名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

渡辺崋山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渡辺崋山のプロフィール

渡辺崋山、わたなべ・かざん。日本の武士、画家。江戸の麹町で三河国田原藩(のちの愛知県田原市)藩士の子として生まれる。幼少期は極貧生活を送る。家計を助けるため自らの絵を売り始める。その後、谷文晁に入門し、画家としての才能を開花させる。20代半ばには画家として名を成し、生活は安定した。また昌平坂学問所に通い、学問でも頭角を現した。藩士としては田原藩年寄役末席(家老職)となり藩政改革に携わり様々な改革を行った。天保の大飢饉時には、備蓄と対策マニュアル作成により貧しい藩内で餓死者を出さなかったことから全国で唯一幕府から表彰を受けた。また蘭学も学び、蘭学者たちのリーダー的な存在となった。蛮社の獄であらぬ罪を被らされ切腹してこの世を去った。

渡辺崋山の名言 一覧

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。


渡辺崋山の経歴・略歴

渡辺崋山、わたなべ・かざん。日本の武士、画家。江戸の麹町で三河国田原藩(のちの愛知県田原市)藩士の子として生まれる。幼少期は極貧生活を送る。家計を助けるため自らの絵を売り始める。その後、谷文晁に入門し、画家としての才能を開花させる。20代半ばには画家として名を成し、生活は安定した。また昌平坂学問所に通い、学問でも頭角を現した。藩士としては田原藩年寄役末席(家老職)となり藩政改革に携わり様々な改革を行った。天保の大飢饉時には、備蓄と対策マニュアル作成により貧しい藩内で餓死者を出さなかったことから全国で唯一幕府から表彰を受けた。また蘭学も学び、蘭学者たちのリーダー的な存在となった。蛮社の獄であらぬ罪を被らされ切腹してこの世を去った。

他の記事も読んでみる

立花宗茂

戦は兵数の多少によるものではない。一和にまとまった兵でなくては、どれほど大人数でも勝利は得られないものだ。


松岡修造

日記の大きな効用は、自分と向き合う時間を毎日持てる点です。日記をつける前の僕は、夜になると仲間と騒いでいるか、すぐに寝てしまうかで、自分を見つめるようなことは何もしていませんでした。日記をつけ始めてからは、その日の自分の言動を振り返ることが、良い刺激になりました。


松村誠一(経営者)

上司もいない一人きりの海外赴任で現地市場の可能性ばかり考える日々を通じて「将来ビジョンはどのようにビジネスを展開すればいいだろう?」と自分でも考えるようになりました。ちょっと大げさに言えば大局観みたいなものが身についたとでも言えばいいでしょうか。


中川路亜紀

提案したいのが、メールの文末の表現を工夫したり、気の利いた一文を添える方法です。たとえば、語尾の「お送りください」を「お送りくださいますようお願いいたします」と変えるだけで、相手が感じるプレッシャーは和らぎます。また、頼みごとをするなら、「お忙しいところ恐縮ですが」「お手数をおかけしますが」などと添えるだけで印象は大きく変わります。


関本文博

やる気が出ないときは、「やりたくない理由」を自分自身で理解することが大切。そうしない限りは「この状態を抜け出そう」という気持ちだけが空回りしてしまうからです。誰しもやる気を持っていますが、同時に「やりたくない」という気持ちもあり、2つの思いの間にせめぎ合いが生じます。


佐藤誠治(経営者)

リバースモーゲージについては、他の金融機関との提携も進めていきます。我々はこの商品のパイオニアとして、積み重ねてきた実績やノウハウがあります。他行向けにノウハウ提供や保証業務を手掛けて、当行の手薄なエリアを深耕します。これは業界で初めての取り組みです。排他的な発想を捨て、リバースモーゲージの伝道師としてビジネスパートナーを増やしていく考えです。


ビル・ゲイツ

テクノロジーが進歩しただけでは、社会の変化は起こらない。少なくとも変化を受け入れる人たちが何人かいなければ、何も起こらない。


高橋吉雄(経営者)

人間の真価は事故を起こした時にどうリカバーし、被害を最小限に抑えるかで決まる。


松井忠三

要は段取り。最初から6時までに仕事を終えようと思えばできるのです。最初から、これは無理だ、残業するしかないなと思ってしまうと、夜の10時、11時までかかってしまう。だったら7時に終わりと全社的に決めてしまえば、7時に終わるように段取りをするのです。


鳥原隆志

謝るときは、常に「あなた」が主語である「YOU(ユー)メッセージ」であることが大事。


越智直正

製品を買っていただけるのは大事なお客様あってのこと。今は金儲けのために、品質を落として廉価で大量販売すればいいという考えを持った人々が多過ぎる。日本の商売の根底でもある高品質商品を適正価格で販売するという「大和魂」を忘れてしまっている気がする。


広津崇亮

最終的には大学を作って、若い研究者たちを育てたいと思っています。前例どおりのことをやっているだけじゃ変わらないけれど、変えようと思えば変われるんだということを私が示していけたらいいなと思っているんです。