名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渡辺崋山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡辺崋山のプロフィール

渡辺崋山、わたなべ・かざん。日本の武士、画家。江戸の麹町で三河国田原藩(のちの愛知県田原市)藩士の子として生まれる。幼少期は極貧生活を送る。家計を助けるため自らの絵を売り始める。その後、谷文晁に入門し、画家としての才能を開花させる。20代半ばには画家として名を成し、生活は安定した。また昌平坂学問所に通い、学問でも頭角を現した。藩士としては田原藩年寄役末席(家老職)となり藩政改革に携わり様々な改革を行った。天保の大飢饉時には、備蓄と対策マニュアル作成により貧しい藩内で餓死者を出さなかったことから全国で唯一幕府から表彰を受けた。また蘭学も学び、蘭学者たちのリーダー的な存在となった。蛮社の獄であらぬ罪を被らされ切腹してこの世を去った。

渡辺崋山の名言 一覧

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。


渡辺崋山の経歴・略歴

渡辺崋山、わたなべ・かざん。日本の武士、画家。江戸の麹町で三河国田原藩(のちの愛知県田原市)藩士の子として生まれる。幼少期は極貧生活を送る。家計を助けるため自らの絵を売り始める。その後、谷文晁に入門し、画家としての才能を開花させる。20代半ばには画家として名を成し、生活は安定した。また昌平坂学問所に通い、学問でも頭角を現した。藩士としては田原藩年寄役末席(家老職)となり藩政改革に携わり様々な改革を行った。天保の大飢饉時には、備蓄と対策マニュアル作成により貧しい藩内で餓死者を出さなかったことから全国で唯一幕府から表彰を受けた。また蘭学も学び、蘭学者たちのリーダー的な存在となった。蛮社の獄であらぬ罪を被らされ切腹してこの世を去った。

他の記事も読んでみる

小林陽太郎

経営にTQC(全社的品質管理)を入れるということは、事業の現場で起こっている事実を正しく正しく認識し、優先順位を明確にしたうえで必要な対策を講じていくことにほかなりません。科学的、合理的な考え方に基づいて、経営を効率化するということです。


宮内謙

思ったことを言えない組織は一番良くありません。私は、意見があれば、若くても言いたいことが言えるような風通しの良い企業文化を作っています。


上阪徹

いきなり「あなたにとって仕事とは」と聞いたら話しにくいに決まっていますよね。相手が話しやすいこと、たとえば、相手の得意分野のことなどから話してもらうようにしています。経営者の場合は、経営の数字の話から聞くことが多いですね。まずファクトを聞いて、徐々に考えを聞いていくというのがコツです。


中村末広

技術者の情熱さえあれば、小さな夢が100倍の力を持って世の中を変えるようになる。井深大さんが残してくれた財産はたくさんありますが、一番大きなものは夢を形に変える情熱の力ではないでしょうか?


堀洋一

多くの人が注目する場で優れた技術をアピールすることは重要だと思います。それによって、画期的な応用のアイデアが大学などから生まれるかもしれないからです。


福井康夫

支社や関連会社への出張時にも、ランニング用具一式を持参して走っています。荷物が多くなってしまうのが難点ですが、川べりや城の周辺など、各地の気に入った場所を走るのも楽しいですね。


吉田仁志

いまやっていることが、目標に対してどう貢献するかを常に考えるということが必要です。たとえばMBAの入学願書一つをとっても、用意された質問に答えるだけでは、10数倍の競争を勝ち抜くことはできません。まず自分のアピールポイントを考え、質問への回答はそれを表現する手段として考えるべきなのです。


坂本孝

家業は精麦から畜産の配合飼料へ事業転換し、全農の下請けとして再スタートすることで窮地を脱しました。ところが経営が安定してくると、農協関係者の介入が増え、私たちの決定権が奪われていったのです。私は元来、自分の思うとおりにやらないと気が済まない性格です。会社の官僚化が進むことにいら立ちを感じ、私はついに独立して自分の道を進む決心をしました。


藤田晋

IT業界で勝ち残るための条件は、サービスやアプリなどでトップになること。1位とそれ以下では雲泥の差がある。圧倒的なナンバーワンを目指すことが重要。


原田保

社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


松沢幸一

成果が出ないからといって、状況変化に合わせてガラリと目標を変えるのではなく、変化への対応力を磨くことが重要です。変化への対応力は、周囲とのコミュニケーションを重ねて、自分の価値観や理念をその都度確認しながら、自分はこうだと思う方向で努力を重ねていくことで身につきます。


坂根正弘

最終的には、お客さんの仕事を「見える化」してあげて、一緒になって生産性を高めます。そこまでやらないと、ダントツにはならないと思います。