名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渡邊真也(医師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡邊真也(医師)のプロフィール

渡邊真也、わたなべ・しんや。日本の医師。新宿ストレスクリニック統括院長。三重県出身。大分大学医学部卒業。新宿ストレスクリニック名古屋院院長、新宿ストレスクリニック統括院長などを務めた。

渡邊真也(医師)の名言 一覧

イライラを表に出されると相手は萎縮してしまい、話しかけることすらできなくなってしまいますから、職場でも、プライベートでも、あらゆる場面で損することになります。多少嫌なことがあっても、表に出さない訓練が必要です。


イライラするという感情を消そうとするのではなく、怒りを冷静に捉える努力をしてみましょう。コツは、「ここで腹を立てたらどんなことが起こるか」を想像してシミュレーションすること。たとえば、部下に対してイライラしたとき、ここでガツンといえばスッキリするかもしれないけど、部下はこれから自分をずっと恐れるのではないか。そうすると、チーム全体の雰囲気も悪くなってしまうのではないか……。といった具合です。そのときカッとなっている感情が抑えられますし、続けていれば、イライラを客観的に受け止めることができるようになります。


自分ではイライラしていないと思っても、知らず知らずのうちに表に出てしまい口論になったり、反対に、我慢しすぎてストレスを感じていたり、ということはよくあること。自分の心の状態を把握するのは、案外難しいことです。私のクリニックに相談に来る方でも、「今、自分がイライラしている」ということが自覚できないケースがよくあります。


渡邊真也(医師)の経歴・略歴

渡邊真也、わたなべ・しんや。日本の医師。新宿ストレスクリニック統括院長。三重県出身。大分大学医学部卒業。新宿ストレスクリニック名古屋院院長、新宿ストレスクリニック統括院長などを務めた。

他の記事も読んでみる

岡野喜太郎

事業家は、1度や2度は失敗しないと大きくならない。あなたはまだ失敗が足りないかもしれぬ。失敗をすると、世の中の本当のことがわかる。それで初めて立派な成功ができる。失敗は恥ずかしいことではない。失敗に意気がくじけてしまうことが恥ずかしいことです。あなたはいい経験をされた。これからその経験を活かすことが大切です。
【覚書き|銀行に来た、失敗した若い事業家に対する励ましの言葉】


西成活裕

私が不遇時代に痛感したのは、科学者というのは発見によって社会にロマンを与えると同時に、社会にとって切実な難問を解決する存在にならなければいけないということです。長年の研究成果と言われるものも、たいてい特定の業界の中での閉じた発見ばかりなんです。それでは、外の世界からの評価はもらえない。そして、評価のない研究というのは継続さえできないものです。


鬼頭政人

1日の勉強の最後を、キリの悪いところで終わらせるのも、お勧めの方法です。キリの良いところまでやると、「やり切った」という感じがして、モチベーションが途切れてしまいます。あえて少しやり残し、翌日に持ち越すことで、「やらなければ」という意欲が続くのです。


青木仁志

当社では「セルフカウンセリング」を徹底して実施しています。「私にとって一番大切なものは何か」「私が本当に求めているものは何か」「それを手に入れるために、私は今何をしているのか」「その行動は、本当に効果的か」「もっといい方法はないか」など。要は、みずからの内発的動機を呼び起こし、それに改めて気づくきっかけとなるような自問自答を、毎朝、社員全員で励行し、内的コントロールを深めているのです。しかも、「主語」を変えながら。それが当社の「セルフカウンセリング」のキモでしょう。つまり、「私」を「お客様」「経営者」「上司」などと置き換え、「お客様が本当に求めているものは何か」「経営者にとって本当に大切なものは何か」と、自分自身に問いかけていきます。そうすることで、「私」の自己実現が単なる自己満足に矮小化されないよう、企業の発展と個々人の自己実現を絶えずすり合わせているのです。


桜井博志

メンツにこだわっているのか自分の判断ミスを受け入れたくないのか分かりませんが、「結果が出なくても頑張る」という人が時々いますが、それはおかしいと思います。失敗はやはり負けとしてしっかり認識したうえで、そこから次のことを考えるべきです。


岡ノ谷一夫

コミュニケーションでは場の共有、情報の共有のふたつが共に大切です。どちらかだけでは間違ってしまいます。情報の共有の場合はとかく「情報習慣病」に陥りがちです。メールやネットでつながっていると思い込む「情報習慣病」は、実際には何の情報も行き来していないのに、それだけ仕事をしたつもり、友情を育んだつもりになってしまいます。場の共有では、たとえば相手を殴ったり、抱き締めたりできる。そんな究極的な感情表現もありうるのです。


浜田宏一

大勢の人を率いていこうとすると対立も起きますから、ただアグレッシブにリーダーシップを発揮すればいいわけではありません。そこで外交能力も鍛えられる。


栗原博

新しい取り組みほどやり抜く覚悟が必要。


ロバート・キヨサキ

今こそ、迫りくる経済的大嵐を生き抜くために、あなた自身の「お金の箱舟」を築き始めよう。準備を始めるのに早すぎるということはないのだから。


恵俊彰

もう試行錯誤どころか、僕にとってはMCとかキャスターという言葉自体、荷が重かったです。だから毎回、ゲストにいらした方を家庭教師に見立ててね。疑問をぶつけていくというスタンスでやってみたんですよ。司会進行というよりは、番組を見ていただければわかりますけど、僕、一切台本を見ないでやってますから。立ったまま動いて、瞬時に疑問に思うことをぶつけていくという。


ジェイ・エイブラハム

小手先のテクニックで一時的にお客様を増やすことができたとしても、それだけではすぐにお客様は離れてしまいます。競合よりもずば抜けて高いレベルでお客様に感謝の気持ちを持つこと、彼らが何を必要としているかを理解することが非常に重要なのです。


藤野英人

ヒトを大切にしない会社は存在する意味がない。
環境を大切にしない会社は存在する資格がない。