名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

清原當博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

清原當博のプロフィール

清原當博、きよはら・まさひろ。日本の経営者。ホテルオークラ東京社長。学習院大学経済学部卒業後、大成観光(のちのホテルオークラ)に入社。京都ホテル取締役、ホテルオークラ執行役員、京都ホテル常務・専務、ホテルオークラ上席執行役員、京都ホテル専務などを経て、ホテルオークラ東京社長に就任。

清原當博の名言 一覧

最高の施設、料理、サービスは常に追求し続けるものであって、その形は無限大です。これがそうだと陳列したり、計量化はできません。その意味では50年前も現在も「いまがベスト」であり、「ベストへの途上」にあり続けているといえます。


ホテルオークラには50年培ってきたノウハウがあります。我々はそれを「紙一重の差のサービス」と呼んでいます。たとえば、「雨天のご来館時にはドアマンがサッと濡れた肩口をお拭きする」「タクシーの支払いに必要な両替用の千円札を用意する」などもそのひとつです。お客様がいま何を求められているのか、いないのかの紙一重を見極め、感動の高いサービスを今後も提供してまいります。


感動をお届けするのが、私たちのビジネスです。


ホテルでは何より現場の声が不可欠です。だからこそ自分の足で回ることが大切だと考えています。


毎朝7:30に各現場を回るように心がけています。そうすることで、会議に上がってこない生の情報が得られるからです。とくに日ごろは接する機会の少ない若い従業員と話すと、未知の課題に気づくことが多い。ときには会議で決まることよりもさらに大きな問題やアイデアを含んでいるケースもあります。


ホテルオークラが開業にあたって掲げたのは「世界に誇れる、日本独自のホテル」です。日本の和の文化をとり入れつつ、国際舞台で通用するホテルを目指しました。その精神はいまなお随所に息づいています。


清原當博の経歴・略歴

清原當博、きよはら・まさひろ。日本の経営者。ホテルオークラ東京社長。学習院大学経済学部卒業後、大成観光(のちのホテルオークラ)に入社。京都ホテル取締役、ホテルオークラ執行役員、京都ホテル常務・専務、ホテルオークラ上席執行役員、京都ホテル専務などを経て、ホテルオークラ東京社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤廣士(経営者)

各開発担当者の熱意や努力に対してマネジメント層には、オンリーワン製品に育つかどうかを判断する眼力、成果が出ることを待つ度量が求められています。


梶村尚史

ゲームやネットサーフィンを深夜に行なうのは不健康ですが、朝ならば覚醒を促せるのでメリット大。また、「朝食に美味しいパンを用意しておく」といった小さなお楽しみも、ベッドを抜け出す推進力になります。


大澤孝征

相手が正常であると理解することは、相手をきちんと罪に問えるということ。もし心神喪失と判断されれば、罪に問うことはできません。だから検事は、凶悪な犯罪であればあるほど相手の立場になり、「同じ人間として相手の理屈はわかる」と思えるかどうかを徹底して検証するのです。


市川海老蔵(11代目)

私は、舞台上の一秒に執念を燃やして生きています。そうすることで、舞台外での一秒一秒もとても大切に思えてきます。


紗栄子

たとえまわり道だと思えることでも、信じていれば報われる。


三木谷浩史

仕事はいつも血沸き肉躍るスリリングなものとは限らない。毎日毎日、退屈な仕事をしなければならないこともある。それを会社や上司のせいにして、手を抜いたり、いい加減な仕事をしてしまったら、自分が損をするだけだ。限りある自分の時間をドブに捨てるということだからだ。


佐藤康行

根本原因までさかのぼれば、先の戦争にその原因があると私は考えています。日本は第二次世界大戦で誰も望まない戦争に突入した。望まない戦争に人を送り出すには、命令で従わせるしかない。戦後、そうして人を動かしてきた人たちが、同じやり方で会社組織を運営してきた。そんな時代はとっくに終わっているのに、まだその意識が抜けないのが、コミュニケーション不全の遠因だと思います。


堀江徹

一般に欧米企業では、極端に言えば「優秀な人間は何としても確保するが、そうでない人間が辞めるのはしょうがない」と考えている。待遇面でも重要な人材に厚く、それ以外の人材に薄い。公正な「ひいき」をしている。日本企業はこの逆で、ワーカークラスに対しては賃金もよく、福利厚生も充実している。普通に働いている並のレベルの人材を、大きな差をつけずに全員昇給・昇格させる。本来「ひいき」されるべき優秀な人材、高業績を上げた人材が逃げていくわけである。


山村輝治

掃除関連の事業について、私どもは「クリーン・ケア事業」と総称しています。事業開始当初は、化学ぞうきん等の掃除用品を専門に扱っていましたが、ニーズの多様化など市場の変化を受けて、年々事業の幅を広げてきております。掃除に限定するのではなく、「きれい」というテーマを軸にして、様々な商品・サービスを取り扱うようになっているのです。


飯野正子

強調しておきたいのは長い人生の中で脇見をしたり、脇道に踏み込んでみるのはマイナスなどではない。


鳥羽博道

競争激化は喫茶店業界だけの戦いにとどまらない。ファストフードの大手ハンバーガーチェーンでも、コーヒーに力を入れる店が増えた。ネット社会の進展により、通信販売でコーヒー豆を売り、成果を上げている店も多い。それでも競争激化は、業界の健全な発展のためには歓迎すべき面があるのだ。


佐々木洋寧

たとえば、高齢者に多いガスレンジから衣服への引火や消し忘れによる事故は、オール電化にすれば未然に防げます。キッチンに限らずバスルーム、階段や玄関など、長年住んでいると気が付かないところにも危険が潜んでいるのです。当社は、そういった住宅の課題をリフォームで解決し、安心・快適な住環境を実現します。