名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

清水祐孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清水祐孝のプロフィール

清水祐孝、しみず・ひろたか。日本の経営者。仏教関連の雑誌出版・ポータルサイト運営会社「鎌倉新書」社長。慶應義塾大学卒業後、国際証券を経て鎌倉新書に入社。お葬式関連ポータルサイト「いい葬儀」を開設。同社を東証一部に上場させた。

清水祐孝の名言 一覧

変化を受け入れ難いのは、今持っているものに対して捨てるのがもったいないと感じる時。今持っているものに対して満足していれば変化に対してネガティブになりがち。


これだけ変化が激しい世の中ではチャレンジし続けていくしかない。


今期や来期という目先のことではなく、今後10年間の利益の総和を最大限にしていきたい。


生きることの大切さを人々に伝えていくのも、この仕事をしている我々の使命。


弊社は去年上場しましたが上場が最終ゴールではありません。それはそれで目標でしたが、次の大きな目標へ行くための機会を得たなと、ステップとして考えています。


昨日までと同じようなことを続けていけたらそれは楽でしょうけれど、今までやってきたことは社会が変化し、これに対応する形で消費者のニーズが変わることで必ず衰退していくので、企業は常に変化していかなければならない。


私はアイディアが湧き出てくるのが強み。小さい時から人と違うものの見方をしていました。右肩上がりの時はみんなと同じような考えができないことはマイナスですが、今のような変化が激しい世の中ではみんなと違う新しい発想ができることはプラス。


お客様は本が欲しいのではなく書かれている中身が欲しいのだろうなと気づきました。大事なのは印刷物ではなく情報ですよね。だから始めは出版社と考えていたのですが、情報を伝えるのに出版でなくてもいいのではないかと思い始め、出版社から情報加工業社に会社の定義を変えました。


お寺はどのように収益を得ているのかに着目し今のビジネスのヒントを見つけました。仏教の教えを本にして売っても中々購入してくれる人は少ないけれど、それよりも人が亡くなった後のお葬式というサービスは必ず購入するので、そのようなマーケットに特化した本を作ろうと思ったのです。


ブランド力の拡大が一つのポイント。上場もそのための手段の一つ。もともと無借金でしたので、資金確保ではなく、知名度を上げ、人を集めることが大きな目的でした。


長いスパンでの目標が立てられれば幸せにつながると思うし、それがないとつまらない人生になってしまう。例えば、「会社の売り上げをアップさせる!」という目標がイマイチしっくりこない人もいるかもしれません。でもその目標の先に何があるかを理解すれば変わると思います。


会社の理念は「人と人との縁にありがとうを感じる場面のお手伝い」というところなので、今後は、インターネットを活用し、葬儀やお墓にとどまらず、終活に深く関わっていきたい。


4年間サラリーマン勤めのあと、父の経営していた鎌倉新書に入社しました。仏教関連の業界誌の会社でしたが、人間関係がビジネスの基本という世界では、成長の余地が限られると思いました。既存のノウハウが生かせる分野を調べ、葬儀やお墓の業者向けに冊子を作ることにしました。


コールセンターにおいても、相談内容は「~をください」というような画一的なものではありません。しきたりや宗派が違うので、内容は多岐にわたります。そのため、コールセンターを外注することもできず、自社で対応していますが、そのおかげでノウハウがどんどん蓄積されていきました。このことも、気づいたら大きな強みとなっていました。


目標は目先の小さなものと、長い目で見た大きなものの2つを立てておくことがいい。車で道を走ると前に石ころが落ちていることに気づきますが、空から見ると石ころには気づきませんよね。また今度は空から道を見てみると、長い道の先に何があるのか見えます。このように視点が2つあることで、より見通しが良くなるのではないでしょうか。


定義を変えると、セミナーというやり方もあればコンサルというビジネスにもなる。印刷物がいい方には今までのように出版社として印刷物を届ける。出版物よりもっと詳しく知りたいという方にはセミナーを開く。私たちだけのためにここを詳しく教えてくださいという方にはコンサルとして、情報をお客様にとって価値あるものに、適切な方法で届けられたらいいなと思ってきました。


人が亡くなるとバランスシートの付け替えがあります。これが1人3千万円であれば130万人が亡くなれば、39兆円の付け替えが毎年発生していることになります。昨年から相続税が発生する分岐点が下がりましたし、そうしたニーズのあるところと専門家との橋渡しをしたり、亡くなった方のライフヒストリーを紙や映像でまとめるお手伝いをしたりと、深掘りをしていきます。


清水祐孝の経歴・略歴

清水祐孝、しみず・ひろたか。日本の経営者。仏教関連の雑誌出版・ポータルサイト運営会社「鎌倉新書」社長。慶應義塾大学卒業後、国際証券を経て鎌倉新書に入社。お葬式関連ポータルサイト「いい葬儀」を開設。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

企業にとっても逆境の方がいい。なぜなら、他の企業と差が付きやすいからです。たとえ利益が出なくても、不景気の時に次の成長の種を仕込んでおくのが、一番効率がいい。


小柴満信

リーマンショックを受けてこれからの当社を考えた時、成長を牽引していくのはデジタル系ではなくアナログ系の事業だと判断しました。デジタル系の世界はコモディティー化するスピードが速く、価格競争に陥ることは、半導体関連の事業を通じて分かっていたからです。


ヒラリー・クリントン

スピーチをする時、想像のなかでルーズヴェルト夫人に語りかけ、さまざまな問題について助言を請うという話を冗談交じりに披露することがよくあった。想像するのに正しい相手を選びさえすれば、問題を分析したい時には、実際これはとてもいい頭の体操になる。エレノア・ルーズヴェルトはそういう意味で理想の人物だった。


松沢幸一

努力は、人生を楽しくするものだと私は考えています。そうすれば、継続が苦になりません。


竹鶴政孝

ウイスキーづくりは設備ではない。人の心だ。


楢原誠慈

世の中のニーズに目を向けると、必要とされるものがたくさんある。


大西洋

デフレだから価格を下げれば売れるだろうというのは誤りで、大切なのはデフレであろうとなかろうと、価格に対する価値の比率が大きい商品を提供することなのです。


菊池武重

国の政道は、皆の話し合いで決めよ。たとえ、この武重が優れた意見を出したとしても、皆の意見がまとまらなかったならば、武重の意見を捨ててほしい。
【覚書き|武重は当主の下に管領という役職を置き、その下に内談衆という役職を数名置いた。当主と管領と内談衆の合議で国政を行った】


城山三郎

一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、自ら慰めることができるのではないか。これは私の造語なのだが、「一日一快」でよし、としなければ。


野儀健太郎

私たちはクリエイター、クライアントと同等のパートナーです。派遣をしてうまくいかない時もありますが、もっとヒアリングできていれば、もっと事前に説明ができていればよかったのではないかと、社員たちには常に自責型に考えてもらいたい。


森永卓郎

人生を楽しむポイントは、他人と同じようなお金の使い方をやめてみること。自分がしたいこと、ハッピーな気持ちになれることに対して、ドーンとお金を使うことが大事。その価値観があれば、見栄など張らずにムダな支出は削れるはず。


岩城修

何のために情報力を高めるかということが大切です。当社ならばそれは、「お客様に喜んでいただくため」となります。