清水喜彦の名言

清水喜彦のプロフィール

清水喜彦、しみず・よしひこ。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。山梨県出身。早稲田大学商学部卒業後、住友銀行に入行。常務執行役員法人企業統括部長、取締役副会長、SMBC日興証券顧問、副社長などを経て社長に就任。

清水喜彦の名言 一覧

小説はフィクションですが、名作と呼ばれる作品はどこか現実の世界とつながっていて、参考になるんです。それを見つけ出すのも読書の楽しみの一つでしょう。


一番重要なのは、お客様としっかり向き合い、何をお求めいただいているかを知ること。


現在を経済環境が激変する乱世と捉えている。乱世には、決断力のある人間がトップに立つ必要かある。


現状では、本部が肥大化しすぎている。前線に出る戦士よりも後方部隊が多いようでは、勝てる組織はつくれない。


ただ規則に従うだけなら、経営陣の存在意義はない。


一貫して法人営業畑を歩んできた。当時から心がけていることは、必ず現場を自分の目で見ること。


資本主義経済下では、業界一位、もしくは一位と同等に戦える組織しか生き残れない。


当社の役割は、お客様のニーズにお応えした付加価値の高い資産形成のサポートを行うこと。お客様によりご満足いただけるようサービスの追求や、パフォーマンス向上など、まだまだやるべきことは多い。


乱読、雑読、積読――。本は選り好みせず、手当たりしだいに何でも読むのが私の流儀です。とにかくたくさん読むので、その中から好きな小説を1冊選べといわれると、とても困る(笑)。


金融商品やサービスはかなり多様化していますが、お客様に提供するに当たっては、ニーズに即したものでなければなりません。そのためには、お客様のライフプランや資産運用に関する考え、知識・経験、資産の状況等を十分に把握することが極めて重要。


海外戦略も強化する。ニューヨークに、M&Aに特化した投資銀行グループを立ち上げた。得意な地域・分野・商品に絞ってドミナント戦略を進め、勝てる領域を増やしていく。


これまで取引先はもちろん、上司、同僚、部下と、「人」に恵まれてきた。猪突猛進な私をフォローしてくれる部下たちのおかげで、いまの私があると思っている。


じつは読書は決断力のトレーニングにも効果的。私はいつも3冊を並行して読んでいます。同じ時代を舞台にした作品を並行して読むと混同が起きがちですが、ページをめくればその本の世界にすぐ入り込める。こうして頭を切り替える力を磨いたおかげで、次々と降りかかる現実ビジネスの問題にも瞬時に対応できるようになりました。


継続的な運用状況の報告(アフターフォロー)にも相当力を入れており、担当者による定期的なアフターフォロ一により、お客様のご意向やライフプランの変化にもきめ細やかな対応が可能となっています。アフターフォローに力を入れている結果、足元は、保有モデルの変更や追加投資のご要望が増えています。


研修でウエストポイント陸軍士官学校に滞在しました。卒業パーティーで、校長は次のようにスピーチしたのです。「諸君がこの学校で学んだことは3つだけだ。戦略はストーリー、戦術はキャスティング、戦闘はスピリッツだ」と。校長が説いたのは戦争の要諦でしたが、本質はビジネスも同じでしょう。経営者は、会社が成長するストーリーを描かなくてはいけないし、ストーリーが決まったら最適な人材を配置して、人事が決まったら現場を鼓舞して士気を高めなければいけません。


清水喜彦の経歴・略歴

清水喜彦、しみず・よしひこ。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。山梨県出身。早稲田大学商学部卒業後、住友銀行に入行。常務執行役員法人企業統括部長、取締役副会長、SMBC日興証券顧問、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ