渋谷和宏の名言

渋谷和宏のプロフィール

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

渋谷和宏の名言 一覧

仕事を通して社会とつながること、人から必要とされ、感謝の言葉をいただくこと、これは人の実存にもかかわる喜び。


東日本大震災の発生から3か月が過ぎ、被災地の外にいる私たちにできることは何なのかを、ますます強く考えるようになりました。そのひとつの答えは、消費を通じての貢献ではないでしょうか。モノやサービスの消費に対してアクティブになり、経済を活性化させることは、いまとても重要だと思うのです。消費を楽しむのは悪だ、自粛すべきだという思考には、それがどういった結果を招くのかについての想像力が欠けていると言わざるを得ません。ただ、幸いなことに、5月の大型連休を境に、消費は盛り返しています。


渋谷和宏の経歴・略歴

渋谷和宏、しぶや・かずひろ。日本の作家、経済ジャーナリスト。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル(のちの日経BP)に入社。『日経ビジネス』記者・副編集長、『日経ビジネスアソシエ』初代編集長、ベンチャー・サービス局長、ビジネス局長、統合コンテンツ局長などを経て独立。

ページの先頭へ