名言DB

9412 人 / 110637 名言

渋谷和宏の名言

twitter Facebook はてブ

渋谷和宏のプロフィール

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

渋谷和宏の名言 一覧

仕事を通して社会とつながること、人から必要とされ、感謝の言葉をいただくこと、これは人の実存にもかかわる喜び。


東日本大震災の発生から3か月が過ぎ、被災地の外にいる私たちにできることは何なのかを、ますます強く考えるようになりました。そのひとつの答えは、消費を通じての貢献ではないでしょうか。モノやサービスの消費に対してアクティブになり、経済を活性化させることは、いまとても重要だと思うのです。消費を楽しむのは悪だ、自粛すべきだという思考には、それがどういった結果を招くのかについての想像力が欠けていると言わざるを得ません。ただ、幸いなことに、5月の大型連休を境に、消費は盛り返しています。


渋谷和宏の経歴・略歴

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

他の記事も読んでみる

秋山進

仕事の権限は狡猾に、時間をかけて奪い取るものなのです。大切なのはくれぐれも急がないことです。


山田昭男

生来のアマノジャク気質もあって、いつも人と違うことで驚かそうという山っ気がやる気の源だろうね。クールビズなんて私は十数年前からやっている。実用新案で認めて欲しいくらいだ。


寺田和正

うちの会社は女性の社員が多く、彼女たちが働き続けられる環境をどう整えていくのかというのは、これからの大きな課題のひとつです。子供の生活時間に合わせて働ける環境は、ぜひつくらないといけないと感じてます。


桑原祐

マッキンゼーでもロジカルシンキングのトレーニングを何カ月もやるわけではありません。入社当初にちょっと研修をしたら、あとはOJTです。もちろん最初から上手くはいきません。同僚の思考プロセスを見様見真似で学び、できていない部分を指摘されながら、徐々にロジカルシンキングを磨いてきました。感覚としては、千本ノックのようなものですね。ある程度は、時間をかけて練習するしかないものなのです。


山田一雄

コンサートが成功するかどうかは最初の練習で決まります。たとえ初顔合わせであっても指揮者が式台に上がった瞬間に楽団員はその個性を敏感に見分けるものです。指揮者に求められるのはまず第一に人間的な信頼を基にしたオーケストラ掌握力、つまり人格なのです。


つんく♂

ゴールまでの道のりが42.195kmで、「20年後にそこにたどり着きたい」という仮想ゴールを設定する。そして、「20km地点までにはこれをやっておく」「10kmまでには」というように、逆算で目標を決めていく。そうやって逆算していくと、「100m先に進むために、何をしなければいけないのか」が見えてきます。すると、いまやるべき仕事が、つまらないどころか、いかに大事な仕事かがわかるはずです。


鎌田浩毅

最近自身の成長に行き詰まってきているとか、今の会社に限界を感じてしまったり、課長や部長職は得たけれどこの先の昇進は見込めないと感じたりしているのであれば、ぱっと次へ移るべき。


北大路欣也

知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


内藤晴夫

エーザイでは、分野ごとに13のユニットをつくりました。各ユニットの長は30代中盤から60近い人までいて、日本人は6人ですね。ベンチャー企業のように運営しています。ただ、このやり方の問題点は、組織が大きくなると威力が薄れることです。ユニットを率いるリーダーの数も十数人が多分限界だと思います。それ以上はだんだん質が低下します。たとえば大企業でそういうユニット編成が100ユニットあれば100人必要ですが、そんなにタレント(有能な人)がいるわけがない。それが、大企業が衰退する原因です。


野本弘文

鉄道を敷いているだけで、回りが何もないと、鉄道も収益は出ない。鉄道をやることで人が集まるようにし、人が集まればそこに商業ができる。商業が集まればますます人が集まる。


神田昌典

感情を刺激して、相手の反応を誘発させる。そうすれば、お客さんからあなたに声がかかる。あなたを見つけることができるようになる。すると飛躍的に営業効率がアップします。


安岡正篤

最高の教育を受けた人間も、その後の自己陶冶(とうや)を欠いては、立派な人間にはなり得ない。ごく劣悪な教育も、自己陶冶によっては、なお改善され得るものである。いかにも人間は陶冶次第です。「陶」とは焼き物をつくる、「冶」とは冶金の冶で、金属を精錬することであります。土を練り、焼いて、陶器をつくる。鉄を鍛えて鉄器をつくるようなもので、人間もやはり、焼きを入れ、鍛えるということをやらなければ、ものになりません。いくつになってもそうであります。


西村晃(経済評論家)

仕事が速くなるために、何から手をつけたらいいかわならないというなら、一度、自分の1日の動きを追ってみることです。歯磨きに何分、着替えに何分というように、朝起きてから夜寝るまでの、時間の明細表をつくるのです。明細表をつくれば、現在の自分が24時間をどのように使っているかがはっきりするし、1分や5分という単位で何ができるかということも発見できます。


永守重信

私の机の上には保留の箱がありません。一応未決の箱はありますが、稟議書が来たらすぐに決済するから、いつも空っぽです。毎日、膨大な量の決裁をしていますが、積み残しは一切ありません。既決の箱があれば十分に事足ります。


高野登

若いビジネスパーソンには「日本人らしさ」を大事にしてほしい。中村天風、森信三、安岡正篤といった日本の近現代を支えた思想家のことも知ってほしい。彼らは、スマートにスーツを着こなしたわけでもないし、英語が人一倍堪能でもなかったようですが、不思議なオーラを発していた。そういう日本人こそ、海外で一番高く評価されるのです。