名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渡部功治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡部功治のプロフィール

渡部功治、わたなべ・こうじ。日本の経営者。「中央建設」社長。愛媛県出身。中央建設に入社。専務などを経て社長に就任。

渡部功治の名言 一覧

自分が良いと思わないものを人に提供することはできない。私は仕事とはそういうものだと思っています。


「今」はひたむきな1歩の積み重ねが作る。


まず必要なのは人であり雇用。そこさえ何とかなればその人を活かすのは私の役目。


運とタイミングを掴もうと思ったら動き回ること。私は東京に来た頃からずっとがむしゃらに動いてきた。


最も辛い時期を支えてくれたのはほかでもなく妻、そして家族の存在でした。そこから始まり一般住宅のリフォームや新築・ビル・複合施設の新築や改修、事務所社屋の新築など、だんだん受注件数、受注額が増えてきました。素晴らしい人との出会いもあり、支えられ、そしてお客様からのお褒めの言葉が何よりも力となり今まで我慢することができたと思います。これはもう商売や利益といった枠を超えた、言葉に尽くせない最高の喜びなのです。


いま建設を目指してくれる人は少ない。だからこそ「建設戦隊アンゼンジャー」というキャラクターをつくり、3Kといわれる建設業界のイメージアップを図っています。また地元の小学生を招いて見学会を実施したり、地元の道路・河川・海岸などを清掃するボランティアを実施するなどのCSR活動を通じて、地域のつながりを深め、親しみやすい会社を目指しています。


渡部功治の経歴・略歴

渡部功治、わたなべ・こうじ。日本の経営者。「中央建設」社長。愛媛県出身。中央建設に入社。専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松本謙一

サクラ精機は、たとえば標本用の使い捨てメスなど、医療関連器具や検査装置では世界でトップシェアを持っている製品がいくつかあります。いわゆるニッチ製品ばかりですが、利益率の高い製品です。小さくても収益力のある企業でいられるのは、逆境に耐えてきたからだと信じています。


安田登

人の成長とは、努力に比例して右肩上がりに上がっていくものではない。地道に努力を続けていても一向に上達しなかったことが、あるとき突然に別の次元に入る。それは非直線的な変化として訪れる。いくら練習してもできなかった逆上がりが、ある瞬間を境に「あたりまえにできる」ようになるように、営業マンなら、ある日を境に面白いように契約が取れることがある。0か1の変化は、その日がくる前に放り出してしまえば、0のままです。


盛田昭夫

日本企業は一見営利団体のようではあるが、中身は社会保障団体のような様相を呈している。なるべく評価を減らして、年功によってみんなが平等にというのだが、それは企業にとってみれば大変な悪平等だ。社会保障が企業と一体になっていると、働かなくても働いても同じものがもらえることになりがちである。とすれば、人間は次第に勤労意欲を失って怠惰になっていくだろう。


鈴木喬(経営者)

3分考えても結論の出ないことは、3年考えても結論は出ない。


安原弘展

残業だけでなく、無駄な会議や余分な書類を減らしていくことも重要です。ある社員が言っていたのですが、以前からつくるのが習慣になっていた書類について、本当に必要なのかどうか疑問に思い、試しにつくるのをやめてみたそうです。そのうち指摘されるかと思ったら、誰も気づかないままだった。ということで、その書類はなくなりました。そういう無駄が減れば減るほど、生産性は高まっていきますよね。


陰山英男

本当に英語ができないと困る人というのは、日本には少ないと思います。その一方で、僕みたいな田舎の小学校の教師でも、何かのきっかけで海外での講演を求められることもある。みんなが必要になるというわけではないけれど、絶対に必要ないと言いきれる時代でもなくなってきているわけです。ですから、いつどこかで必要になったときに、本格的に入り込めるように英語の準備をしておくべきだと思います。


中條高徳

攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


オグ・マンディーノ

子供が大きくなったらというのを思い出してください。しかしそれはなんでしょう?大きくなった少年は言います。大人になったらと。大人になると結婚したらと言います。でも、結婚したからってそれがなんだというのでしょう?結婚すると考えが変わり、退職したらといいます。退職の時が来ると、自分の人生をつかみ損ねたことに気付きます。今日のこの日を楽しみなさい。明日は明日楽しめばいいのです。


城山三郎

人は、企業家でも誰でもそうだが、何をやってもいい。しかし卑しいことだけはやめよう。


堀之内九一郎

私は何度も倒産、失業の経験をしていますが、失業保険をもらったことはありません。再スタートを切るなら、早いほうがいい。保険をもらって、雨宿りをしている数か月のうちに雨がやんで晴れることなんてありません。可能な限り早く、歩き始めるのが正解。失業保険は持ち歩ける傘にはなりませんから。


松井忠三

我が社の提案書はA4紙1枚だけとしています。資料を作るのは大変な作業です。会議資料を作るために残業するなどもってのほかです。資料を作ることが仕事だと最初は大半の人が思っていました。それは仕事ではないと理解してもらうのに大変苦労しました。実行することに心血を注いでもらうためにA4紙1枚に制限しました。


平林実

自分の「好き」を突き詰めていれば、つらい時期があっても、問題を打破しようとポジティブになれます。