名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清家修吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清家修吾のプロフィール

清家修吾、せいけ・しゅうご。日本の経営者、一級建築士。注文住宅の「コラボハウス」創業者。愛媛県出身。

清家修吾の名言 一覧

当社は2年ごとに社長を替えています。社長が次々に代わることで、社内に「上に頼らず、何事も自分たちで解決しよう」という空気が醸成される。


清家修吾の経歴・略歴

清家修吾、せいけ・しゅうご。日本の経営者、一級建築士。注文住宅の「コラボハウス」創業者。愛媛県出身。

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

論語には自分が何か問題に直面したときに答えとなる言葉が必ず潜んでいます。論語は孔子と高弟の言行を記録したものですが、二千数百年以上も前の言葉が、いまも生きた言葉として我々の心に響き、あるいは突き刺さってくるのです。人間が生きていくうえで必要なもの、大切なこと。その真髄は、大昔から何も変わっていないということなのでしょう。


堤康次郎

国民の政治に対する不信ほど恐ろしいものはない。


高城幸司

単に面識があるというだけでは意味がない。自分のために動いてくれる人こそ人脈であり、その人数を増やしていくのが人脈づくり。


熊谷正寿

脳細胞の数も24時間という時間のリソースも、人間はみな同じ。それなのに同じことをして違うアウトプットを出すのは論理的に無理。ですから時間の使い方も考え方も行動も、人と同じことはしない。


南原竜樹

ストレスは悪いことじゃない。例えば、会計事務所で働いている知り合いの女性は、仕事が多くてすごいストレスだと言っていたけど、その忙しいおかげで、おそらく彼女はわずかな間に事務処理能力がものすごく上がっている。それで彼女は引く手あまたになって、いろいろなところから声がかかるようになった。ストレスを与えられて強くなれるのは、人間だけだと思う。


尾藤克之

ある会社に転職したときのことです。社内に赤字続きで資金が回収できず潰れそうなプロジェクトがありました。私は上司にこう言ったのです。「僕にやらせてください! やれるだけのことはやってみます」。あとは最低限のお金の回収や、顧客との関係調整など、撤退に向けての事務作業=敗戦処理に専心しました。プロジェクトを成功させようなどという努力はしなくてOK。なぜなら、これまでも八方手を尽くしてきたわけで、正直そんなもの誰がやろうと、業務改善なんてできないからです。そして実際に撤退となったのですが、私の評価は落ちるどころか、大きく上がったのです。そもそも瀕死状態ですから、最初から成果は求められてません。そしてやるのは事務処理や調整だけなので、少し頑張ればすぐ結果が出て、「火事場の処理がうまい人」という印象になったのです。加えて「火の中に飛び込む度胸のあるやつ」「器のでかい男」という評価も得られました。ワラをもつかむ思いだったプロジェクト内の人たちは、私に大きな恩義を感じてくれたはず。上司からは部の成績の下げ止まりの功労者として評価され、みんなにいいことだらけでした。そう、ポイントは、「プロジェクトが撤退する寸前で手を差し伸べる」ことです。


日野原重明

私には使命がありますから、疲れている暇などありません。前進、前進、前進です。


坂本孝

料理の世界には「3年間の皿洗いを耐えた者だけが一流の料理人になれる」という考え方があるようですが、当社では皿洗いで一流の料理人が育てられるとは考えていません。世界の舞台で勝つためには、2年で副料理長レベルの腕前を育てる仕組みを持たなければならない。


松本侑子

知りたい、調べたいと思ったら、すぐ行動します。情熱が冷めないうちに動くのがポイントです。


桑原祐

ロジカルシンキングというと、数学の問題を解くように、論理的に正解を導く思考プロセスをイメージする方も多いかもしれません。しかし、問題が既に書かれている数学の試験とは違って、ビジネスではまず問題を定義することが必要です。問題が間違っていれば、そこからどんな答えを導いても、正しい判断には至りません。


大坂靖彦

強者は頭がよく自信もありますから、自分のノウハウ以上に枠を広げるのが苦手です。一方、弱者は何千人もの強者の情報を、躊躇することなく自分の中に取り込める。


増井俊介

今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。