名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渋谷陽一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渋谷陽一のプロフィール

渋谷陽一、しぶや・よういち。日本の音楽評論家、雑誌編集者。ロック雑誌『ロッキング・オン』の創設者。東京出身。高校在学中から音楽雑誌などに評論を寄稿。18歳でグランド・ファンク・レイルロードのレコード評で音楽評論家のキャリアをスタートさせる。明治学院大学在学中に仲間たちとともにロック雑誌『ロッキング・オン』を創刊。その後法人化し株式会社ロッキング・オンの社長となる。雑誌での評論活動・出版社経営だけでなく、ラジオのDJ、インタビュアーなどとしても活躍した。

渋谷陽一の名言 一覧

パンクの初期の時代にワイヤーというバンドが「楽器はバンドをつくってから覚えればいい」という名言を残していますが、僕の場合は「編集は雑誌をつくってから覚えればいい」でした。
【覚書き|ゼロから雑誌を創刊したときを振り返っての発言】


僕の仕事というのは、雑誌にしても何にしても、いつも客目線で受け手やファンとしての発想を大事にしているから、仕事として成立しているんじゃないのかな。


プロって、その業界の常識の枠にとらわれて、前のままで予定調和の仕事をしてしまうという危険性があるんですよ。


僕は編集者の中では採算を重視する方だし赤字は敗北だとは思っているけど、残念ながら儲けようという意識はそんなに強くはないんです。それで、少数精鋭主義にとどまってしまうけれど、経営に特化しすぎても自分が壊れてしまうだろうなと思うんです。


取材をして雑誌をつくって本屋に行くと、自分たちの手掛けたものを一生懸命に読んでくれている人がいた……どうかな、うわ、買ってくれたぞ。「まあ、俺がつくったなんてことは知るはずもないけどな」編集の仕事にはそういう黒子(くろこ)としてのエクスタシーがありますよね。


ファン目線で王道の評論を書いているつもりなのに、どうも編集部から認めてもらえないんです。次第に音楽業界の中では仕事が成立しなくなるんだけど、図々しいから自分に反省を求めないんですね。ダメなやつの典型例で「周囲が駄目なんだ」と思っちゃった。それで、自分の正しさを証明しよう、業界の目線ではなくてファンの目線で雑誌をつくれば、既存のものより指示されるに違いない、と自分で創刊することにしたんです。
【覚書き|雑誌『ロッキング・オン』を創刊したときを振り返っての発言】


既存のものに素晴らしいロックフェスはあったんだけど、僕は「客のプロ」ですから、イベンターよりもイベントに足を運んでいて、客目線のあるべきロックフェスというものが見えていたんです。プロのイベンターに「……渋谷さん、そんなこと言ったって、どのイベントもこうじゃないですか」と言われても説得されません。たとえば自分でフェスに出かけたときの待ち時間にはすごいストレスを感じていましたからね、入場に2時間もかけるなんて嫌だったんです。その結果、入場ゲートは8個もあれば十分ですと言われたところをつい37個もつくりまして、5分で入場を完了させました。トイレも100個で十分と言われましたが、イベンターの人には「あなたは関係者用のトイレしか使ったことがないんでしょう?俺はトイレに並んでイライラしてたんだ。おまけに年寄りだからトイレも近いんだ!」と押し切って300個設置することにしたんです。
【覚書き|ロックフェスティバル「ロック・イン・ジャパン」の主催を始めた当初を振り返っての発言】


取材依頼も正攻法でやっています。大物でブッキングが大変だから、とヘンに策を練ることもなく、きっちり正面から門を叩いて、それで開けてくれるところに話を聞きに行くだけです。もちろん叩いても開かない扉はありますけど、僕は「この門は開くはずがない」と思いながら門を叩くようなことはしません。


インタビューの方針は、まあ非常に普通ですよ。才能があると思った人の表現について、単純に聞きたいことを聞いていくだけです。僕の方法として、相手の表現を鑑賞したうえで自分なりの仮説やストーリーを考えて「あなたの表現をこう捉えています」と気をつかいすぎずにぶつかるという対決型のインタビューにする場合も多いですけどね。そうすることで、相手のいい言葉を引きだしていくんです。


新しい雑誌をつくるときには、エディトリアルデザイン(新聞や雑誌などの出版物の紙面構成・デザイン)に新しいデザインがなければダメだと考えています。新しい企画やメッセージがあるのなら、必然的にビジュアルにおいても新しいメッセージを持つべきなんです。


なまじプロに教えてもらおうと思って、デザインもレイアウトも知り合いのプロにやってもらったのがよくなかったんです。その結果、アマチュアの勢いはなくなり、そこにプロが流れ作業でやった仕事が混ざった稚拙な紙面になって、プロに任せてもろくなことはないな、と痛感したんです。だから、第二号はすべて自分たちでやることにしました。無茶苦茶ですけど、アマチュアリズムの塊のようなものすごく勢いのある雑誌ができて、それは非常に売れたんです。
【覚書き|雑誌『ロッキング・オン』創刊号が大失敗したときを振り返っての発言】


渋谷陽一の経歴・略歴

渋谷陽一、しぶや・よういち。日本の音楽評論家、雑誌編集者。ロック雑誌『ロッキング・オン』の創設者。東京出身。高校在学中から音楽雑誌などに評論を寄稿。18歳でグランド・ファンク・レイルロードのレコード評で音楽評論家のキャリアをスタートさせる。明治学院大学在学中に仲間たちとともにロック雑誌『ロッキング・オン』を創刊。その後法人化し株式会社ロッキング・オンの社長となる。雑誌での評論活動・出版社経営だけでなく、ラジオのDJ、インタビュアーなどとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

千本倖生

大きな波の到来をどうすれば予測することができるのか。それは世界を見ることです。私は今でも月の半分は海外に行っています。ビジネスを始めるには情熱が必要です。実際に現地に行って自分の目で見て自分の心が動かされないかぎり、人の心も動かせないのです。


堀之内九一郎

私は、お金を生まないものにお金をかけるのが嫌なんです。だから机や椅子など会社の設備は全部売り物。すべて値札がついていますよ(笑)。


匠英一

コカ・コーラのように息の長い商品になると、顧客がその商品に持つイメージは一つの信念になる。そこを無視して味だけ変えようとしたのが失敗の原因です。
【覚え書き|コカ・コーラが1980年代に味を一新し、顧客から猛反発を受けたことについて】


宋文洲

延々と続く営業会議で、自分の風邪や顧客の出産を報告したところで、それが成果を生むわけではありません。営業部門に限っていえば、会議は週一回一時間あれば十分です。最初から終了時間を決め、各自が話す時間を指定して、時間内で話を終えるように促せばそれで済んでしまうものです。


松本晃(経営者)

結論から考えることが大事。結果から考えて、それを実現させるにはどうしたらいいかを、帰納的に考える。


柳井正

やはり相手を見ないといけない。経営者を見て、工場長を見て、本当にいいモノを一緒につくりたいという人と思ったら、2回、3回失敗しても、同じ相手と付き合っていくようでないと。当初から、上手く行くわけないですよ。


スティーブン・コヴィー

成長という自然のプロセスにおいて近道をしようとすればどうするだろうか。たとえば、テニスの初心者であるにも関わらず、人に格好良く見せるために上級者のように振舞ったらどうなるだろうか。答えは明白である。こうした成長のプロセスを無視したり、近道したりすることは絶対に不可能なのだ。近道を探すことは結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

いまは世界経済が非常に不安定な時期ですが、GEは4つの柱で経営をしています。

  1. 事業を十分理解したうえでリーダーシップを発揮すること。
  2. 財務規律を保つこと。
  3. 長期的な内部成長を促す基盤づくりに努め、GDP成長率の2から3倍の成長を続けることを目指すこと。
  4. 人材育成。年間10億ドルの投資で人材を育成しています。

新井直之(執事)

怪しい儲け話をもちかけられても、多くの人は、すぐ断るはず。しかし大富豪はすぐに断らず、話を聞きます。怪しい儲け話は時に本物がある。それを見つけるセンスを磨くために、話だけは聞いて判断するのです。


樺沢紫苑

徹夜は非効率的。翌日の集中力を大きく下げるので、百害あって一利なし。絶対にすべきではありません。


高橋吉雄(経営者)

人間の真価は事故を起こした時にどうリカバーし、被害を最小限に抑えるかで決まる。


坂根正弘

日本が陥りやすい欠点は「技術を持っているから何でもできる」と自前主義になってしまうことです。当社は自前の部分は主にハードのモノづくり技術に限定していて、ICT(情報通信技術)の部分は日本だけではなく米国、ロシアなどから様々な最先端技術を結集しています。