名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清水浩(電気自動車)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清水浩(電気自動車)のプロフィール

清水浩、しみず・ひろし。日本の工学者、起業家。慶應義塾大学教授、電気自動車メーカー「シムドライブ」創業者。宮城県出身。東北大学工学部博士課程を修了し工学博士号を取得。国立公害研究所地域計画研究所室長、国立環境研究所地域環境研究グループ総合研究官などを経て慶應義塾大学環境情報学部教授に就任。主に電気自動車の開発に携わる。電気自動車「エリーカ」を共同開発し、最高時速370キロを達成。電気自動車メーカー「シムドライブ」を創業。著書に『脱「ひとり勝ち」文明論』『電気自動車のすべて』『近未来交通プラン』ほか。

清水浩(電気自動車)の名言 一覧

「やるべきこと」「やりたいこと」「やっていること」が一致した瞬間、これこそが人生の幸せだと思います。


技術とは効率の悪いものから良いものに変わっていくものです。技術屋として電気自動車の普及を確信しました。


ガソリン車がEVに置き換わったら部品会社が生き残れなくなるという声をよく聞きます。しかし、私は心配いらない、と。新しい技術に置き換わると、マーケットが何倍にも広がるからです。これは過去、人類が経験しています。なぜそうなるかというと、新しく社会に導入される技術には3つの要件があるからです。それは人間にとって「使いやすい」「効率がいい」「つくりやすい」です。ですから、産業が広がるのです。


注意しなければならないのは、せっかく開発したものをそのままにしていると、すぐに他国に取られてしまうということです。既に現状でもリチウムイオン電池が段々危なくなってきていますからね。大事なことは早く商売にしようとする視点です。日本の問題点は、世の中にない良いものをつくる点では他より勝りますが、そこから商品化するまでには桁違いにお金がかかることに無関心なことです。


清水浩(電気自動車)の経歴・略歴

清水浩、しみず・ひろし。日本の工学者、起業家。慶應義塾大学教授、電気自動車メーカー「シムドライブ」創業者。宮城県出身。東北大学工学部博士課程を修了し工学博士号を取得。国立公害研究所地域計画研究所室長、国立環境研究所地域環境研究グループ総合研究官などを経て慶應義塾大学環境情報学部教授に就任。主に電気自動車の開発に携わる。電気自動車「エリーカ」を共同開発し、最高時速370キロを達成。電気自動車メーカー「シムドライブ」を創業。著書に『脱「ひとり勝ち」文明論』『電気自動車のすべて』『近未来交通プラン』ほか。

他の記事も読んでみる

岡本浩一郎

数字力のポイントは、大事な数字を細かく分解すること。


前川知大

必要に迫られて書き直すことで、結果的に物語がよくなることもあるのが面白い。


宗次徳二

経営者のもとには、現場から毎日たくさんの情報が寄せられます。私もオフィスでは営業日報に目を通し、移動中には、店舗や営業所の朝礼や会議の様子を録音したテープを聴いていました。ただ、それは人の手で一度加工されたものであり、その過程で抜けや漏れが生じる可能性を否定できません。現場のありのままの姿を知りたいなら、自分の目で見ることが一番です。だから現場に通うのです。


田中仁(経営者)

商品のアイデアは偶然生まれることもありますが、自分たちがそういうものを作りたいという思いがあれば何かしらヒントが出てくるもの。


永守重信

失敗も大変貴重な経験。私もたくさんの失敗してきています。会社が潰れるほどではなかったですが、それに近い経験はしています。そういう経験者が次にやるから強い会社ができるわけであって、失敗した人を干して終わりみたいな社会は良くない。


田中仁(経営者)

当社は、「視力が悪いからメガネをかける」のではなく、パソコンを使うから、花粉対策用にとメガネのマーケットを拡張してきました。メガネを大量に安価で販売したいのではなく、常にイノベーターでありたいと考えています。


鬼頭政人

計画どおりに勉強しているのに結果がついてこない、ということも、しばしばあります。過去問の点数が伸びない、といった状態です。この場合、考えられる可能性は二つあります。一つ目は、勉強の仕方が間違っている可能性。テキストや問題集を1冊に絞らず、様々なものに手を出していた、というケースが最もよく見られます。もう一つは、「踊り場」に来ている可能性です。初めのうちは着実に点数が伸びていたのに、突然、横ばいになった、という場合は、こちらと考えていいでしょう。勉強の仕方が間違っているわけではありませんから、焦らず、コツコツと続ければ、また点数が伸び始めます。


中村俊輔

どんなに巧みなスキルを持っていても、求められる仕事ができなければ生き残れない。数多くの情報を手にすることが、要求に応えるための近道。


内田直

睡眠の質が大事なことはもちろんですが、睡眠時間の長さは、どうやら質では補えない脳本来の潜在的な能力を引き出すようなのです。また、快適な睡眠をとるために適度な運動は必要です。


麻野進

いま待遇がよくても、自分の働きが給料分に見合っていなかったら、賃金カットやリストラの対象になりかねない。ようは「会社への貢献度>本人の給料」になっているかどうか。これからは本人の能力云々よりも会社の業績にどれだけ貢献しているかがシビアに問われる。


ピーター・ドラッカー

知的労働においては、時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。


田原総一朗

気持ちを絞り込む必要はない。チャンスがあればいつでもやってやるという気持ちを大事にすべき。