名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渡辺滉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡辺滉のプロフィール

渡辺滉、わたなべ・ひろし。日本の銀行家。三和銀行頭取。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、三和銀行に入行。丸善石油・岩井産業への出向、三和銀行営業本部第二部長、融資部長、営業本部長、専務取締役、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、大阪銀行協会会長、全国銀行協会連合会副会長、関西経済連合会副会長、経済同友会副代表幹事、日本少年野球連盟初代名誉会長などを務めた。

渡辺滉の名言 一覧

一芸に秀でた人材を活用したい。多少の欠点はあっても特定分野で有能な人間を引き上げたい。埋もれた人材は大勢いるはずです。


渡辺滉の経歴・略歴

渡辺滉、わたなべ・ひろし。日本の銀行家。三和銀行頭取。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、三和銀行に入行。丸善石油・岩井産業への出向、三和銀行営業本部第二部長、融資部長、営業本部長、専務取締役、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、大阪銀行協会会長、全国銀行協会連合会副会長、関西経済連合会副会長、経済同友会副代表幹事、日本少年野球連盟初代名誉会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

「とりあえず、話題のビジネス書を買った」「今朝は勉強会に参加した」など、投資した「お金」や「時間」に満足して終わっている人があまりにも多いようにも思います。誰もが読んでいるビジネス書に目を通し、同業者が集まるセミナーに出席したところで、本当に自分のスキルアップにつながっているでしょうか。大事なのは、その自己投資が自分にとって本当に必要な投資(お金)かどうかということ。この部分が抜け落ちている人が多いように思います。


森正文(経営者)

大企業は、またリーマンショックのようなことが起こるかもしれないと得体の知れない「何か」を恐れている。業績が伸びている時も給与は抑えられ、逆に業績が落ち込んだ時には歯を食いしばれと言われても、社員の間に閉塞感が広がるだけだ。社員のパフォーマンスが落ちれば業績も伸びず、結果的に株主も満足できない。


野木森雅郁

もめごとはその場で解決し、後々まで引きずらないことが重要。


鈴木敏文

コンビニ参入も銀行設立も、セブンプレミアムの開発も、みんな無理だと言った。オムニチャネルだって今、みんなが否定している。だけど、それを可能なんだ、突破するんだ、自分はやるんだと、そう思わないでどうするの。


城谷直彦

周りの環境を気にし過ぎて、いつも平均点のサラリーマンは伸びない。むしろ自分が一番だと思って自信を持って仕事に取り組む。そこで一度ガツンと鼻をへし折られて、そこで反省し、気付いた人は伸びる。


高橋フミアキ

実際に実験したことがありますが、いくら素晴らしいタイトル・内容でも、多くの人に同じメールを一斉送信するより、一人ひとりに合わせて少しずつ変えた文面にして少数の人に送る方が、反応は圧倒的に大きい。


白石達

海外で仕事をする場合、スキルやテクニックよりは、向き不向きといった適性の問題の方が大きいでしょう。あえていえば、海外ではいい加減な人間の方が上手くいくように思います。大きなところが合っていれば、小さなことはこだわらないタイプです。この場合のいい加減には2つの意味があって、大きな視点で良い加減の着地点さえ見逃さなければ、細々としたところは適度な加減でいいと割り切れる。反対に杓子定規に進まないと気が済まない几帳面なタイプは海外には向かないかもしれません。


肥後克広

正直、ダチョウ倶楽部には「これ」という方向性はないんです。結成して1年目、2年目はテレビの仕事もなく、ショーパブ芸人だったんですけど。1日3回ステージでね。当時、やっていたネタとか、ノリが見事にね、今と変わらない。ホント、何も変わっていないなぁ。熱々おでんはやってないけど、リアクションはやっていたし。言えることは、あの頃から目先の笑いばっかりなんだな。


永瀬昭幸

公教育はいま、国際社会に伍してやっていける人材を輩出する体制になっていません。世界で活躍できる人材を輩出する国家をつくるには、民間がやるしかない。これは、ものすごいチャンスです。まだ埋めなくてはいけない部分がたくさんあります。


樋口武男

「学歴はいらないが、学力は絶対に必要だ」。私はこの言葉を社員たちに言い続けてきました。


藤原和博

実社会で必要なのは、困ったときに、他の人や組織の外の人に助けを求めて、一緒に解決してくれる人を味方につけ、正解のない解を導く能力。


村岡恵理

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり。そして、人生の計について深く思索するには、今の季節がやはり適していると思います。凛とした静かな冬の夜空をひとり眺めていると、またたく星が何かを告げてくれそうな、そんな気さえしてきます。