプロフィール

渡部賢一、わたなべ・けんいち。日本の経営者。野村ホールディングス社長。兵庫県出身。神戸大学経済学部卒業後、野村証券に入社。海外業務企画部長、主計二部長、総合企画室付部長、主計部長、取締役、常務、専務、執行役、副社長、国内営業部門CEOなどを経て社長に就任。

渡部賢一の名言 一覧

条件を定め、捨てるものは捨て、残すものは残す。決断が早ければ、早く先に進むことができる。これは野村の一貫した方針です。


過去にしがみついたり、前例を踏襲したり、上司に媚びたりすることは、私は好きではありません。だから根回しもしません。そんなことをするから、無駄な軋轢が生じるのです。


「違う部署なら好きにやっても構わないが、自分の配下には置きたくない」と、これまで何人かの上司に言われたことがあります。私の持論は「どんなにいい上司でも、いないのが一番」です。人には、その人なりの人生と仕事の経験、価値観があります。上司といえど、他人が、そのコピーになることはありえないのです。


下手な考え休むに似たり。熟慮してもいいことはあまりありません。たとえば、私は1時間かけて100点をとる人よりも、10分で60点取れる人を評価します。一時間後に状況は一変しているかもしれない。それが現代のビジネス環境です。短時間で必要な点数をとれる人の方が、いまは求められているのです。


証券会社の社員は、ときには電話一本で何十億円の契約をします。一人一人が会社を代表して仕事し、責任を負う。必要なことを、必要なときに、自分で決める。証券業は大人の商売です。だから仕事では即断即決が求められます。


日本初の商用コンピュータを導入したのは、じつは野村です。1955年のことです。65年には、調査部を分離独立させ、日本初の民間シンクタンクとして野村総合研究所を設立しました。「最初にやる」というのもまた、野村のDNAなのです。


証券会社の設備投資は「人」です。言い方は悪いかもしれませんが、「生もの」なのです。人事でも「俺は野村だ」「俺はリーマンだ」と言いあっている暇はない。そうした無用な気遣いに時間を割けば統合は失敗します。


社長に就任した年、私は「変化をつくる」「ワールドクラス」「スピード」という3つのキーワードを打ち出しました。ワールドクラスを目指すというビジョンを掲げ、そのためにはスピードをもって臨む。その結果、野村は変わる。「変化に対応する」では受け身すぎるし、遅すぎる。自ら変化をつくることが大切なのです。


即断即決するためには、精神を整えておかなくてはいけません。社長就任後も月一度は禅寺で座禅を組みます。金曜日の深夜から土曜日の明け方まで、考えを捨てる黙想をします。すると臍下丹田(へそ下の腹部)が充実してきます。そんな状態が、決断を下すには一番いいのです。


渡部賢一の経歴・略歴

渡部賢一、わたなべ・けんいち。日本の経営者。野村ホールディングス社長。兵庫県出身。神戸大学経済学部卒業後、野村証券に入社。海外業務企画部長、主計二部長、総合企画室付部長、主計部長、取締役、常務、専務、執行役、副社長、国内営業部門CEOなどを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高野登

リッツ・カールトンには、「従業員はみな紳士淑女たれ」というサービス哲学があります。しかし、それまで普通に育ってきた若者がリッツ・カールトンに入社して制服を着た瞬間に、紳士淑女になれるわけはありません。そこで重要なのが、我々はステージの上にいるという意識です。リッツ・カールトンというブランドを意識しながら演じることに従業員は責任をもつ、それに対して給料が払われるわけです。


阿部俊則

何より大切なのは優秀な人材です。今、「働き方改革」が話題になっていますよね。実は、顧客のニーズに応えることは、働き方改革の実現そのものなのです。働き方改革こそが、新しいビジネスを生み出すとも言えます。


藤田寛之

プロの仕事は極めること。負けたなら、原因を追求して補うのが当然。その道を極めてこそ、プロフェッショナルですから。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

固定費はいったん上げると後戻りが難しい。そこで、変動費を減らそうと躍起になる。もっとも槍玉にあげられやすい変動費といえば夫の小遣いだ。しかし、いくら夫の小遣いをカットしても家計への貢献度は低い。多くの世帯が小遣いや洋服代、食費といった減らしやすいところを減らして家計を維持しようとするが、固定費に手を付けない限り根本的な解決は不可能だ。


豊田佐吉

石田、君は商人だぞ。商人なら金を儲けてくれ。儲けたら俺たちに回してくれ。そうしてこそ、はじめて研究ができるんだ。だいたい、世間の奴は研究家の実情を知らんな。
【覚書き|石田とはのちにトヨタ自動車の社長となる石田退三氏のこと。このとき石田氏は服部商店で繊維貿易の仕事をしていた】


佐藤康人

仕組みづくりに関しては、数字にできることはすべて数字にして、見える化することが重要。感覚的に分かっていても数字化してみると意外な発見があります。


ショーペンハウエル

時は、時をよく用いる者には親切である。


中村貞裕

ブームと同時に意識しているのが「スタイル」です。「スタイル」とはブームとしては沈静化した後に、生活の一部として定着した状態のことです。ブームよりもスタイルになってからの方が商売としての引き合いが多くなります。


盛田昭夫

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。


家本賢太郎

いい仕事は、私生活の安定から生まれます。仕事にだけ集中して、1、2か月は全速力で走れたとしても、長くスパートはできないでしょう。


中本晃

それぞれ要求されるものをきっちりと提供していく。それが事業というものであり、真のグローバル企業への道だと考えています。


重光武雄(辛格浩)

上場すれば株主総会で「あれも駄目、これも駄目」と言われるでしょ。いままでのように思い切った投資ができるのかと心配にもなりました。それでも、企業としてちゃんとしようと思ったんです。
【覚書き|長年非上場でやってきたロッテを上場させ、個人商店というレッテルを剥がし次の世代に会社を引き継ぐことについて語った言葉】