名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

渋谷和宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

渋谷和宏のプロフィール

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

渋谷和宏の名言 一覧

第一線で活躍するプロの文章は、構造だけでなく、言葉使いや一文の長さなど、わかりやすく伝えるための様々な工夫が凝らされています。型を前提に、どう文章を崩しているかも参考になります。様々な文章から書き方のヒントを探してみて下さい。


「書き手は読み手にどう伝えようとしているのか」を意識して読めば、文章を書くときに「読み手にどう伝わるのか」という視点も高めることができる。


仕事を通して社会とつながること、人から必要とされ、感謝の言葉をいただくこと、これは人の実存にもかかわる喜び。


文章上達の第一歩は、リーダーとしての文(牽引役)とフォロワーとしての文(付き従う文)に注目して読むこと。常に小段落の文頭を意識してください。まずは、これだけです。慣れてくれば、文章を書くときもその基本ルールを守ろうとしている自分に気づくはずです。


文の仕組みを分析して読む習慣が身につけば、自ずと良い文章の構造を意識して書けるようになります。文章は書かなければ上達しないという意見もありますが、闇雲に書いても上達しません。俯瞰的に読みこなす力があってこそ、良い文章が書けるようになるのです。


文のリズム感を意識して、様々な文章を音読してみるのもお勧めです。適切に改行されている文章は、読みながら意味が頭の中にすっと入ってくる感覚があるはずです。そうした、「良い文章」に出合ったら、多くを読みこなすよりも、その良い文章を「お手本」として徹底的に読み込むほうが良いでしょう。繰り返し読むことで、文のリズム感や構造が血肉になりやすいからです。


読みやすい文章は、冒頭の一文で小段落を要約したり、伝えたい内容の前振りをしています。これを「リーダーとしての文(牽引役)」と私は呼んでいます。その後に、リーダーとしての文を補足したり、証明するために、フォロワーとしての文(付き従う文)が続きます。冒頭の文を受け、根拠となるファクトやリーダーを補完するエピソードを説明していくのです。冒頭で先の見えない文章を読ませるのは、地図や羅針盤を持たせずに森の中に誘うようなものです。読み手にストレスや不安を与えるので注意が必要です。


東日本大震災の発生から3か月が過ぎ、被災地の外にいる私たちにできることは何なのかを、ますます強く考えるようになりました。そのひとつの答えは、消費を通じての貢献ではないでしょうか。モノやサービスの消費に対してアクティブになり、経済を活性化させることは、いまとても重要だと思うのです。消費を楽しむのは悪だ、自粛すべきだという思考には、それがどういった結果を招くのかについての想像力が欠けていると言わざるを得ません。ただ、幸いなことに、5月の大型連休を境に、消費は盛り返しています。


文章力アップにつながるのが、「リズム感」を意識した読み方です。小段落の冒頭にリーダーとしての文(牽引役)があっても、読みにくい文章があります。それは、リズム感を掴めない文章です。意味はわかるけれど、読みにくい――そんな文章に出合ったことはありませんか。その原因は改行にあります。読みにくい文章は、小段落を分けずに改行なく文章を書き連ねています。文字が詰めこまれているため、読み手に圧迫感を与え、スムーズに読み進められないのです。文章は小段落が連なって構成されているので、小段落ごとに改行しましょう。このルールを自分に課すだけでリーダーとしての文、フォロワーとしての文を意識できるようになりますし、文章にリズム感も生まれるはずです。


渋谷和宏の経歴・略歴

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

政治ニュースに接するうえで重要なのは、余計な知識を持たずに、素直に見ることです。すると、「なぜ?」と疑問に思うことが出てくるはず。


嶋浩一郎

アイデアマンの場合、頭の中の引き出しに、一見するとムダとしか思えないような情報がたくさん入っている。引き出しの中には大草原が広がっていて、様々な情報が放牧されている。世の中みんなムダだらけ。ムダを愛し、ムダをたくさん集めた人がアイデアをジャンプさせる。


秋山剛

本人が「辞める」と言い出したのなら、上司は気持ちよく送り出してやるべきです。これまで育ててきた手間を損したと悔しがるのではなく、人間関係に投資したのだと思って欲しい。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、そうやって将来を考えながら手を打っていくことも、上司の力量のひとつなんです。


鯵坂司郎

営業こそが顧客の需要を吸い上げる存在でないといけない。


西村英俊

社長自身が知って、事実を発信する。公表する、恐れない、そして評価する。社長が情報を使って見せれば、社長が訓辞で言っている何でもオープンにせよとはこういうことなのかと、役員、職員が実際に理解して、不祥事に関する情報も聞こえてきやすくなります。もちろん安心してしまってはいけません。会社のコミュニケーションを良くしましょうと訓辞で言っているだけでは、しょせんお念仏。


斎藤英明(経営者)

この先の技術進歩や、世の中のコンセンサスがどういう方向で形成されつつあるかといった情報は、書籍や新聞、雑誌などからある程度分かります。これらはビジネスの上で大きな助けとなるはずです。


村上龍

食べたいのにガマンするのか、それとも、よく考えたら今こんなに食べなくてもいいのではないかと思うのか、やることは同じでも考え方でだいぶ違うような気がします。具体的に、私は、夜食を止め、間食を止め、朝方まで酒を飲んだりすることを止め、運動は続ける、という感じで、少しずつ体重を落としました。


山本良平

顧客になってもらうため「飲食店の売上を支援するには?」という点を徹底的に研究しました。そこで、当時酒屋ではおそらく業界初だと思いますが、デザイン学校出身のスタッフを雇い入れ、販促サービス充実として商品化し、売りだしてみると飲食店から大変喜ばれるようになりました。
【覚書き|家業の酒屋を小売から業務用卸に業態変更した当時を振り返っての発言】


井上義久

私が、津波の被害で一番深刻に思っているのは、ほかの災害と違って一瞬のうちに家族を失う、地域の共同体も失う、地域の文化や歴史を失う。家を失った人は自分のたとえばアルバムなど自分が生きてきたことの証をすべて一瞬のうちに失う。ある意味アイデンティティを喪失してしまうことなんです。被災した人が人間としての心の復興を成し遂げて、アイデンティティを見いだして、自分が生きる意味を見いだしていくかというのは、やはり寄り添い続けるしかないんです。


箱田忠昭

仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが必要不可欠な時間。Cタイムは商談の待ち時間などのスキマ時間です。残業を減らすには、このスキマ時間をいかに減らすかがポイントになります。


安藤文男

日本のユーザーは、システム開発においてメーカーやベンダーへの依存度が高いので、我々の理解に基づく提案がお客様にとって最適・最良でないことも多々あるわけですね。その意味では、我々もお客様の事業内容をよく理解して、「こうしたらどうですか?」と提案していくことが大事ですし、お客様の方からも「こういうシステムにしてくれ」と要望してきてほしい。あまり強調すると怒られてしまいますが、お客様との共創でより良いものをつくっていくという考えが大事だと思います。


水野和夫

資本を自己増殖させる資本主義は「より遠く」「より速く」「より合理的」を求めて発展しました。その対極は「より近く」「よりゆっくり」「より寛容」。中央集権から道州制や連邦制の地方分権への移行で、この幾つかは実現するでしょう。「スローライフ」「地産地消」「スコットランド独立投票」など昨今の動きは、次を模索する現象の一つかもしれません。これらひとつひとつの点が結びつき、線になることで姿がより見えてきます。より鮮明な姿を描くには、「資本主義は終わった」と宣言することから始まります。ただしそんな宣言をするのは、今は私ぐらいしかいないかもしれませんが(笑)。