名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清家篤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清家篤のプロフィール

清家篤、せいけ・あつし。日本の経済学者。慶應義塾長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助手、助教授、教授、商学部長などを経て慶應義塾長に就任。そのほか、社会保障制度改革国民会議会長、社会保障制度改革推進会議議長などを務めた。

清家篤の名言 一覧

「グローバル・ニッチ・トップ」といわれるような競争力があれば、地方でも成功させることはできる。


経営をする上で、トップダウンとボトムアップのどちらが重要かと言われますが、私は両方とも大事であり、そのバランスこそ肝要。


どんなにIT化やロボット化が進んでも、人にしかできない仕事がある。


もともと持っている力をさらにバージョンアップし、磨きをかけていくことが大切で、間違っても今まで日本の企業が持っていた美質を捨て去るようなことはしてはならない。


手塩にかけて人材を育ててきたのが日本企業の強みであり、ここを疎かにしてはならない。


人間力とは、自分の頭でものを考える力でもあります。今日のような大きな構造変化の時代、新しい状況を自分の頭で理解し、その理解に基づいて問題を解決できること。借り物の考えではなく、自分の頭でものを考えることができる力です。


人々に対する、あるいはマーケットに対する洞察力を身に付けるためには、一般教養、リベラルアーツ教育が重要です。内外の歴史をよく学んでいる、あるいは異文化をよく理解できる。そういったことがとても大切になります。


創造性のある仕事をするためには、やはり学問をしておかなければなりません。学問というのは、まさにクリエイティブな仕事です。今まで答えのなかった問題に答えを見つけることが学問なわけですからね。


少しでもマシな選択などというのはあまり格好良いものとはいえないかもしれませんが責任ある決定とはそういうもの。難しい問題を公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)を働かせ決断していく。これが慶應義塾塾長の仕事の一番大切な部分だったと思います。


福沢は学者は国の「奴雁(どがん)」であるべきだと唱えています。雁の群れが餌をついばんでいる時1羽だけ四方の様子をうかがい警戒する雁を奴雁という。学者もそういう役割を果たすべきで、人々が時勢に流されているような時に一人歴史を顧み現状を冷静に分析し、将来のために大切なことは何かを考えるべきだと言うのです。


社会保障制度改革では私たちが享受している豊かな長寿社会とそれを可能にした社会保障制度をどう将来世代に伝えていくか、将来のため何が大切かを最重視すべきです。持続可能性を高めるには社会保障制度改革に加えその支え手を増やすことが重要。


慶應義塾塾長時代、厳しい局面がいくつもありましたが、いずれも対処の際に念頭に置いていたのが福沢諭吉が『文明論之概略』で唱えた「公智」です。『文明論之概略』で福沢は、あらゆる事柄を相対的にとらえるべきだと強調しています。そして徳と智をさらに「私徳(心の内側の徳)」「私智(物事を理解する力)」「公徳(対社会的な徳)」「公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)」の4つに分け、そのうち最も大切なのは公智であると説いています。相対的により大切なものは何か。あちらを相対的により大切なものは何か。あちらを立てればこちらが立たずというトレードオフの関係にあるもののうちどちらを優先するのか。若いころから何度も読んできたこの本の中で、公智を働かせ、より大切なものを選び取っていくことの重要性を説いたこの部分こそ、福沢の真骨頂だと思っていました。


慶應義塾塾長に就任したのはリーマンショック直後。いきなり厳しい財政状況に直面しました。当時金融資産は約530億円の評価損を抱え、年度ベースの収支もマイナスという危機的状況。ちょうど慶応の創立150年記念事業も進んでいました。この時何より優先すべきと考えたのは学校の持続可能性です。財政再建のため150年記念事業の一部を凍結し、各学部などからの予算要望も相当削りました。金融資産についてもリスクが小さくなるよう構成の組み換えを進めました。


清家篤の経歴・略歴

清家篤、せいけ・あつし。日本の経済学者。慶應義塾長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助手、助教授、教授、商学部長などを経て慶應義塾長に就任。そのほか、社会保障制度改革国民会議会長、社会保障制度改革推進会議議長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

日頃からさまざまなものに好奇心を持つことが大切。いつどんな場面で、自分の好奇心をくすぐるものと出会えるかわかりません。そういった機会はどこにでも転がっていますから、いつでもアンテナを張っていることが大事。


都築明寿香

私がアメリカに留学していた頃、サンフランシスコでは多数のベンチャー起業ブームが起きていて、ベンチャーキャピタルができ、インキュベーション施設も立ち上がり始めていました。帰国すると、東京でも起業ブームが始まっていたのですが、学生も起業家もみな若くて実績がないので、オフィスや資金を借りることができず困っていたのです。一方で、彼らのようなロールモデルを育てることがとても大切だと考えていました。当時はまだアントレプレナーシップや起業家教育というものがなかったので、インキュベーション施設をつくり、資金面の援助と場所の提供、それにリーガルサービスなど専門家の紹介といったお手伝いをしたのが(起業支援施設ハッチェリー渋谷の)スタートでした。


片野坂真哉

日本は産業政策としてもっと競争を促すべきだと思います。市場で敗退した企業が消えて、新しいチャレンジャーが育つ環境を作らないといけない。


田中英成

「エンドユーザーファースト」で物事を考えています。どうやったらお客様が一番喜んでくれるか。それを最優先する。そうでなければ、工程を増やして余分なコストが掛かるようなことはできません。でも当社はそこにこだわる。その思想を開発から工場、流通に至まで一貫して持っています。それがメニコンブランドの誇りです。


町村敬貴

私は一介の牛飼いである。世間から見れば変わり者の一生かもしれない。しかし私は自分の履歴を悔いない。私は毎日、牧場で若者たちと一緒に働いているが、とにかく牛と接すると気分が爽やかになるのだ。この気分の爽やかになるというのは、昔の武芸で奥義に達したということに通ずるものがあると思う。牛に接したときの気持ちは、私の81歳の全生涯を通した結果なのである。


岩下秀麿

経営者自身が意識改革をして、社員一人ひとりが放っておいてもフル回転するような職場環境をつくれば、非常に豊かな時代が始まる。キーワードは、責任と貢献と実践。


経沢香保子

リクルート在籍当時の私の目的や目標は、営業成績の結果を出すことと、お客様に喜んでもらうこと。じゃあ、そのためにどうするのかといったら、誰よりも働くしかないと思いました。資料を集めて下調べをして、わからないことは社内の詳しい人から教えてもらう。そして、できるだけ多くの顧客を訪問しました。最初に目的や目標を定めたからこそ、時間やお金の使い方も必然的に決まったわけです。


三木雄信

ソフトバンクも最初はヒト・モノ・カネのリソースが不足していたため、大きな事業を展開することができませんでした。低リスクの小さな事業からスタートし、その領域でトップシェアを得てから、それを武器により大きな事業へと発展させていったのです。


清水克彦(報道キャスター)

毎週木曜日を「ないもの」として予定を一切入れないようにしています。天引きするんです。すると、月~水の間に仕事が滞ったり、予定が狂っても、天引きした木曜日で調整ができます。体調に影響されずに仕事がはかどるわけです。天引きすると他の曜日がハードになるようですが、逆です。「月火水金で終わらせなきゃ」とかえって集中でき、ダラダラしない。時間管理が下手な人にお勧めの仕組みです。


山口周

仕事はきちんとしなければいけません。けれども、どこかで線を引かないと、無限に時間を奪われることになります。


竹田弘太郎

復旧が一段落してのち、被災中、鉄道の全線が寸断され通信もまったく不通の中で、緊急の措置によって、旅客の安全をはかった従業員を表彰することになり、労務部で調査したところ、表彰を受けるものの多くが日ごろ上司の付けている人事考課が良くないのに気が付いた。


塙昭彦

これまで誰もやっていないなら、お客さんが入るか入らないかも分からない。まずはやってみよう!