名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

渡邉英彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡邉英彦のプロフィール

渡邉英彦、渡辺英彦、わたなべ・ひでひこ。日本のまちおこし専門家。静岡県富士宮市出身。国際基督教大学教養学部語学科卒業後、外資系損害保険会社AFIA勤務を経て、28歳で故郷富士宮に帰る。社団法人富士宮青年会議所理事長、インシュアランスブレイン代表などを務めたのち、富士宮のまちおこしのため「富士宮やきそば学会」を設立。以後、メディアを使った地域ブランド戦略を軸とし、各地でまちおこしを展開している。主な著書に『ヤ・キ・ソ・バ・イ・ブ・ル 面白くて役に立つまちづくり聖書』など。

渡邉英彦の名言 一覧

町おこしのカギはネーミングです。名前を聞いた時に、面白そうだなと興味を持ってもらうことが大切です。


「継続は力なり」で、物事は続けることで上達し、効果が出る。


つくり手の立場ではなく、消費者の立場に立つべきです。食べる人・買う人の気持ちになって、どうやったら興味を持ってもらえるかに集中する。それこそが、私のような人間の役割だと思っています。


ネーミングでオヤジギャグはものすごく大事にしています。だって、キャッチーだし、誰でもわかりやすいですから。富士宮と同じく、やきそばでまちおこしをしているのが秋田の横手市と群馬の太田市なんですが、3つの市が普通に「やきそばの食べ比べイベント」をやったって、地元のメディアが取材するくらいでしょう?でも「三者麺談」と銘打てば、全国にニュースが流れる。おまけに「三国同麺」という協定を市長が調印するとなれば、メディアの反応がまったく違う。言葉ひとつの効果は計り知れないわけです。


まちおこしというと、イベントをやったり、新しい商品をつくったりするのがよくあるパターンです。でも、我々にはそんなことをするお金はありませんでした。だから代わりに、話題をつくったんです。この街には「富士宮やきそば学会」という組織があり、「やきそばG麺」と呼ばれるメンバーが、手弁当で市内のやきそば店の調査活動をしている、と。


もちろん、カップ麺なんて偽物だという批判もあります。でも、私はやきそばを売っているんじゃなくて、地元の名前を売っているんだから、それでいいと思っています。地元の味を守ろうとか、地元の食材にこだわるという視点も大切だとは思いますが、地産池消だけでは広がりは期待できませんから。
【覚書き|ご当地やきそばカップ麺を発売したことについて語った言葉】


コンセプトとパフォーマンスは分けて考えないといけません。両方とも真面目にやろうとするから失敗するのです。
【覚書き|ユニークなネーミングやパフォーマンスでまちおこし展開していることについて語った言葉】


まちおこしには補助金がつくことも多いですが、もらえるお金をあてにすると、その範囲でしか活動を考えなくなります。それに補助金なんて、いつかは減らされたり、なくなったりするものです。そのときにまちおこしの活動自体がなくなってしまっては、意味がありません。


いまは、美味しいというだけで売れる時代ではありません。まちおこしの相談で各地に行くと、「来てみて食べればわかるはず」ってみんな言うけれど、それじゃ駄目なんですよ。だって、「行ってみて食べなきゃわからない」わけですから。まず、「行って食べてみよう」と思ってもらうような話題を提供することが必要なんです。初めにうまいものありきではありません。うまい話ありきです。


仕事柄、国内の移動が多く、電車やホテルなど様々な場所で記入するので、手帳1冊にたくさんの機能を持たせた方が便利なんです。これさえあれば大丈夫という安心感もあります。


ひらめいたことはすぐに文字にし手帳に書き留めます。メモが増えて混在し、どれがどれだか分からなくなるのを避けるために、書き留めた言葉を改めてネーミングやフレーズにまとめて、50音順にファイリングする。手帳でブレーンストーミングしている感じですね。


手書きの文字は、絵画や書と同じです。自分の考えを自分の手、自分の技術、自分のセンスで形作る。私の場合、この作業をしている時に「ひらめき」が生まれる確率が高い。


すべては「ネーミング」です。市のイベントで知り合ったNHKの記者に「富士宮やきそば学会という組織があり、そのG麺が市内のやきそば店を夜な夜な調査して回っているんです」という情報を流した。単に「やきそばを使った町おこし」では面白くない。庶民的な「やきそば」にアカデミックな「学会」を足せば、うさんくさくて「何、それ?」と興味を持ってもらえるかなと。活動についてもはじめに言葉ありき。中身は後からともなうと考えました。結果、NHKのニュースで取り上げられました。


渡邉英彦の経歴・略歴

渡邉英彦、渡辺英彦、わたなべ・ひでひこ。日本のまちおこし専門家。静岡県富士宮市出身。国際基督教大学教養学部語学科卒業後、外資系損害保険会社AFIA勤務を経て、28歳で故郷富士宮に帰る。社団法人富士宮青年会議所理事長、インシュアランスブレイン代表などを務めたのち、富士宮のまちおこしのため「富士宮やきそば学会」を設立。以後、メディアを使った地域ブランド戦略を軸とし、各地でまちおこしを展開している。主な著書に『ヤ・キ・ソ・バ・イ・ブ・ル 面白くて役に立つまちづくり聖書』など。

他の記事も読んでみる

デイヴィッド・エプスタイン

早期に一つの楽器に集中するのではなく、いろいろな楽器をやることで最終的に自分に合った楽器が見つかり、幼い頃から練習していた人を軽く凌駕することはよくあることだ。


大串卓矢

CO2排出権は当時の仕事とは関係ない分野でしたが、これからの時代に必要と感じた。独学して、会社に専門部署をつくることも提案。セミナーを開き、社外の方にも重要性を呼びかけました。それがいまに結びついています。


西田宗千佳

これまでの人脈とは人を介して広がるものでした。知り合いのツテ、取引先からの紹介など、人から人へ連続的に広がっていくものが人脈だと考えられていたと思います。しかし、ソーシャルメディアの登場で、そのつながりは非連続的なものに変わってきています。いまは直接連絡を取らなくても、まったく知らなかった人とつながりを持てるようになっている時代なのです。


大倉忠司

世襲をしないと明言しています。同族企業を否定しているわけではありません。私の場合は最初から全国チェーンをめざしたので、社員全員が喜んで働き、また平等に社長になれる機会のある会社にしようと思ったまでです。スタッフ全員、皆の会社という意識で進んできました。「世襲をしない」と決めたことで、会社は自分のものではなく社会のものだと思えるようになったことは、私自身にとって大きな意味があったと思います。


山極寿一(山極壽一)

私たち大人が、競争をうまく演出してやっていないことにも問題があると思っています。勝ちなさい、勝ちなさいと尻をひっぱたいているだけだから、勝ったことによって一体自分がどうなるのか、周囲の喜びをどう引き付けられるのか自覚できない人が多くなっている。結果、「勝つのが面倒くさい」と考える人が出てきてしまったりしています。


若宮正子

ゲームアプリ「hinadan」リリース後、ありがたいことに高評価を受け、これがきっかけでアップル主催のWWDC2017というイベントへ招待いただき、CEOのティム・クック氏とお会いすることができました。今は、もう少しプログラミングをちゃんと勉強して、さらに良いゲームアプリを開発したいと考えています。


似鳥昭雄

当社は、一般的な上場企業の4~5倍の教育費をかけています。ただ、教育も投資だから、当然回収しないといけません。社員には投資額の2倍以上の成果を出してもらいます。


海老根智仁

時間がないという人は、自分一人の時間を無駄に使っていないかどうか、一度確認してみてください。ネットサーフィンで時間を浪費していた、なんてことが結構あるはずです。


小倉広

社会心理学では、ものごとの考え方や枠組みを変えるきっかけはコミュニケーションしかないと言われています。文字を読むのもひとつのコミュニケーションですが、やはり対面のコミュニケーションが一番有効です。


北尾吉孝

私が今「社長の仕事は何ですか」と問われれば、大きく言って一言で「大志を抱く」ということだと答えましょう。社長の仕事とは、その大志の下に志念を共有する多くの人物を集め、その志に向かって唯ひたすらに進んで行くことであります。


吉川稲美(吉川稻)

先輩女性経営者の厳しそかった後姿から、引き際の潔さ良さ、執着心を引きずらない事の大切さ等も学ばせていただいたからこそ、今が社長交代のチャンスと決断できた。


森永卓郎

ヒット商品は、「こんなモノあったらいいな」という素人感覚から生まれるもの。