名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清家篤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清家篤のプロフィール

清家篤、せいけ・あつし。日本の経済学者。慶應義塾長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助手、助教授、教授、商学部長などを経て慶應義塾長に就任。そのほか、社会保障制度改革国民会議会長、社会保障制度改革推進会議議長などを務めた。

清家篤の名言 一覧

「グローバル・ニッチ・トップ」といわれるような競争力があれば、地方でも成功させることはできる。


経営をする上で、トップダウンとボトムアップのどちらが重要かと言われますが、私は両方とも大事であり、そのバランスこそ肝要。


どんなにIT化やロボット化が進んでも、人にしかできない仕事がある。


もともと持っている力をさらにバージョンアップし、磨きをかけていくことが大切で、間違っても今まで日本の企業が持っていた美質を捨て去るようなことはしてはならない。


手塩にかけて人材を育ててきたのが日本企業の強みであり、ここを疎かにしてはならない。


人間力とは、自分の頭でものを考える力でもあります。今日のような大きな構造変化の時代、新しい状況を自分の頭で理解し、その理解に基づいて問題を解決できること。借り物の考えではなく、自分の頭でものを考えることができる力です。


人々に対する、あるいはマーケットに対する洞察力を身に付けるためには、一般教養、リベラルアーツ教育が重要です。内外の歴史をよく学んでいる、あるいは異文化をよく理解できる。そういったことがとても大切になります。


創造性のある仕事をするためには、やはり学問をしておかなければなりません。学問というのは、まさにクリエイティブな仕事です。今まで答えのなかった問題に答えを見つけることが学問なわけですからね。


少しでもマシな選択などというのはあまり格好良いものとはいえないかもしれませんが責任ある決定とはそういうもの。難しい問題を公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)を働かせ決断していく。これが慶應義塾塾長の仕事の一番大切な部分だったと思います。


福沢は学者は国の「奴雁(どがん)」であるべきだと唱えています。雁の群れが餌をついばんでいる時1羽だけ四方の様子をうかがい警戒する雁を奴雁という。学者もそういう役割を果たすべきで、人々が時勢に流されているような時に一人歴史を顧み現状を冷静に分析し、将来のために大切なことは何かを考えるべきだと言うのです。


社会保障制度改革では私たちが享受している豊かな長寿社会とそれを可能にした社会保障制度をどう将来世代に伝えていくか、将来のため何が大切かを最重視すべきです。持続可能性を高めるには社会保障制度改革に加えその支え手を増やすことが重要。


慶應義塾塾長時代、厳しい局面がいくつもありましたが、いずれも対処の際に念頭に置いていたのが福沢諭吉が『文明論之概略』で唱えた「公智」です。『文明論之概略』で福沢は、あらゆる事柄を相対的にとらえるべきだと強調しています。そして徳と智をさらに「私徳(心の内側の徳)」「私智(物事を理解する力)」「公徳(対社会的な徳)」「公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)」の4つに分け、そのうち最も大切なのは公智であると説いています。相対的により大切なものは何か。あちらを相対的により大切なものは何か。あちらを立てればこちらが立たずというトレードオフの関係にあるもののうちどちらを優先するのか。若いころから何度も読んできたこの本の中で、公智を働かせ、より大切なものを選び取っていくことの重要性を説いたこの部分こそ、福沢の真骨頂だと思っていました。


慶應義塾塾長に就任したのはリーマンショック直後。いきなり厳しい財政状況に直面しました。当時金融資産は約530億円の評価損を抱え、年度ベースの収支もマイナスという危機的状況。ちょうど慶応の創立150年記念事業も進んでいました。この時何より優先すべきと考えたのは学校の持続可能性です。財政再建のため150年記念事業の一部を凍結し、各学部などからの予算要望も相当削りました。金融資産についてもリスクが小さくなるよう構成の組み換えを進めました。


清家篤の経歴・略歴

清家篤、せいけ・あつし。日本の経済学者。慶應義塾長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助手、助教授、教授、商学部長などを経て慶應義塾長に就任。そのほか、社会保障制度改革国民会議会長、社会保障制度改革推進会議議長などを務めた。

他の記事も読んでみる

所ジョージ

先日、司会を務めたテレビ番組で子供の発明特集をやったんです。たとえば、トイレットペーパーを引っ張ると、その力によって滑車を使った装置が動き出す。どれだけの紙を使ったかの量がひと目でわかる発明品とかね。どれも自由な発想で面白いんですよ。きっと大人は作らないだろうなってシロモノばっかり(笑)。「特許取得はムリだから」とか、「類似商品があるだろうな」とか、頭の中で想像してなんかやりませんよ。でも、子供は一途に集中して取り組むんですね。自分の発想を形にできただけで大満足なんです。私は、その行為がタネになって、いつか花を咲かすと思っています。


榊淳

どこのサイトでも同じ商品が並ぶようになる。そうするとお客さんは商品の差別性よりも、どこが買いやすいかなど、マーケティング視点から選び始める。


佐久間昇二(佐久間曻二)

理念で結ばれて初めて、お得意さまとの関係が作れる。


田中健二(農業経営者)

農業は今のままだと、あと10年持たないよ。農家がどんどん年取ってるし、補助金に頼り続けるのも限界があるし。若い人に就農させて、産業として自立させないといけない時期に来ているよ。


久我一総

ユーザーの満足度調査の時、注目したのはフリーコメント欄です。「満足」と回答しても不満をお持ちのこともある。そこにヒントがあるはずなんです。


寺澤芳男

マーケットエコノミーはすべて民が主導し、マーケットがすべてを決めていきます。したがってマーケットエコノミーには、どうしても次の二つのことが必要です。ひとつは自由競争です。競争がフェアで、ちゃんとした情報がディスクローズ(公開)されていて、誰もが同じような情報を手に入れることができて、はじめて自由な競争ができるということです。もうひとつは自己責任です。競争に勝っても負けてもその責任は個々の人にあることを知らなければならない。


プラユキ・ナラテボー

頑固で融通が利かない人、固定観念に縛られて変化に適応できない人は、ストレスに見舞われやすいし、既成概念にとらわれてしまって新規なアイデアも湧きにくい。一方、瞬間瞬間の出来事や体験に対して、価値判断をせずに、意図的に注意を払うことができるようになっていくと、自分のフィルターを通してではなく今ここで起こっていることをあるがままに平らかな心で受け取れるようになる。すると、どんな出来事に直面しても、自身の色メガネや既成概念にとらわれない柔軟な発想で、事態を肯定的にとらえることができ、ストレス緩和効果や創造的なアイデアの発現が促されるのである。


塚田健雄

私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


酒巻久

最初から「やったことがないからできません」などと決して言わないでほしい。仕事は新しいことに挑戦することだから、あなたがやったことがないのは当たり前。難しい問題をどう乗り越えるか、情熱を燃やして主体的に考えながら、前に進んでほしい。


西村克己

仮説力を鍛えるには、仮説を恐れずどんどん立てることが大事。まずは身近なところからトレーニングをしていきましょう。たとえば、テレビでCMを見たとき、その商品が売れる理由を考えてみる。できるだけたくさん、いろいろな角度から考えてみるのがポイント。置く場所、価格、生活スタイルなどから思いつきそうですね。じつは私たちは普段から無意識に仮説を立てています。それを立てっぱなしにせず、検証して新たな仮説につなげる。このサイクルを体に慣れさせましょう。


ジェームズ・ドゥティ

気をつけなければいけないのは、マインドフルネスだけで、すべてのことが解決するわけではないということ。そして、他者への思いやりだけではなく「セルフコンパッション(自分に対する優しさ)」を忘れないこと。自分に対して否定的でネガティブな感情が起こっていたら、その部分に優しく接するのです。マインドフルネスは、自分の思考に対して批判や判断をしない状態ですが、さらに、自分の感情や考えに思いやりを持つ。これができれば、他者に対しても同じように接することができます。


森山透(経営者)

当社の約150のグループなどの部署がマニフェストを掲げています。誰もが見ることができ、変更箇所があれば変えてもいいもので、分かりやすいのが特徴です。