渡部恒三の名言

渡部恒三のプロフィール

渡部恒三、わたなべ・こうぞう。日本の政治家。福島県出身。福島県議会議員、福島県田島町長などを務めた渡部又左衛門の子として生まれる。早稲田大学卒業後、国会議員秘書を務めたのち、福島県議会議員となる。その後、衆議院議員となり衆議院副議長、厚生大臣、自治大臣、国家公安委員長、通産大臣、無所属の会代表などを務めた。

渡部恒三の名言 一覧

一度出会った人とは生涯付き合う気構えできた。結局、それが自分の最大の財産になっている。


若さというものは足りないことだらけで当然だ。勉強すればいいのだ。


私は失敗談を平気で人に話しますが、それでもバカにされるだけではないのは、周りの人に恵まれたからだと思います。


人間関係もいいときがあれば悪いときもある。しかし、一度付き合った人とはお互い立場がどんなに悪くなろうと同じ心、同じ姿勢でお付き合いする。これも大事なことなのです。


大事なのは、やっぱり思いやりと感謝の気持ち。それが人生哲学です。だから、親の七光りもないし、人より優れているものなんかなんにもない私が県議会議員2期、衆議院議員14回、一度も落選することなく連続で当選することができたのだと思います。


角さん(田中角栄)の派閥から竹下さん(竹下登)とともに「創政会」という新しい派閥をつくって独立しようとしたときがあります。そのときは小沢一郎さんとか小渕恵三さんもいたけど、田中先生のところに「創政会つくって、参加します」って直接言いにいったのは私一人。ほかの幹部は誰も行かない。それでも「私は竹下さんの縁でオヤジさんと知り合うことになりました。だからお許しください」と。そりゃ、怒鳴られました。しかし、筋は通しました。そのおかげで、その後も田中邸で昼からオールド・パーのご相伴に与ったりもするぐらいの関係を続けることができました。


常に相手の立場になって考えなくてはいけない。バカにしてくる人がいてもそれは向こうの立場があってのこと。グッと我慢していればいいこともあります。自分の立場だけで賢そうにものを言っていても結局不平不満ばかりになる。


渡部恒三の経歴・略歴

渡部恒三、わたなべ・こうぞう。日本の政治家。福島県出身。福島県議会議員、福島県田島町長などを務めた渡部又左衛門の子として生まれる。早稲田大学卒業後、国会議員秘書を務めたのち、福島県議会議員となる。その後、衆議院議員となり衆議院副議長、厚生大臣、自治大臣、国家公安委員長、通産大臣、無所属の会代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

坂田道信

安売りの商売は感心しません。どこかで苦しんでいる人がいるからです。生産者も、売る人も、買う人も、すべてが潤う世界をつくらなければ、いずれ行き詰まるときが訪れるでしょう。どちらか一方が儲けようとする関係ではなく、人と人とが支援し合う世界をつくっていきたいものです。


中尾浩治

「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


植村甲午郎

人の上に立った者はむやみと腹を立てたり、下のものを叱ったりするもんじゃない。叱ったり怒ってみても、子供じゃあるまいし、まず実にはならん。


渋沢栄一

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


鍵山秀三郎

効率化に集中すると、他者のことを思いやる余裕がなくなり、自分の与えられたことだけをやる。しかも、個人の成果が洗いざらい数字に表わされる。ますます部署ではなく、誰が成績を上げたかだけが問題になって、人間性が介在する余裕がなくなってくるのです。


三森久実(三森久實)

若いうちに上手くいくと、たいてい失敗するんですよ。調子に乗っていろいろ手を出したくなる。私も大皿料理の居酒屋をやったり、ハンバーガーチェーンのフランチャイジーを始めたり。でも、そういうのは全部失敗しました。大戸屋の利益をそれ以外の店で食いつぶす状態に陥ってしまったのです。


大嶋祥誉

「ちょっと急ぎの話なのですが」と急いでいることをアピールするのは、よほどのときでない限りやめたほうがいいでしょう。上司の視点からは大して急ぎでないと認識されると、オオカミ少年のように、「あいつの“急ぎ”はアテにならない」と思われてしまうからです。すると、本当に急ぎの要件のときに、すぐに対応してもらえなくなります。


森下一喜

「つらい」「苦しい」と感じながら、ゲームを作っていると、必ずアウトプットに表われます。たとえば、遊び心がなくなり、既存のゲームと似通った無難な作りになる。そんなゲームが面白いはずがありませんよね。


三宅裕之

何かを始める際には、「これをやることでこんな自分になりたい」といったウォンツが原動力になることもありますが、「これをやらなければ不幸な未来が待っている」といった恐怖心が人を動かすこともあります。


中田みち

創業者の経営理念である「商いは全ての人に仕えること」をモットーに、これからもお客様にお選びいただける企業となるよう全力を尽くして参ります。


新井紀子(数学者)

コンピューターが何でもやってくれる時代、人間に必要なのは「ブレないロジック」です。言葉の定義からスタートして「AならばB、BならばC」と、シンプルな論理だけで結論を導く。そのスキルがなければ、コンピューターに指示を出せないし、人間相手の交渉でも負けてしまいます。


小笹芳央

お金に関しては、資本主義の社会の中で生きる上では言葉を覚えるのと同じように、メカニズムを知りリテラシーを持つことはいたって当然の話です。


林野宏

漫然と「勝ちたい」と思っている人は、ちょっとしたトラブルでも、「もうダメだ」「これだけ頑張ったから、うまくいかなくても仕方ない」とすぐに諦める。


信元安貞

誠をもって人に接する。和をもって事を計る。魂をもって志を貫く。


ページの先頭へ