名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

清水宏保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清水宏保のプロフィール

清水宏保、しみず・ひろやす。日本のスピードスケート選手。北海道出身。18歳でスピードスケートW杯初出場初優勝を飾り、その後数々のメダルを獲得した。オリンピックでは金・銀・銅メダルをそれぞれ1つずつ獲得、スピードスケートW杯通算優勝回数は34回という堂々たる成績を残した。日本大学文理学部卒業。

清水宏保の名言 一覧

追い込むのは自分でも本当は怖いんですけど、そういうところまでたどり着かないと、人間の潜在能力というのは引き出せないんです。


気を付けてほしいのは、トレーニングとは、その後のケアも含んでいます。きちっとしたケアもせず、ただ走って終わるのでは、それこそケガの元です。


トレーニングも、むやみやたらに走るのではなく、心拍数を計ったりして健康管理を気にしながら行うことが大事なのです。


ものごとを始めるときは壁があると思います。まず最初にそれに慣れるのに何日もかかる。そこで耐えられずに駄目になる人は諦めるんです。俺には向いてないと。でも、僕は慣れるまでやります。


トレーニングをする人は、体重が減ったり、お腹が割れるといった見た目の変化を体験します。すると、自然に運動量も増え負荷が上がります。そういった時こそ、気を付けなくてはならない。


運動をする人によく言う言葉が「患者学を身に付けなさい」です。自分の体と向き合うことが、病気なり、ケガを改善して仕事への活力を生む第一歩だと思っています。


医学的には、週末に運動をすると月曜日は良い脳波が出るそうです。週の始めは憂鬱になりがちです。月曜日は少し早起きをして、軽いウエートトレーニングするだけでも効果はあります。ランニングをする人は、アドレナリンが出る程度の短い距離を走ると良いでしょう。朝から1時間走ると、逆にぐったりしてしまい、仕事中に眠くなってしまいます。例えば、週初めは軽い運動を心掛け、週末にかけて徐々に運動量を増やしていくと、仕事に対する体力も付き、脳波も良くなります。


清水宏保の経歴・略歴

清水宏保、しみず・ひろやす。日本のスピードスケート選手。北海道出身。18歳でスピードスケートW杯初出場初優勝を飾り、その後数々のメダルを獲得した。オリンピックでは金・銀・銅メダルをそれぞれ1つずつ獲得、スピードスケートW杯通算優勝回数は34回という堂々たる成績を残した。日本大学文理学部卒業。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

私は、イノベーションの本質はライフスタイルの提案ではないかと考えています。時代が移り変わると、お客様から要請されることも変わってくる。その新しい要請に、新しいライフスタイルを提案することによって応えていく。それこそ、本物のイノベーションではないでしょうか。


森下篤史

ベンチャー企業とは単純で馬鹿っぽく行動派が失敗し続ける企業の事を言う。滅多に成功はしないがそれでもトライしたくなるというエネルギーを持っている会社とその人たちを言う。


宋文洲

人間には向き、不向きがある。創業に向く人と、会社を大きくすることに向く人がいる。両方やれるという人は珍しい。


沢渡あまね

何か目標を定めてそれに突き進む肉食系ビジネスマンにはなれませんでした。転機は転職。改めて自分のキャリアを詳細に振り返ると、気がついていない強みやスキルが。それを自分資産として組み合わせることで、新しい可能性が見えてきました。


小堀秀毅

今は、それぞれの事業が、それぞれのお客様に個別に対応していますが、我々の持っている多様な技術、人材、ノウハウなどを有機的に結合させ、横串を刺し、総合力を全面に出すことで、お客様と中長期のパートナーシップを掴んでいきたい。これからは旭化成の総合力でテクノロジーを融合し、結合させ、お客様に新たな価値の提案をしていきます。


谷原誠

ビジネスの場で出会うやっかいな人の典型として「話が長い人」がいます。たとえば早く商談を進めたいとき、取引先の担当者がこのタイプだと苦労することでしょう。対処法としては、基本的には「長い話でも聞いてあげられる自分になる」ことを目指すのがいいと思います。


佐藤誠治(経営者)

アドラー心理学では、人は他者への貢献によって幸せを実感できると説いています。経済的な報酬に加えて誰かの役に立ったという実感が得られれば、行員のモチベーションを上げて成長の持続性を高めることができる。


童門冬二

伊能忠敬のように第2の人生を歩む準備を整えてから歩き出す方がいい。忠敬は伊能家の財政を立て直す実績を示してから、好きな天文学の道を究めたいと幕府の天文方の門をたたきました。


渡文明

日本人は「不言実行」という言葉を大切にしがちですが、私はあえて「有言実行」の人でいたい。まず、誰かの前で目標を口にし、自分を追い込むことが、人を一歩、前に進ませるのだと思うからです。


柳川範之

多くの人は、役に立つ知識や情報を頭に詰め込むのが勉強だと思っているようですが、それも正しくありません。たしかについ最近まで、他人より多くを知っている百科事典のような人の有用性は、会社でもそれなりに高かったといえます。ところが、現在では、誰もがスマートフォンを持っているじゃないですか。それを使えばわからないことはすぐに調べられるし、仕事に必要な資料もデータにして持ち運べるので、細かく覚えていなくても大丈夫。知っているということの価値は大きく下がってしまいました。つまり、知識や情報を覚えるのは、もはや勉強の目的として適当ではないのです。


北島忠治

選手は将棋の駒ではなく、生きた人間なわけですから、こちらが環境さえつくってやれば、勉強もするだろうし、ラグビーもやっていく。


朝倉千恵子

部下が迷ったときに上司ができること。それは、答えを教えることではなく、背中を押してあけることなのです。