名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

渡邊洋一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡邊洋一郎のプロフィール

渡邊洋一郎、わたなべ・よういちろう。日本の弁護士、企業再生家。神奈川県出身。中央大学法学部卒業。光和総合法律事務所を設立。また、山陽精機の更生管財人になり、同社の再建に尽力。著書に『社員の知恵が生きる会社づくり 山陽精機再建物語』『弁護士道に向けて』。

渡邊洋一郎の名言 一覧

経営で一番大事なことはハート。自分の我欲ではなく、会社は社員の生涯の生活の場なのだという「公」の意識があるかどうか。


会社の状況が判れば、社員は改善に向けて努力してくれるもの。


会社の細かい情報をきちんと伝え、社員一人ひとりが経営者意識を持てば会社は伸びる。


社員の方々に改善すべき事項があれば、金の問題を気にせずに、積極的に出すようお願いしています。お金の問題は、経営者の問題だから、お金の心配をせずに提案するよう話しています。


社員の知恵が一番重要。私は社員の経営参加の方法として、一つは一定の方向性を確認するときには、全社員に「アンケート」により意見を求めます。もう一つは日常の業務で疑問を感ずることは、その都度、「改善提案」として提出して貰います。


社員のやる気をいかに引き出すか。そのために、私は社員に会社の状況を知って貰うため、情報の「見える化」を図り、透明性ある経営を心掛けました。その結果、社員は会社の実情を知り、私と一緒に頑張ってくれたのです。


生産の効率化とコストダウンを進め、更に世の中のいろいろな最新システムを取り入れて改革をしていけば、安い人件費を求めて海外に工場を移転しなくとも、まだまだ日本の中で世界に対抗できる。


渡邊洋一郎の経歴・略歴

渡邊洋一郎、わたなべ・よういちろう。日本の弁護士、企業再生家。神奈川県出身。中央大学法学部卒業。光和総合法律事務所を設立。また、山陽精機の更生管財人になり、同社の再建に尽力。著書に『社員の知恵が生きる会社づくり 山陽精機再建物語』『弁護士道に向けて』。

他の記事も読んでみる

ロベルト佃

イタリアでもドイツでもスペインでも必ず通訳を入れずに自分で交渉します。通訳を介すと交渉相手の些細な言葉のニュアンスや表情がつかめませんから。


伊藤一郎(経営者)

想像力がない人がリーダーになると、目先の起きたことだけに絆創膏を貼るようなことしかしなくなってしまう。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


日野原重明

老人はリタイアすればいい、という今の考え方では日本は行き詰まってしまう。


川鍋一朗

業界団体として、これからのタクシーが取り組んでいくべき施策を11項目挙げて、実現に向けて動いています。タクシーの相乗りも合法化できるように、同業の何社かで国土交通省と話しています。


原田武夫

米国のとあるスパイ組織の人から聞いた話だが、彼らはターゲットを落とすときに、2つの方法を必ず採るらしい。ひとつは、脅しや恫喝。論理的、感情的に追い詰めていくのだ。組織が恫喝し、論理と感情を使い分けてもターゲットが落ちない場合に採るもうひとつの方法は「お金をあげる」ことだ。


植木義晴

運行部長になった途端、目の回るような忙しさとプレッシャーで、感傷に浸るヒマはありませんでした。どうやったら、二度と会社を潰さないで済むのか、そのことで必死でした。
【覚書き|長年やってきたパイロットを辞めて地上で働くことになったことについて語った言葉】


藤本隆宏

本社の構想力より現場の実力に頼る傾向のある日本の有力企業の場合、むろん今後は本社の戦略構想力、内部統制力の向上にも長期的に頑張っていただきたい。しかし、伝統の力である現場の能力構築なくしては、それらも絵に描いた餅となる。


中山幸市

米兵に日の丸の旗を売ることについては、私は私なりの考え方があった。これが侮辱的に扱われるならともかく、聞けば、兵隊たちはこれを記念品として大切に我が家に飾り、そして武勲談を語るというのである。いわばアメリカ人の愛嬌のある演出効果を狙ったものだ。私はMPの将校とともに、その間の事情を警察署長に理解してもらった。
【覚書き|終戦直後の動乱期、進駐してきた米兵の願いでお土産として日の丸国旗を販売していたとき、警察から「けしからん」と言われたことについて語った言葉】


米倉誠一郎

大事なのは、子どもがもともと持っている興味関心を伸ばしてあげること。1つ何かを追求すると、ほかのこともできるようになるんだよね。大切なものが見えてくるから。


渡辺捷昭

私の教育、とくにOJTがとても大事だと思っています。どんな仕事でも事実を見つめると課題が見つかる。自分に与えられた仕事を通じて、現地現物を実践し、そこから課題を抽出していくのです。


乙武洋匡

日本ではムラ社会的な文化が長く続き、誰もが均質であることを求められてきました。本当は一人ひとりが違いを抱えているのに同じでなければいけないというジレンマが、人々から自信を奪っているように感じます。会社や学校でも、周囲の人たちと行動や考え方が違うことで、ショックを受けたり、窮屈さを感じたりしている人が多い。でも「人はそれぞれ違って当たり前」と思えばラクになります。