名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

千眼美子(清水富美加)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千眼美子(清水富美加)のプロフィール

千眼美子、せんげん・よしこ。清水富美加、しみず・ふみか。日本の女優、ファッションモデル。東京都出身。レプロガールズオーディション・グッドキャラクター賞を受賞しデビュー。ファッション誌、特撮・映画・ドラマで活躍。

千眼美子(清水富美加)の名言 一覧

自分の頭と感性があれば、普通の世界も十分輝かせることができるはず。


私にとって大事なものも、誰かにとってはどうでもいいものかもしれないけれど、それはそれで全然いい。そこから「自分だったらどうだろう」ってちょっとでも想像してもらえたら嬉しい。


大人になると「○○しなくちゃ」というマストの呪縛から逃れられなくて、どうしても窮屈になってしまうけど、このエッセイだけは自由に、つれづれなるままに書かせてもらいました。自分でも何を書いたか忘れるくらいしょうもない、どうでもいいことばっかり。だけど、案外そういうものが大事なんじゃないかなって。


千眼美子(清水富美加)の経歴・略歴

千眼美子、せんげん・よしこ。清水富美加、しみず・ふみか。日本の女優、ファッションモデル。東京都出身。レプロガールズオーディション・グッドキャラクター賞を受賞しデビュー。ファッション誌、特撮・映画・ドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

堀正岳

私のブログ「Lifehacking.jp」は、本業も忙しいので更新頻度は決して多くありません。ただその分、自分なりの考え方、見方を必ず盛り込むようにしています。だからこそ、多くの方に読んでいただけているのだと思います。


南雲吉則

「なんのために健康でいるのか」を考えることが大事。健康な身体と心によって、何をするかが問題なのです。「自分は人生で何をしたいのか」という目標があるか否かで、健康に配慮する意識に各段の差が出る。


村田昭治

商売の話を本当にやさしいことば、卑近な例でおっしゃる方は非凡なリーダーだと思う。平たいことばで真実を教えてくれる商いの先輩には、きっと商人道を極める太い健全な動脈が走っているのだ。


萩本光威

どうすれば、日本代表が世界のトップレベルで戦えるのか。それは、日本ラグビー界の歴史的課題でもあります。その答えはまだ出ていませんが、僕は、日本人選手のラグビー観を変えるくらいの意識改革が必要だと思っています。つまり、新しいラグビー観をU19という若い世代から植えつけていこうと。


文野直樹

外食ってこんなに色んなものに左右されるんだ、と思いましたね。だからこそ思いついたのが冷凍食品だったのです。自社の餃子の商品力が高いのであれば、それをメーカーとして外販していった方がより生産性が上がるのではないかと考えた。そこで自社の業態をメーカーという立ち位置に固め社名も「食べるにプラス」という意味のイートアンドに変更したのです。


徳田虎雄

命を賭けて一つの目標をやり遂げれば、それは死線を一回越えたことになる。死ぬくらいの苦しい思いをして、はじめて道は開かれる。


岡藤正広

笑は商なり。お客さんが笑顔になれないと、商売は長く続けられません。


菅野誠二

「論理」があれば、相手が納得し、行動してもらえると勘違いしている人も多いようですが、じつは、それだけでは相手の心と身体を動かすことはできません。もうひとつの条件は、「感情」です。自分がなぜその提案を実現したいのか、という熱意を示すことです。ただ、論理のみでは「君の言うことは理屈としては正しいんだろうけど、なにか納得できないんだよね」ということになり、感情のみでは「君のやる気はわかるんだけど、独り善がりなんだよね」ということになりかねません。そこで、このふたつの要素を結びつけるのに不可欠となるのが、「共感」だと私は考えています。相手が抱えている課題に共感を示し、その課題を一緒に解決していこうとする姿勢をみせるのです。


小宮一慶

欲で動くと、一時的にエネルギーが高くなっても長く続かない。何かに継続的に取り組むには、やはり強い信念に基づいた高い志が必要。


ハロルド・ジェニーン

真のリーダーは下の人々に、どんな理由からであっても、自分に近づくことを恐れさせないようにしなければならない。


中島浩一郎

日本は初めて林業に取り組むんだという視点で物事を考えた方がいいのではないかと思う。林業をやったことがあると思うから、中途半端なことになってしまう。


ジョージ・イーストマン

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】