名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

深谷紘一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

深谷紘一のプロフィール

深谷紘一、ふかや・こういち。日本の経営者。自動車部品、各種製品メーカーのデンソー社長。東京工業大学理工学部機械工学科卒業後、日本電装(現:デンソー)に入社。生産技術部長、米国デンソー副社長・社長、本社常務、専務を経て社長。

深谷紘一の名言 一覧

デンソーの塀の中に入ったとき、尊敬すべき立派な技能者(製造部門の人)がまずいて、こちらも尊敬の目で見るという感覚を技術者(開発・設計部門の人)は持っていると思います。立派な技能者と心の広い技術者とがおのずと交流し合う中から、素晴らしいコンセプトや構造の設計がきっちり出来上がっていくことになるのです。両者のまったく対等な関係を会社の中につくっていかなければなりません。


デンソーはトヨタから生まれた会社で、彼らは最大の開発パートナーというか、引き上げてくれるお客さんです。トヨタほどコストダウンに厳しい会社もありませんし、うちはそこでもまれることによって強くなっていると思います。


デジタル・エンジニアリング(DE)ですべてがすむなどということは、僕はあり得ないと思っています。画期的な技術をつくればつくるほど、コンピュータの中で試行錯誤はできませんから、新しいデジタル・エンジニアリングをまたつくらなければならなくなる。技能者の人でも、コンピュータで出てきた結果を見ながら議論できるし、イメージをめぐらしながらクリエーションする。つまり想像と創造は十分できます。コンピュータだけでモノができてしまうみたいな発想は、まったく間違いだと思っています。


パイプだけを作り続けていて、他には何もやっていないけれどパイプだったら世界を相手にしても負けない企業ってあるでしょう?そうした技術の深掘りをしている企業が今後、強さを発揮すると考えています。安さだけを求めて、きょろきょろしながら生産地を移していくようなモノづくりは長く続かないと思います。とくに自動車産業は高い品質が求められますし、常に新しい付加価値が求められますから、何かに特化し、深堀できる企業が強い。


部品メーカーが生み出す付加価値に利益がつくのは確かです。部品メーカーが自動車産業を支えていると言われることもその通りだと言えます。このことは100人、200人規模の中小企業でも、この分野なら負けないという技術を持っていれば大企業と組んで大きなプロジェクトを動かせることを意味しています。


間違いのないしっかりとしたモノづくりに対する現場の努力に常に気を遣い配慮して「ごくろうさん」「ありがとう」という言葉で報いることです。百万個をノーミスで作るのはすごいことです。その持続性に対して、ありがとうと言わなければならないと思います。所詮モノづくりの現場は地味ですし、光が当たらないことが多い。それに対して新製品開発などの部分はカッコいいし、注目を集めますよね。拍手を浴びることも多い。でも、けっして派手ではないモノづくりの現場にこそ、目を向けていかなければいけないと思うんです。


ミスは完全に防げません。だからミスが起きても小さく止めることです。もちろんノーミスを目指していますが、それでもミスがあったときは、いち早く手を上げて処置することです。我々が午前中に作って納入した部品は、午後には完成品となって自動車工場から出荷され、名古屋の埠頭から船に乗ってしまいます。いったん積載されたらもう手も足も出ません。サンフランシスコ、ニューヨーク、シドニーまで追いかけなければいけない。


きちんと反省し、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。基本の徹底ができているかどうか、採算改善を強く意識しすぎて現場が我慢しすぎている部分がないかどうか、それから、社外工の人たちに任せていい部分と、トレーニングを受けた社員がやらなければいけない部分とが混在していないかどうかなどです。そのあたりをしっかりと評価しなおさなければいけない。


モノづくりの現場力が低下していると言われています。日本は80年代の終わりまで「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われて、世界から見学者がいっぱいやってきた。そこでちょっと格好をつけちゃったんですかね。我々も、もう一度きちんと反省し、たとえば、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。


深谷紘一の経歴・略歴

深谷紘一、ふかや・こういち。日本の経営者。自動車部品、各種製品メーカーのデンソー社長。東京工業大学理工学部機械工学科卒業後、日本電装(現:デンソー)に入社。生産技術部長、米国デンソー副社長・社長、本社常務、専務を経て社長。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

運命は選択できない。選択したとしても、それが良い結果につながるとは限らない。与えられた環境の中で、目の前の仕事に全力を尽くすことが大切。


茂木健一郎

職場内で尊敬する人とか、手本にする人を見つけることは大事ですよね。ミラーニューロンという神経細胞が脳にはあって、関心のある人を見ているだけで、その人の行動や言動を脳の中で再現すると言われています。無意識にマネをするというわけ。オーバースペックで面白い人って必ず職場にいるから、まず見つけて手本にすること。


平野岳史

仕事が上手くいくかどうかなんて、実際は2勝8敗がいいところです。でも、8敗したって2勝すれば、外からは全勝しているように見えるものなのです。だから、一度や二度、失敗したからといって、そんなものやる気を失う理由にはなりません。失敗したら、その経験を次に活かせばいいのです。


アルバート・アインシュタイン

神の前で、我々は等しく賢明であり、等しく愚かでもある。


鳥越俊太郎

社会人になり、若さに任せて走り回るファーストステージが終わるのが40歳。そこで今までの経験を活かして、人生の後半戦をどう生きたいのか、一度立ち止まって考えるときでしょうね。


バラク・オバマ

今この時にこそ、私たちは人々がまた仕事につけるようにしなくてはなりません。子供たちのために、チャンスの扉を開かなくてはなりません。繁栄を取り戻し、平和を推進しなくてはなりません。今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。Yes we can。ありがとう。神様の祝福を。そして神様がアメリカ合衆国を祝福しますように。


河内幸枝

何枚もグラフを作るうち、数字を見るだけで、流れがつかめるようなった。


西山昭彦

経済や経営のセンスを磨くという意味では、自分の給料をすべて奥さんに渡し、管理を一任してしまうのは言語道断です。給料をもらったら、自分で家計と自己投資に回す個計に分ける。こうして、日ごろから自分の金を管理する癖をつけましょう。


朝香聖一

社内で嫌な顔をされても顧客の評価が上がればいい。


ミハイル・カラシニコフ

ひとつだけ確かなのは、何か新しいものをつくるには、その分野で何がつくられてきたのかを把握することである。


玉川勝

海外で販売力を強化するとき重要なのは、現地の人材を採用して育てることです。インド国内21か所の支店のトップはすべてがインド人で、日本人は一人もいません。インドの本社部門でも日本人はほとんどいません。


渡辺昭彦(経営者)

重要なのはコミュニケーション。M&Aを進めて新たにグループに加わった会社は、旧来のJP(ジャパン・パルプ&ペーパー)という呼称ではしっくりこないというところも出ています。そこでグループブランドとして「OVOL(オヴォール)」を導入し、新たなステージに向けて踏み出すことにしました。グループブランド導入に当たっては、新しいブランドロゴを採用すると同時に、グループ企業理念を策定し「誠実・公正・調和」という大切にすべき価値観を明文化するとともに、グループとしての使命、そして変革、挑戦、創造という私たちが積極的に実践すべきことを明確にしました。