清原當博の名言

清原當博のプロフィール

清原當博、きよはら・まさひろ。日本の経営者。ホテルオークラ東京社長。学習院大学経済学部卒業後、大成観光(のちのホテルオークラ)に入社。京都ホテル取締役、ホテルオークラ執行役員、京都ホテル常務・専務、ホテルオークラ上席執行役員、京都ホテル専務などを経て、ホテルオークラ東京社長に就任。

清原當博の名言 一覧

最高の施設、料理、サービスは常に追求し続けるものであって、その形は無限大です。これがそうだと陳列したり、計量化はできません。その意味では50年前も現在も「いまがベスト」であり、「ベストへの途上」にあり続けているといえます。


ホテルオークラには50年培ってきたノウハウがあります。我々はそれを「紙一重の差のサービス」と呼んでいます。たとえば、「雨天のご来館時にはドアマンがサッと濡れた肩口をお拭きする」「タクシーの支払いに必要な両替用の千円札を用意する」などもそのひとつです。お客様がいま何を求められているのか、いないのかの紙一重を見極め、感動の高いサービスを今後も提供してまいります。


感動をお届けするのが、私たちのビジネスです。


ホテルでは何より現場の声が不可欠です。だからこそ自分の足で回ることが大切だと考えています。


毎朝7:30に各現場を回るように心がけています。そうすることで、会議に上がってこない生の情報が得られるからです。とくに日ごろは接する機会の少ない若い従業員と話すと、未知の課題に気づくことが多い。ときには会議で決まることよりもさらに大きな問題やアイデアを含んでいるケースもあります。


ホテルオークラが開業にあたって掲げたのは「世界に誇れる、日本独自のホテル」です。日本の和の文化をとり入れつつ、国際舞台で通用するホテルを目指しました。その精神はいまなお随所に息づいています。


清原當博の経歴・略歴

清原當博、きよはら・まさひろ。日本の経営者。ホテルオークラ東京社長。学習院大学経済学部卒業後、大成観光(のちのホテルオークラ)に入社。京都ホテル取締役、ホテルオークラ執行役員、京都ホテル常務・専務、ホテルオークラ上席執行役員、京都ホテル専務などを経て、ホテルオークラ東京社長に就任。

他の記事も読んでみる

川本信彦

「変な人」というのは変な言い方ですが、日本人同士で隣にいる価値観や個性の異なる変な人をちゃんと受け入れることからしか、日本人のグローバリゼーションは始まらないのではないでしょうか。


池田弘(経営者)

成功の反対は失敗と思うかもしれませんが、本当は何もやらないことです。始めなければ成功も失敗も生まれません。


松下幸之助

些細なことをおろそかにしない心がけが人生を大きな成功へ導く。


畠中雅子

老後の収入源にしたいなら、いまの仕事の延長にある資格を一点集中して取得するべき。たとえば私のようなFPの場合、社労士、行政書士、宅建など。いまも将来も使えて、仕事が広がりますから。


持田英

社員に目標を与えることは重要だが、その目標は高すぎても低すぎてもいけない。この次も頑張ろうと思わせる程度の高さでないと、社員がいつの間にかついてこなくなる。


町田勝彦

2000年元旦よりスタートした液晶テレビキャンペーンは、その後も3年ごとにテーマを変えながら継続して8年間続けた。基本コンセプトに変化はない。理知的で落ち着いた雰囲気は一貫して守られている。実売を狙う商品宣伝であれば、機能特長訴求で目先を変えていく方が効果的だろう。そうしなければ、マンネリに陥り、飽きられてしまう。しかし、ブランドというものは、長い時間の中で築かれていくものなので、ブランドの確立にはそれなりの時間が必要なのである。


金花芳則

社長就任が決まり、今春、全工場を回りました。鉄道以外は初めて訪れる場所も多く、それぞれ優れた技術や製品を持っていることに目を開かされました。同時に、もっと会社としての相乗効果を発揮できるはずだと確信しました。成長分野のロボットは電気系だけでなく、油圧系の技術も活用すれば一段と品質が向上します。ガスエンジン、タービン、ボイラーも連携によって営業力が高まります。着手できることからどんどん進めますよ。


大坪英夫

10年先、私の会社はもっと変わっている。変えるつもりです。変化の速度の速い者だけが生き残れる。そのため会社をもっと異業種混交にする計画です。ハバロフスクから数学専攻の優秀なロシア人大学生を一年インターンとして雇っているのはその一環で、技術開発の将来を彼らに託しています。


三谷宏幸

社内で仕事をする時も、「自分が組織の中でどれだけ貢献できるのか」を考える。組織のパーツだという意識ではなく、全体最適の意識を持つべき。


ロバート・キヨサキ

夢にたどり着くには、まず正直に現在地を確定しなければならない。そこが、夢の出発点になるからだ。


土光敏夫

価値観というものは、時代とともに変わっていくのが当たり前だ。それでなきゃ、歴史は生まれない。仲間のご老体たちが「このごろは価値観が違って困る」とこぼしているが、そんなことは当然のことなんです。僕らの世代だって個人によって価値観は違うのだし、価値観が一緒になったら、それは独裁国家ですよ。


日蓮

禍(わざわい)は口より出でて身を破る、福(さいわい)は心より出でて我をかざる。


大塚辰男

これまでの反省点としては、売上高目標の300億円という数字が少し前面に出過ぎて独り歩きしたかなと。それよりも、この6年は顧客数が年に250社くらいずつ増え、約6700社になったことの方が重要です。当社との取引が継続され、新規顧客が積み上がった結果なので、とてもうれしく思っています。


鈴木章

企業が自前で人材を育てるといっても、それではどうしても自社のスケールを超えられないという問題に突き当たります。心理を研究するときに事業とは無縁のところにまで踏み出していく必要が生じますが、企業に所属している以上はそれができません。「スケールを超えられない」とはそういう意味です。


美崎栄一郎

商品の開発において、まず大事なのは、自身の得意分野で勝負することです。自分自身の基盤を強化することが第一の課題。


ページの先頭へ