名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清水亮の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清水亮のプロフィール

清水亮、しみず・りょう。日本のプログラマー、経営者。ユビキタスエンターテインメント社長。新潟県出身。電気通信大学在学中、米国マイクロソフトの次世代ゲーム機向けOS開発に携わる。その後、ドワンゴに入社し、携帯電話事業を立ち上げる。ドワンゴ北米のコンテント開発担当副社長を経て独立し、ユビキタスエンターテインメントを創業。IPA(情報処理推進機構)により「天才プログラマー/スーパークリエイター」として認定された。

清水亮の名言 一覧

これからの時代に重要なのは、情報自体ではなく、情報から私たちが何を感じるか。


情報に触れて、他の人とシェアすることで、その体験から何を感じ、考え、何を生み出していくのか。それこそが価値あることなのです。


数学が得意な方がプログラミング思考に馴染みやすいとは思いますが、本質的には関係ないと思う。私は数学が苦手ですし(笑)。


プログラミングは、やればやるほど鍛えられる後天的な能力。


プログラマーは、行動基本が「最適化」なので、キーボードを1回余計に打つことすらもストレスに感じる。


当社は「Supreme Experience(最高の体験)」をスローガンに、コンピュータを使ったエンターテインメントを提供するための設計や開発を行っています。様々なゲームなどのネットワークコンテンツを通じて、楽しい人生やコミュニケーション、バーチャルな世界ならではの体験など、コンピュータを使って実現できる、新しくて、ユニークなプログラムを開発している体験創造企業です。


PCや各種スマートフォンなどで動作するクロスプラットフォームのゲームエンジン「enchant.js」をオープンソースにしたのは、有償のライセンス契約や、クローズドな環境の下では普及が望めませんし、成長・拡張もないからです。当社をはじめ、多くのユーザーに活用してもらってこそ、いままでにない新しいものが生まれてくるのだと思います。HTML5のゲームエンジンとして、すでにユーザー数は世界トップレベルで、予想を上回っています。


先端の技術を利用しながら、様々な楽しさを提供し、コンピュータを通じて笑顔のあふれる社会に貢献していきたいと、いつも考えています。


プログラミングを学ぶと「論理的な思考」「情報を適切に分類し、活用する方法」「最少の手間で正確な仕事をこなすための思考法」「知らない人と知恵を共有する方法」などが身につきます。


プログラマーが得意なのは「最速化」ではありません。「最適化」です。「最適」は、1つの対象にフォーカスして、ベストな状態にフィットさせること。最適化はすべての仕事で求められる能力。


エバーノートの強みは保存さえしておけば、検索をすることで即座に情報を呼び出せること。それは、細かく整理をする必要がないということでもあります。よくタグの使い方などにこだわる人がいますが、あまり細かく設定するとかえって使いづらい。細かく整理しようとしないことが、逆に、情報を使いやすい状態にするコツだと言えるでしょう。


エバーノートに何を保存するかについては、考えすぎず、関心のある情報すべてを保存することをお勧めします。「エバーノートは第二の脳」という表現があります。興味を持った事柄すべてを記録できるツールだからですが、生身の脳との違いは、時間が経っても忘れないこと。何かを見て「面白いな」と思うだけでは、いつか記憶が薄れます。しかし、エバーノートに保存したものは、削除しない限り消えません。つまり、脳の「忘れる」という性質を補完できるツールなのです。


自分にとって当たり前の概念や価値観が通じない相手をどう教育するのか。これを考えるのが、人工知能のプログラミングの醍醐味。


プログラミングは、論理的思考が鍛えられる唯一のスキルでもある。文系ビジネスパーソンは、「あなたの論理は間違っている」と言われる機会はめったにないですよね。しかし、自分が書くコードに1点の矛盾も許されないプログラマーは、1日に100回くらい、パソコンからダメ出しをされた経験を持っている。そうやって鍛えられたおかげで、プログラマー同士の会話は、めちゃくちゃ早い。論理的矛盾がありませんから。


清水亮の経歴・略歴

清水亮、しみず・りょう。日本のプログラマー、経営者。ユビキタスエンターテインメント社長。新潟県出身。電気通信大学在学中、米国マイクロソフトの次世代ゲーム機向けOS開発に携わる。その後、ドワンゴに入社し、携帯電話事業を立ち上げる。ドワンゴ北米のコンテント開発担当副社長を経て独立し、ユビキタスエンターテインメントを創業。IPA(情報処理推進機構)により「天才プログラマー/スーパークリエイター」として認定された。

他の記事も読んでみる

深田晶恵

自己投資費を集計する際は、「この支出は本当に自己投資になったのか」と自問自答すること。「自分への投資」が言い訳になり、支出が膨らむ人は少なくない。


伊藤明(伊東屋)

伊東屋は明治37年に銀座で創業しました。初代の勝太郎(曾祖父)はこのときどういう思いだったのか、彼が書き残したものを読み解き、書いていない部分は想像力を働かせ、「伊東屋らしさ」とは何なのかを分析していきました。


林野宏

21世紀を勝ち抜くのに重要だと私が考えるのは創造的破壊です。誰かのイミテーション(模倣)ではなく、マーケティングを超えてまったく新しいイノベーションを起こすことです。そのためには社員が強くなければなりません。


前澤友作

僕は子供のころからとにかく競争は大嫌いでした。だって、人と争うって楽しくないじゃないですか。ライバルがいたから力が余計に発揮できたという経験もないし、きっとこれからも競争とは無縁の人生でしょう。


永守知博

サラリーマンの親父を持っても、八百屋の親父を持っても、親父は親父。親が有名な経営者だから、余計にリキむとか、プレッシャーを感じることはないです。


大森美香

新しいジャンルに飛び込みたいという気持ちは常にあります。自分もびっくりしたいし、人もびっくりさせたい。今はドラマの脚本と一緒に、娘の幼稚園の謝恩会の構成台本を書いているんです。


ジョージ・エリオット

自分のためだけに心の狭い楽しみをひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、次元の低い幸福だけです。広い考え方を持ち、自分ばかりでなく世の中の他の人々にも関心を示してはじめて大いなるものと歩調を共にするような、次元の高い幸福を手にすることができる。そうした幸福は、とかくひどい痛みを伴います。幸福とたんなる痛みを分ける方法はただ一つ。こうあるべきだと魂が感じ、あらゆるものの中から選んだかどうかです。


岡村正

世界が直面する問題点を、いかに正しく予測できるかが最も大事。将来の事について正確に予測するのは難しいと思いますが、常に頭の中が整理されている状態を保てなければ経営者として務まらないでしょう。


マーク・ザッカーバーグ

人々が情報をもっとオープンに交換するようになれば、世界はもっと良い場所になる。フェイスブックはその実現を助ける。


石川善樹

工夫・改善は成果を出しやすく、成果が出れば自信につながり、やり抜けるようになる。好循環が生まれる。


岡野雅行(岡野工業)

いまの日本のモノづくりを見ていると、大丈夫かなと思うところはたくさんあるけれど、トヨタは凄いと思う。あの会社はものの考え方が違うからね。うちには難しい仕事ばかり持ってくる。それで失敗してもいいからっていって、本当に失敗してもちゃんと対価を払ってくれる。ただし、失敗の過程を全部レポートにしてくれと言うんだ。


新井直之(執事)

これまでお仕えしてきた国内外の大富豪の皆様に共通する習慣、それは質の高い睡眠を追求する姿勢です。かつてあるベッドメーカーが「人生の3分の1は眠っている」というコピーを使っていましたが、実際、私たちは人生の20年以上をベッドや布団の中で過ごしています。この膨大な時間を快適で有意義なものにすることに大富豪は強いこだわりを持っています。巨額のお金を動かしたり、仕事で重大な決断をすることが多い大富豪は、睡眠の質がそのまま翌日のパフォーマンスにつながることをご存知だからです。