名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

清宮俊之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清宮俊之のプロフィール

清宮俊之、きよみや・としゆき。日本の経営者。ラーメンチェーン「一風堂」などを展開する「力の源ホールディングス」社長。神奈川県出身。日本大学卒業後、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)を経て力の源カンパニーに入社。執行役員などを経て社長に就任。

清宮俊之の名言 一覧

お客様と直に接しているメンバー(スタッフ)が主役。彼らが輝ける仕組みや風土をつくっていくのが僕の仕事。


振り返っている場合ではない、前を向いて頑張らなくては。


儲かるかどうかといった短期的な視点ではなくて、ビジネスで何を実現したいのか、旗印をどこに置くのか、ここが定まっている人は挫折しないと思う。


企業理念である「変わらないために変わり続ける」という文化はしっかり守ろうと決めました。今後も「壊しながら守る」という手法を続けていくつもりです。


失敗することを恐れて守りに入るのではなく、自ら変化していかねば生き残れない。


現地の文化がすでにインストールされているかどうかで、海外展開のしやすさは随分と変わる。新卒採用においても、外国籍の方も積極的に採用しています。


座右の銘は「過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる」。他人は変えられないから、自分を、未来を変えるしかない、常に自分で動くしかないんだという意識で日々尽力しています。


現在、全社員で創作ラーメンを競い合う「ラーメン総選挙」というイベントがあります。去年はカレーラーメンをお題とし、優勝した商品は全国に季節限定ラーメンとして提供されました。賞金も50万円と豪華です。今後もこのようなイベントをキャリアステップとしていけるような会社にしていきたい。


今、うどんがかつてのラーメンに近い形でブームになっているため、その次はそばかなと予想し、準備しているというわけです。ラーメンにこだわらず、生活者が豊かになるものを提供してきたいですね。


海外出店をメインに一風堂を展開する計画です。海外出店が増えるので、近い将来、国内150店舗、海外200店舗というように、海外の店舗数が国内を上回る日が来ます。そうなったら既存の会社の考え方では対応できないだろうと予想しています。


海外展開を進める我々にとって欠かせないのが外国人スタッフです。よく人手不足から外国人を雇用するというネガティブな話を耳にしますが、当社の場合は全く逆で、グローバルブランドを目指す上で必要だと考えて積極的に取り組んでいます。


単純に売り上げだけを考えるのであれば、路面で「一風堂」を出すのが最も手っ取り早いと思いますが、それでは面白みがありません。非効率であっても色々なチャレンジをすることが力の源グループの特色なのです。


40歳を目前にしたとき「自分の力を試してみたい」と思い立ち、自分の存在や過去の経験が直結しない場所への転職を考えました。そこで出会ったのが力の源カンパニーです。飲食業界はもともと学生時代にアルバイトをした経験があったため馴染みやすく、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と同じ総合的なエンターテインメントを目指している会社だったので同じ感覚でとらえることができ、大いなる可能性を感じて入社を決めました。


誰かにすごく良いビジョンがあっても現場が追いついてなければ、ビジョンはただの絵空事です。その逆に、実行力があってもビジョンがないと何も組みあがらない。やっぱり上下左右斜め、あらゆる方向にあるヒト・モノ・カネを誰かがつなぎ合わせなければならない。そういう役割をやる人がいないと、会社や組織は成立しません。もし私が人より秀でた部分があるとすれば、チームをつくるという「実現力」なんだと思います。


世界展開を進める力の源ホールディングスですが、実は「一風堂」での出店にこだわっているわけではありません。例えば先程例に出したニューヨークも、4店舗のうち「一風堂」は2店で、残りはフードコートタイプの「黒帯」です。これはニューヨークの一風堂で提供していた鶏ベースのラーメンが好評だったことを受けて、現地で立ち上げた新ブランドです。我々はあくまでラーメンという商品を軸にした店舗の展開を進めていて、特定のブランドや業態だけにこだわっていません。


海外には非常に幅広く展開しています。正直なところ、非効率的なやり方だと思います。それにもかかわらず何故こうしたやり方を貫いているのかというと、設定している目標がそもそも高いからです。30店や50店規模の計画であれば、特定の地域でドミナント的に出店した方が色々な面で効率が良く、展開は容易だと思います。我々は、当面の目標として、直営・ライセンス・JVなど形態は様々ですが海外200店舗に到達させたいと考えています。世界中で日本の食と文化の価値を広めていきたい夢があるので、非効率であることを理解したうえで色々な国・地域に出店しているのです。


清宮俊之の経歴・略歴

清宮俊之、きよみや・としゆき。日本の経営者。ラーメンチェーン「一風堂」などを展開する「力の源ホールディングス」社長。神奈川県出身。日本大学卒業後、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)を経て力の源カンパニーに入社。執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

堀内信之(経営者)

現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


福沢諭吉

空想というのは実行の根源であって、人間社会の進歩は、すべて空から実を生じたものである。


澤上篤人

ほとんどの投資家が「儲かりそうな銘柄」を追い求めるのに対し、我々長期投資家は「儲かってしまう銘柄」を厳選しようとする。我々長期投資家の銘柄選別の基準は5年、10年応援し続けたいと思える企業かどうかだ。長期的に見て投資価値を高めていってくれる企業で、「このままずっと頑張ってよ」と熱く応援したい銘柄を選ぶわけだ。企業を応援するという意識さえ高めれば、株安時にどんどん買えるじゃないか。投資なんて安い時に仕込んでおけば楽なもの。ちょっと高くなるだけで、どこで売っても利益が出る。これが、「儲かってしまう」ということだ。


和田浩子

ウィスパー(P&Gの生理用品)のキャンペーンでは、実施部隊にかなり高いレベルのパフォーマンスを要求しました。考えてみてください。キャンペーンにかかる費用は、最終的には商品を買ってくださるお客様からいただいているお金なのです。そのお金が正しく使われないと、お客様に対して失礼です。


山本護

社長に就任したとき、「笑顔日本一のホテル」というスローガンを掲げた。笑顔でいれば、自然とお客様との会話が弾み、たとえば「こんなレストランにいきたい」「今日は娘の誕生日」といったお客様の情報・ニーズを聞き出すことができる。それをもとに万全の対応をする。「笑顔のおもてなし」によって、格式重視の一流シティホテルとの差別化を図っていく。


高田明(ジャパネットたかた)

私個人の人気に頼っていては、会社を存続させていくことはできない。そう強く感じていることが、ジャパネットたかたが企業ブランドを強化する一番の理由です。私はただのおじさんですが、テレビ通販で知名度は高まり、それが当社の成長を支えてきました。しかしそれだけでは長続きしません。


シェイクスピア

求めて得られる愛は素晴らしい。
でも求めることなく与えられる愛はもっといい。


西成活裕

我々日本人は、脳を使って日本語発想で物事を考えながら、社会の中で生きる。脳について深く知り、外国語の発想を身につけ、社会との関係を学ぶことが、頭を柔らかくすることにつながる。


佐藤可士和

海外の人が一目見て「魅力的な東京」を連想するような、象徴的なものはあまり見当たりません。でもこれは不思議なことではないんです。東京の最大の魅力は、大自然でも世界遺産でも、東京タワーでもなくて、もっと「目に見えない価値」にあるからです。その価値とは何か。一言でいえば、「ハイクオリティー」です。商品やサービスだけでなく、そこで働き、暮らす人の精神性も含めて、世界のどの都市と比べてもレベルが高い。世界中の都市の中で、特に東京が突き抜けているのは、「安全さ」「清潔さ」「正確さ」の3つのクオリティーではないでしょうか。こうした「Tokyo Quality」こそ、東京という街の素晴らしさを象徴する「アイコン」なんです。


関根純

店舗の場所や時間帯によってもお客様の状況は変わりますので、一律の接客マニュアルはなく、お客様に最も喜んでもらえるサービスを提供する、という方針を貫いてきました。


佐藤優

数学的な思考回路を鍛えると、段取り力が磨かれる。いかに最短で解を出すかを必死で考えるからです。この段取り力が、そのまま仕事のスピード化に応用できる。


乙武洋匡

人生で唯一、失敗せずにすむ方法があります。それは、何もチャレンジしないことです。でも私は、そんな人生はイヤです。