深谷紘一の名言

深谷紘一のプロフィール

深谷紘一、ふかや・こういち。日本の経営者。自動車部品、各種製品メーカーのデンソー社長。東京工業大学理工学部機械工学科卒業後、日本電装(現:デンソー)に入社。生産技術部長、米国デンソー副社長・社長、本社常務、専務を経て社長。

深谷紘一の名言 一覧

デンソーの塀の中に入ったとき、尊敬すべき立派な技能者(製造部門の人)がまずいて、こちらも尊敬の目で見るという感覚を技術者(開発・設計部門の人)は持っていると思います。立派な技能者と心の広い技術者とがおのずと交流し合う中から、素晴らしいコンセプトや構造の設計がきっちり出来上がっていくことになるのです。両者のまったく対等な関係を会社の中につくっていかなければなりません。


デンソーはトヨタから生まれた会社で、彼らは最大の開発パートナーというか、引き上げてくれるお客さんです。トヨタほどコストダウンに厳しい会社もありませんし、うちはそこでもまれることによって強くなっていると思います。


デジタル・エンジニアリング(DE)ですべてがすむなどということは、僕はあり得ないと思っています。画期的な技術をつくればつくるほど、コンピュータの中で試行錯誤はできませんから、新しいデジタル・エンジニアリングをまたつくらなければならなくなる。技能者の人でも、コンピュータで出てきた結果を見ながら議論できるし、イメージをめぐらしながらクリエーションする。つまり想像と創造は十分できます。コンピュータだけでモノができてしまうみたいな発想は、まったく間違いだと思っています。


パイプだけを作り続けていて、他には何もやっていないけれどパイプだったら世界を相手にしても負けない企業ってあるでしょう?そうした技術の深掘りをしている企業が今後、強さを発揮すると考えています。安さだけを求めて、きょろきょろしながら生産地を移していくようなモノづくりは長く続かないと思います。とくに自動車産業は高い品質が求められますし、常に新しい付加価値が求められますから、何かに特化し、深堀できる企業が強い。


部品メーカーが生み出す付加価値に利益がつくのは確かです。部品メーカーが自動車産業を支えていると言われることもその通りだと言えます。このことは100人、200人規模の中小企業でも、この分野なら負けないという技術を持っていれば大企業と組んで大きなプロジェクトを動かせることを意味しています。


間違いのないしっかりとしたモノづくりに対する現場の努力に常に気を遣い配慮して「ごくろうさん」「ありがとう」という言葉で報いることです。百万個をノーミスで作るのはすごいことです。その持続性に対して、ありがとうと言わなければならないと思います。所詮モノづくりの現場は地味ですし、光が当たらないことが多い。それに対して新製品開発などの部分はカッコいいし、注目を集めますよね。拍手を浴びることも多い。でも、けっして派手ではないモノづくりの現場にこそ、目を向けていかなければいけないと思うんです。


ミスは完全に防げません。だからミスが起きても小さく止めることです。もちろんノーミスを目指していますが、それでもミスがあったときは、いち早く手を上げて処置することです。我々が午前中に作って納入した部品は、午後には完成品となって自動車工場から出荷され、名古屋の埠頭から船に乗ってしまいます。いったん積載されたらもう手も足も出ません。サンフランシスコ、ニューヨーク、シドニーまで追いかけなければいけない。


きちんと反省し、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。基本の徹底ができているかどうか、採算改善を強く意識しすぎて現場が我慢しすぎている部分がないかどうか、それから、社外工の人たちに任せていい部分と、トレーニングを受けた社員がやらなければいけない部分とが混在していないかどうかなどです。そのあたりをしっかりと評価しなおさなければいけない。


モノづくりの現場力が低下していると言われています。日本は80年代の終わりまで「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われて、世界から見学者がいっぱいやってきた。そこでちょっと格好をつけちゃったんですかね。我々も、もう一度きちんと反省し、たとえば、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。


深谷紘一の経歴・略歴

深谷紘一、ふかや・こういち。日本の経営者。自動車部品、各種製品メーカーのデンソー社長。東京工業大学理工学部機械工学科卒業後、日本電装(現:デンソー)に入社。生産技術部長、米国デンソー副社長・社長、本社常務、専務を経て社長。

他の記事も読んでみる

鳥羽博道

私がコーヒー豆の焙煎・卸から一歩進んでコーヒーショップ経営に乗り出したのは1972年のことだった。当時の喫茶業というと、私が考えるに、実に非効率な商売のように思えた。退廃的で不健康なイメージの店が多かったのである。そのまま進めば確実に日本の喫茶業は衰退してしまう。私の危機感は並大抵のものではなかった。何が何でもそれは避けたい。そのためには自ら日本の喫茶業に革命を起こさなければならない。その思いが「健康的で明るく老若男女ともに親しめる」というコンセプトのコーヒー専門店「カフェ・コロラド」を誕生させ、日本の喫茶業界に新風をもたらすことにつながった。


柴山政行

商売をするうえで新規顧客の獲得は重要であり、歴史の浅い会社ほど、その必要性は高くなる。しかし、見落としがちなのが顧客の流出。宣伝費をかけて100人の新規顧客を獲得しても、同時に1000人の顧客が流出してしまったのでは、顧客の増加にはならず、売上や利益は伸びない。新規獲得と流出対策は、どちらか一方が欠けても経営が回っていかない車の両輪の関係にある。


安藤忠雄

最近はあらゆる分野で合理性ばかりが求められ、その結果として誰もが、失敗しないことばかりを意識しているように思えてなりません。建築の世界もそうです。たとえば最近、日本の都市を歩くと、きれいなものばかりが並んでいるなと思います。けれども、私の心にはまったく引っ掛からない。それはきれいにまとめようとしているだけで、失敗してもいいから新しい建築に挑戦しようという姿勢が感じられないからです。


大川隆法

今までにないものをつくり出さなければ駄目。何かをつくり出さなければ、人の気は惹けないし、物が売れたり、サービスが必要とされたりすることはありません。


桜庭一樹

物語を摂取するって、自分の価値観が揺さぶられて、死んで、生まれ変わるような経験だと思うんです。人間は完全ではないからこそ、そんなふうに物語を読んだり書いたりして、何回も人生をやり直したいんじゃないでしょうか。


日野晃博

守りに入ると悪い循環に陥ってしまいます。いつも挑戦的な気持ちで取り組むようにしています。


大江英樹

投資で買うべき株とは、要するに「儲ける仕組みを持っている企業の株」です。そこに注目して情報を集めるのは好奇心がなければできない。


亀田潤一郎

お金は人生のパートナーですが、主従関係は明確にしておかなければなりません。


本田宗一郎

造る喜びとは、技術者にのみ与えられた喜びであって、造物主がその無限に豊富な創作欲によって宇宙自然の万物を造ったように、技術者がその独自のアイデアによって文化社会に貢献する製品をつくりだすことは何ものにもかえがたい喜びである。しかもその製品が優れたもので社会に歓迎されるとき、技術者の喜びは絶対無上である。


大林秀仁

私の挑戦は非常識だったかもしれませんが、周囲の声に流されていたらそれで終わりだった。


中村天風

今日の人々は、いたずらに知識のみに重きを置いて、そして知識を増やすこと、磨くことばっかりを努力していて、「認識力の養成」ということをおろそかにしている。認識力のほうをおいてきぼりにして、知識ばかり説いていると、学べば学ぶほど苦しくなり、極めりや極めるほど迷ってくる。なぜかというと、正しい知識を分別する力がなくなっちゃう。どんなに、学問を勉強して、知識内容量を多くしても、心のもつ認識力というものがすぐれないと、本当の人生、幸福というものを自分のものにすることができない結果がくるんです。


嶋津良智

業績の下位の人に最後通牒を送る前にはチャンスを与えるべきです。また中の人にも、上位に上がれるチャンスを与える仕組みは必要です。このとき意識してほしいのは透明感です。上司の気分次第でチャンスの中身が変わったり、上にあがるための基準が変わると、不公平感につながってしまいます。


奥田碩

努力した人が報われる社会にしなければ、閉塞感は増すばかりです。「平等」に価値が置かれた結果、社会から変わろうとする意欲が失われてしまったんです。それによって、日本はすでに周回遅れのランナーになってしまった。1980年代、アルビン・トフラー氏は「第三の波」で、本格的な情報化社会の到来や、ボーダーレス社会の到来を予言しました。日本の場合、戦後の成功とは言っても短期間な成功にすぎなかった。だから第三の波がやってくるや、知らず知らずのうちに周回遅れになっていた。


八木原保

私の人生は毎日が正面突破でした。


齋藤孝(教育学者)

口頭で謝罪する際には気の利いた「菓子折り」も忘れずに持参したい。人は現物をもらうと、つい怒りの矛先を鈍らせてしまうものだ。「隠蔽」より「懐柔」の方が、よほど気の利いた謝罪と言える。


ページの先頭へ