名言DB

9419 人 / 110788 名言

渡辺文夫の名言

twitter Facebook はてブ

渡辺文夫のプロフィール

渡辺文夫、わたなべ・ふみお。日本の経営者。東京海上火災社長。東京大学経済学部卒業後、東京海上火災に入社。太平洋戦争中に徴兵で巡洋艦に勤務。戦後は除隊し、東京海上火災に復帰し、社長・会長を務める。その後、日本航空会長に就任し民営化にあたる。

渡辺文夫の名言 一覧

社長業は全力投球すれば体力、気力から6年くらいがちょうど良いところではなかろうか。自分の方針を社内に徹底して実現することも、6年あれば十分であろう。


うちには成績優秀な学生が入社してくると言っても、学者の集団じゃあるまいし、そういうの支店長にもなれません。会社は企画部長みたいのばかり揃えてもしょうがない。小さい時から上ばかり見て、試験に通りさえすればいいと思っている人は、会社に入って目標がなくなると勉強しなくなる。これじゃ人生わびしい。


渡辺文夫の経歴・略歴

渡辺文夫、わたなべ・ふみお。日本の経営者。東京海上火災社長。東京大学経済学部卒業後、東京海上火災に入社。太平洋戦争中に徴兵で巡洋艦に勤務。戦後は除隊し、東京海上火災に復帰し、社長・会長を務める。その後、日本航空会長に就任し民営化にあたる。

他の記事も読んでみる

宋文洲

この会社を大きくするのは私の仕事ではありません。それはいまの経営陣の仕事です。誰でも正しいと思ったことを発言して、公正な議論で意思決定がされる企業文化をつくりたい。それがいまの日本企業に最も必要とされている内部統制だと思います。


御手洗冨士夫

社長になってから、ずっと考えてきたのは人材の育成です。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の役員養成システムを見習おうと、ジャック・ウェルチ(会長)に手紙を書き、研修させてもらいました。こうしてできたのがキヤノン経営塾です。そこで猛訓練を受けた人材が、役員や執行役員として活躍し始めました。これからキヤノンの経営は変わりますよ。


西川八一行(西川康行)

自分の「熱意」や「信念」を伝えるだけでは、人は動いてくれません。私の場合、東京西川に代々伝わる考え方を基に説得しました。当社の成り立ちは、もともと「行商」。行商はお客様が欲しい物を、お客様のところまで運んで届けるのが基本です。だから、いま一度「原点」に戻って消費者目線で商品を作ってみませんか、と。


大西洋

私は、将来、百貨店がなくなることは決してないと思っています。現在の百貨店にお客様が満足していないのであれば、それは我々が、時代やお客様の変化に対応できていなかったためでしょう。あるべき姿を見つめ直し、お客様に支持される形に生まれ変われば、百貨店はこの先も必ず残っていくはずです。


坂本孝

世の中のトレンドはどうなっているのか、どこが狙い目なのか。ビジネスチャンスを察知するアンテナを張るべき場所は、やはり人と情報が集まる東京でしょう。自分は時代の流れと同じスピードで走っているのか。あるいは時代の少し先を見据えることができているのか。変化する時代を先取りし、誰も気づいていないスキマにビジネスチャンスを見つけるには、時代の半歩先を走る必要があります。このとき、東京から離れて地方に拠点を置いていることが、ハンディになることがあります。地方での緩やかな時間の流れに慣れてしまうと、東京でのスピードについていけなくなってしまうのです。


小林豊(小林製薬)

不具合が生じた際、黙って当社製品を買わなくなるお客様がいる一方、電話をくれるお客様にはほんの少しファン心理が残っています。ブルーレットへの苦情の場合、最初は自宅のトイレに入るのを嫌がられましたが、そのうち「そこまで熱心な会社はない」と言われるようになりました。こうしたひとつひとつが社員の自信につながっていきました。


槍田松瑩

私たちの時代も、新入社員として仕えた上司の仕事を通して、お辞儀の仕方から始まって、人との接し方、仕事への姿勢などすべてを真似していくことから始めました。自分たちがどれだけ若い人たちに影響を与えるかを自覚することは、自らを律することにつながるはずです。


渡部恒三

角さん(田中角栄)の派閥から竹下さん(竹下登)とともに「創政会」という新しい派閥をつくって独立しようとしたときがあります。そのときは小沢一郎さんとか小渕恵三さんもいたけど、田中先生のところに「創政会つくって、参加します」って直接言いにいったのは私一人。ほかの幹部は誰も行かない。それでも「私は竹下さんの縁でオヤジさんと知り合うことになりました。だからお許しください」と。そりゃ、怒鳴られました。しかし、筋は通しました。そのおかげで、その後も田中邸で昼からオールド・パーのご相伴に与ったりもするぐらいの関係を続けることができました。


宮本茂

物量を増やすなら、他人以上のことは簡単にできる。ハリウッド映画のように(ある作品が)50億円使ったら、次は100億円、次は200億円と。でも、それでは面白くはならないんです。量を増やすだけでは、密度は上がっていかない


鈴木貴博(コンサルタント)

成功したIT企業の経営者がプログラマーではないのと同じで、これから先の近未来で、このような仕事で成功するビジネスパーソンの大半は人工知能の開発者ではないだろう。そうではなく、エンジニアが開発する人工知能製品を誰よりも早く試し、構造を理解し、適応領域や機能的な限界を理解し、それをビジネスに適用できるビジネスパーソンが、これからの十年間で最も必要とされる人材である。