名言DB

9425 人 / 110833 名言

清水宏保の名言

twitter Facebook はてブ

清水宏保のプロフィール

清水宏保、しみず・ひろやす。日本のスピードスケート選手。北海道出身。18歳でスピードスケートW杯初出場初優勝を飾り、その後数々のメダルを獲得した。オリンピックでは金・銀・銅メダルをそれぞれ1つずつ獲得、スピードスケートW杯通算優勝回数は34回という堂々たる成績を残した。日本大学文理学部卒業。

清水宏保の名言 一覧

追い込むのは自分でも本当は怖いんですけど、そういうところまでたどり着かないと、人間の潜在能力というのは引き出せないんです。


気を付けてほしいのは、トレーニングとは、その後のケアも含んでいます。きちっとしたケアもせず、ただ走って終わるのでは、それこそケガの元です。


トレーニングも、むやみやたらに走るのではなく、心拍数を計ったりして健康管理を気にしながら行うことが大事なのです。


ものごとを始めるときは壁があると思います。まず最初にそれに慣れるのに何日もかかる。そこで耐えられずに駄目になる人は諦めるんです。俺には向いてないと。でも、僕は慣れるまでやります。


トレーニングをする人は、体重が減ったり、お腹が割れるといった見た目の変化を体験します。すると、自然に運動量も増え負荷が上がります。そういった時こそ、気を付けなくてはならない。


運動をする人によく言う言葉が「患者学を身に付けなさい」です。自分の体と向き合うことが、病気なり、ケガを改善して仕事への活力を生む第一歩だと思っています。


医学的には、週末に運動をすると月曜日は良い脳波が出るそうです。週の始めは憂鬱になりがちです。月曜日は少し早起きをして、軽いウエートトレーニングするだけでも効果はあります。ランニングをする人は、アドレナリンが出る程度の短い距離を走ると良いでしょう。朝から1時間走ると、逆にぐったりしてしまい、仕事中に眠くなってしまいます。例えば、週初めは軽い運動を心掛け、週末にかけて徐々に運動量を増やしていくと、仕事に対する体力も付き、脳波も良くなります。


清水宏保の経歴・略歴

清水宏保、しみず・ひろやす。日本のスピードスケート選手。北海道出身。18歳でスピードスケートW杯初出場初優勝を飾り、その後数々のメダルを獲得した。オリンピックでは金・銀・銅メダルをそれぞれ1つずつ獲得、スピードスケートW杯通算優勝回数は34回という堂々たる成績を残した。日本大学文理学部卒業。

他の記事も読んでみる

寺田和正

これまで時間管理は、誰かにやらされるものだというイメージが強かったと思うんです。でも、本当はもっとポジティブにとらえて楽しむべきものなんですよね。


張富士夫

私もそうでしたが、若い人にはまず簡単な仕事をやらせます。大切なのは結果だけを教え、手段は自分で考えさせることです。自分で工夫し、うまくいったら本人は嬉しいものです。そして、順序を踏んで難しい仕事をやらせます。こうすれば必ず人は育ちます。それには現場という訓練の場が必要です。


南壮一郎

人生の時間の大半を費やす仕事を楽しめれば、人生はとっても楽しい。


横田英毅

仕事で何が一番大切かといえば、やりがいを感じられることです。会社経営をする上で一番大切にしなくてはならないのは、社員一人ひとりのやりがい、ということになります。


西多昌規

「タイムリミットを設ける」という方法も有効。もうこれ以上耐えられない、というときに「あと15分だけ頑張ろう」というふうに、終わりを意識すると乗り切れることが多い。


松下幸之助

忙しい時(好況)には、どこの店も忙しいが、ヒマ(不況)になるとお客さんは仕入れ先を吟味しますね。そうすると、日ごろ勉強している店から買おうということになるのです。忙しい時に勉強していれば、ヒマな時かえってお客さんが増えるわけですね。だから「景気によし、不況になおよし」ということになるのです。


鈴木貴博(コンサルタント)

人間は元来、論理的にはできていないので、論理的に思考しているつもりでもしばしば間違えます。この欠点をきちんと自覚したうえで、論理思考をひとつのパワフルなツールとして使うべきでしょう。


川田修(ライフプランナー)

相手の話を聞き、抱えている課題や悩みがわかれば、「お客様の問題は、この生命保険で解決できます」と提案できます。これは、たとえるなら、医師が患者を診断して、「あなたの症状は、この薬を飲めば治ります」と伝えるようなもの。つらい症状が治るとわかれば、薬を断わる人はまずいません。問題の解決策さえ提案できれば、かなりの高確率で契約が成立します。


今田洋輔

知識体系はご先祖様が築き上げてくれたものなので、口頭で伝えられるものなんです。だから、本人に興味や意欲があれば、吸収できますね。


築山節

批判されたときはチャンスです。学会で研究成果を発表すると、「お前の研究はくだらない」と批判されることがよくありました。そこで私は相手の懐に入っていく。「どうしてくだらないんですか?」と、批判した人に質問するのです。すると、さらに事細かに文句を言われます。そこで反発せず、謙虚に聞いていると、「わかった、じゃあ教えてやるからうちに来い」と言ってもらえたりします。これも当然で、批判する側にはどうしてダメなのかを説明する責任があります。批判から逃げずに耳を傾ければ、もっと良いやり方を教えてもらえるのです。