名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清武英利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清武英利のプロフィール

清武英利、きよたけ・ひでとし。日本のジャーナリスト、球団経営者。「読売巨人軍」球団代表。宮崎県出身。立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。中部本社社会部長。東京本社編集委員、東京本社編集局運動部長などを経て読売巨人軍取締役球団代表を務めた。『しんがり 山一證券 最後の12人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

清武英利の名言 一覧

人間は不条理な世界に生きている。だが、朝起きて窓越しに見るぼんやりした空あかりを頼りにして生きていくしかない。


意外かもしれませんが、潰れる会社、大きな問題を起こす会社は、ゆるく働いている人にとっては「いい会社」。


優しいということは、つまり自分にも他人にも甘いということ。


勤め先が倒産するとかしないとか、再就職に出遅れるとか先んじたとか、そんなことで人生を左右されてはいけない。それでも続いていく人生の大波小波を、その場その場できちんと清算しながら納得して歩んでいけるか。そのことがもっとも重要。


「そもそも人間は弱いものなのだ」と肝に銘じて、それを前提にシステムを構築していかなくてはいけない。ですが、沈没していく多くの企業はそれができていません。


「何かおかしいな」と感じたときに社員が速やかに行動できるか、しかるべき部署に通報できるか。社内のアラートシステムがスムーズに機能するよう工夫するのが上層部の役目。


(20年前に破綻した山一証券の社員たちにインタビューした結果)彼らから学んだことは、人間は大体のことは何とかなるのに、一つの職場に安住すると夢を忘れ、そこから飛び出さなくなるということだ。しかし、4大証券の一角から破綻に追い込まれ、文字どおり背水の陣で道を切り拓いていったからこそできたのだろう。元社員が転じた先は金融機関の周辺だろうという思い込みがあったが、彼らの生き方は私の想像をはるかに超え、実にバラエティーに富んだ人生を歩んでいた。


清武英利の経歴・略歴

清武英利、きよたけ・ひでとし。日本のジャーナリスト、球団経営者。「読売巨人軍」球団代表。宮崎県出身。立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。中部本社社会部長。東京本社編集委員、東京本社編集局運動部長などを経て読売巨人軍取締役球団代表を務めた。『しんがり 山一證券 最後の12人』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

他の記事も読んでみる

加賀見俊夫

東京ディズニーランドの30周年となる2014年3月期は、おかげさまで3000万人を超えるゲスト(お客様)が来園される見込みです。ただ、アニバーサリーイヤーの翌年は反動が出るもの。3000万人というゲスト数に慢心して、これを基に事業計画を描いては過大投資になりかねません。


満尾正

心を明るく保つことは意外に簡単に実践できます。たとえばストレスは、睡眠を改善するだけでも大幅に軽減できます。早寝早起きの「朝型生活」に切り替えれば通勤ラッシュも避けられ、静かなオフィスで仕事に専心できるなど、ストレスフリーかつ効率的な時間の使い方が可能となります。


堀場雅夫

私はベンチャー育成機関の集まりなどによく招かれますが、半分は学者と役所の人で、本当にベンチャーをやってきたのは私くらいです。七転び八起きというけれど、ベンチャーは「一転びアウト」の怖さがある。そういう怖さを知ったうえで、ベンチャーの育成策を議論しなければなりません。


井上ゆかり(経営者)

日本人同士のコミュニケーションはラクなんです。アラインメントにも、エンゲージメントにも時間を費やさなくてよかった。でも、日本に戻ってからは、日本人の部下にもそれをやりました。やらないと自分が気持ち悪くて(笑)。やってみると、私も部下も、とても心地よく仕事ができたんです。


松本幸夫

アイデアが浮かばなくても、少しでも書き始めることで考えがまとまる。


原田泳幸

社員からのミーティングの要請があって私に時間がない場合は、固定的な予約にせず随時空いた時間を活用します。ですから、歩いている時間やエレベーターの中で社員からの相談に応じることも珍しくありません。


冨安徳久

階段を一段ずつ登らなければ、二階には行けません。確実に一歩ずつ進むのが最短だと思っています。


マイケル・ゲルブ

現代の心理学研究は、知能の本質と範囲を広げただけでなく、人間の潜在能力の大きさについても驚くべき事実を明らかにした。その結果を要約すると次のようになる。「あなたの頭脳はあなたが思うよりずっと優れている」。


坂野尚子

自分が元気になれる人に会うための時間は、どんなに忙しくても最優先で確保するようにしています。


厚切りジェイソン

日本人は「俺なんか成功できないだろうな」とネガティブシンキングになり、失敗する方向で物事を考えがち。僕は逆に成功することを前提に、やりたいことを全部やろうとする。失敗するまでは、失敗のことは考えません。


藤井隆太

会議では売れない理由はまずわからない。感覚がズレているから会社がへたってしまったわけで、そういうズレた人たちがいくら会議で頭をひねらせても、まともな判断などまず下せない。


田中邦彦

うちはアイデアで勝負してきただけに、地元では私のことを「なにわのエジソン」なんて言う人もいます。でも、私は企画の天才でも発明家でもありません。強いて言うなら、四六時中モノを考えているからでしょう。