名言DB

9419 人 / 110788 名言

清武英利の名言

twitter Facebook はてブ

清武英利のプロフィール

清武英利、きよたけ・ひでとし。日本のジャーナリスト、球団経営者。「読売巨人軍」球団代表。宮崎県出身。立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。中部本社社会部長。東京本社編集委員、東京本社編集局運動部長などを経て読売巨人軍取締役球団代表を務めた。『しんがり 山一證券 最後の12人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

清武英利の名言 一覧

人間は不条理な世界に生きている。だが、朝起きて窓越しに見るぼんやりした空あかりを頼りにして生きていくしかない。


意外かもしれませんが、潰れる会社、大きな問題を起こす会社は、ゆるく働いている人にとっては「いい会社」。


優しいということは、つまり自分にも他人にも甘いということ。


勤め先が倒産するとかしないとか、再就職に出遅れるとか先んじたとか、そんなことで人生を左右されてはいけない。それでも続いていく人生の大波小波を、その場その場できちんと清算しながら納得して歩んでいけるか。そのことがもっとも重要。


「そもそも人間は弱いものなのだ」と肝に銘じて、それを前提にシステムを構築していかなくてはいけない。ですが、沈没していく多くの企業はそれができていません。


「何かおかしいな」と感じたときに社員が速やかに行動できるか、しかるべき部署に通報できるか。社内のアラートシステムがスムーズに機能するよう工夫するのが上層部の役目。


(20年前に破綻した山一証券の社員たちにインタビューした結果)彼らから学んだことは、人間は大体のことは何とかなるのに、一つの職場に安住すると夢を忘れ、そこから飛び出さなくなるということだ。しかし、4大証券の一角から破綻に追い込まれ、文字どおり背水の陣で道を切り拓いていったからこそできたのだろう。元社員が転じた先は金融機関の周辺だろうという思い込みがあったが、彼らの生き方は私の想像をはるかに超え、実にバラエティーに富んだ人生を歩んでいた。


清武英利の経歴・略歴

清武英利、きよたけ・ひでとし。日本のジャーナリスト、球団経営者。「読売巨人軍」球団代表。宮崎県出身。立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。中部本社社会部長。東京本社編集委員、東京本社編集局運動部長などを経て読売巨人軍取締役球団代表を務めた。『しんがり 山一證券 最後の12人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

他の記事も読んでみる

武田信繁

勤めに出る場合は、朝食も夜のあけ切らないうちにすませて、常に敵前において陣屋から出立するような気持ちで出て、再び家へ帰り着くまで少しの油断もしてはいけない。「緊張は災害を防ぎ、油断は大敵である」という言葉もある。


大山健太郎

企画書について一つ申し上げると、企画書は稟議書ではない、ということです。社員が出した企画書をチーム長が見て、課長が見て、部長が見て……段階を踏むことに意味があるのか。情報は伝達すればするほど先細ってしまいます。最初のアイデアの尖った部分が、段階を踏むことで丸くなってしまう。当初はユーザーの不満を拾い上げていたのに、いろんな上司の考え、部署や会社の都合が入り込んでしまう。ならば、最初から社長を含めて様々な立場の人間が同じ場で意見をぶつけあい、検討する機会があればいい。それが弊社の新商品開発会議です。


セネカ

高い年齢に達した老人が、長い間生きてきたことを証明する証拠として、年の功以外には何も持っていない例がよくある。


小池淳義

最適な解と最適なビジネスモデルをつくることが一番大事。枠にとらわれずに新しい方向に向けて新しいモデルを構築することが大切。


小田玄紀

米エアビーアンドビーの進出によって民泊が広がると話題になったので、民泊関連を手掛けようと思ったのですが、途中で風向きが変わった。「民泊は違法」という見解が出てきたので、「何か違うビジネスができないか」と考えました。そこで気が付いたのは、民泊の価格はそれほど安いわけではない。にもかかわらず民泊が選ばれているのは、既存のホテルでは対応できない需要があるからではないかと思い至りました。例えば、5人家族の場合、既存のホテルでは3部屋とかに分かれて泊まらなければならなかったりする。また、海外の方は長期に滞在する人も多い。そうした人たちのニーズの受け皿が民泊しかないからブームになっているのではないか。そうしたニーズに応える宿泊施設を造れば、利用が広がるだろうと考えて方向を転換しました。


藤田晋

ブログでは、読み手のツッコミどころが多いほうがいい。そのほうが、読み手のコメントを引き出すことができます。ブログのなかで、もっとも読んでいて楽しいコンテンッがコメント欄です。コメントもコンテンツになる。これが面白い点なのです。


青野慶久

会社としての価値観が浸透すると、それに共感する人が集まってきます。結果的にポジティブ・フィードバックでもっといろんなことをやってみようという雰囲気も生まれます。


山木一彦

会議でも難しいことを難しく言う人がいますが、言っている本人がわからなくなっては本末転倒。


後藤勇人(コンサルタント)

毎朝、自分の目標を常に意識して過ごし始めたら、例えば2店舗目にふさわしい立地とか、どこに優秀な美容スタッフがいるのかといった、いままで見落としていた情報がアンテナに引っかかるようになったんです。必要な情報が手に入れば、目標達成までの筋道が見えて、迷わずに行動できるようになる。


エリック・シュミット

最終的に目指すのは情報集めの検索ではなく、情報の意味を本当に理解できるようなサービスです。