深田和範の名言

深田和範のプロフィール

深田和範、ふかだ・かずのり。日本のコンサルタント。神奈川出身。一橋大学社会学部卒業後、シンクタンク研究員、一部上場会社の人事部長、大手コンサルティング会社勤務などを経て独立。企業に対し組織や人事に関するコンサルティングを行っている。主な著書に『マネジメント信仰が会社を滅ぼす』『文系・大卒・30歳以上がクビになる ― 大失業時代を生き抜く発想法』など。

深田和範の名言 一覧

幸い30代は、頑張れば実力も一番伸びるときです。踏ん張りもききます。成功する独立のためには、自分がやりたいこと、できることを徹底的に考えることです。そして、成功の基準を定める。あとはタイミングを間違わず、諦めないことです。


出世競争から降りた場合、ふたつの道があります。会社にとどまってリストラを避けるという選択と、転職あるいは独立を目指す方法です。乾坤一擲、独立起業するのなら、社会的な力をつけることが最優先です。スキルを磨き、公的資格を取得するのはもちろんのこと、ボランティアにも意欲的にかかわり、社会に対する見識と人脈を広げるのもいいでしょう。


出世競争で周回遅れになったのを機に、競争から降りるという選択肢もあります。もともと順調に昇進していくエリートは、「同期入社の10%未満」といわれています。自分がそこに入っていないとわかったら、無理をせず、そこそこの実績をあげて、それに応じたサラリーマン生活をまっとうするのです。ただ、リストラされないように予防線を貼るか、リストラされても大丈夫なように準備をしておくのです。会社にとどまる場合なら、リストラされなければ勝ちと考えましょう。つまり、下手なリスクを冒さず、定年まで平穏無事に勤め上げられれば勝ちです。


本流から外れた小さな部門は上司の数も少なく、自由に動け、力も発揮しやすいはずです。たしかに、成果をあげる環境としては厳しいかもしれませんが、そこで実績を示すことができれば、会社に対する強いアピールとなり、出世競争で後れを挽回するチャンスになることだってあります。


残念がら、出世競争で明らかに周回遅れになってしまった場合、そのまま競争を続けるか、それとも降りるかを判断する必要があります。競争に乗り続けるなら、何としてもポストをもらうことを最優先にします。もはや、主要な役職はトップクラスの人たちが占めています。そこで、不便なところ、たとえば規模を縮小した課や地方出張所のポストでも自ら進んで引き受けましょう。そして、会社や人事部に恩を売っておくのです。予想外の恩返しがあるかもしれません。


出世競争で出遅れを実感するのは35歳前後からです。一般的に、この年齢に達すると同期入社のトップクラスが管理職に登用されます。そして、この第一選抜に漏れると、その後の昇進・昇格は遅れ気味になります。


小手先のマネジメントにとらわれることなく、自らの経験と勘、そして度胸で新しい事業を起こしていくことを促したいものです。そういう私も大手コンサルティング会社を最近辞めました。マネジメント信仰を捨て、ビジネスに挑戦する必要性を痛感したからです。


目先の利益を得るための道具としてマネジメントが崇め奉られすぎている気がします。マネジメントは事業を上手く運営することであり、知識や手法にすぎません。一方のビジネスは何らかの事業を行うことであり、意志に基づく具体的な行動です。つまり、いくらマネジメントに力を入れても、それは既存の事業を上手く回すだけで、新しい付加価値は何も生まれてきません。


日本社会では、高校受験や大学受験のとき、あるいは就職のときに、学校や学部、企業などを選択することによって、自分の将来や人生を決めていきます。この仕組みに慣れてしまって、大多数の人が他から選択の機会を与えられなければ、自分のやりたいことを真剣に考えないようになってしまった。本当は、選択の機会が与えられるのを待つのではなく、常に自分のやりたいことを考えて、自ら選択の機会を作り出していかなければいけません。落ち着いて周りを見れば、選択の機会はいくらでも見つかるはずです。リストラという現実が迫ってきたときに、『あそこでこういう選択をしておけばよかった』と後悔しても遅いんです。学生の内から、自分のやりたいことを意識し、そこへ向かうために主体的に選択していく癖を身に付けておいた方がいいでしょう。


みんなが安定ばかりを追い求めていては、企業も社会も成長はできません。元々ホワイトカラーには安定志向が強い人が多いのですが、この中から、新たなことに挑戦しようと腕まくりできる人がどれだけ出てくるかが、今後の日本社会の課題でしょう。若い人がそれを見習っていくことで、新産業の原動力になるかもしれない。


昔の日本の大企業は、リスクをとって新しい産業を開発していくというインキュベーターとしての機能を持っていました。しかし、バブル崩壊後、その時点の業績を大事にしようとする安定志向が強くなり、すぐにお金にならないことからは手を引くようになってしまった。しかし、社会全体がそうした風潮に流され、誰もが目先の利益と安定ばかりを目指すようになると、長期的に見たとき、すごくリスキーなことなんです。


高度経済成長期は人口が増え続けていたため、物を作りさえすれば売れた時代です。その状況は、無尽蔵に水がわき出る井戸があるようなものです。企業は効率的に水を汲み、社員に回せばよかった。しかし、現在の状況は、この井戸の水が枯渇しはじめているにも関わらず、あいかわらず同じ井戸にみんなが集まって、限られた水の奪い合いをしているようなものです。若い人にアドバイスをするとしたら、その競争に加わるのではなく、自分たちで新たな水脈を探すくらいの発想を持った方がいいということを言いたい。


つまらないと感じている会社の仕事でも、一人で自由にやるならこんな売り方がある、と考える癖をつけましょう。いまの仕事に活きるかもしれないし、リストラにあっても潰しが利くかもしれませんから。誰かが何とかしてくれる、という思考の人はダメですよね。「40歳定年制」の話題はキャリアを見直すいい機会、と捉える強(したた)かな人が生き残るのではないでしょうか。


私の場合、人事の畑を渡り歩いてきましたが、結局、前の会社から放り出されてしまいました。必ずしも専門職が会社に残れるわけでもありません。ただ、私はその後も仕事を続けられています。それは、社員の頃から日常業務をこなしつつ、執筆やセミナーなど仕事の幅を広げていたからです。


会社の教育投資は激減しています。理由のひとつはコストカットですが、もうひとつは会社がどんな人材を育成したいのか、わからなくなっているからです。将来、どんなスキルが必要になるか、会社にも見通せない。だからこういう人材になってくれと、会社が自信を持って示せないのです。


深田和範の経歴・略歴

深田和範、ふかだ・かずのり。日本のコンサルタント。神奈川出身。一橋大学社会学部卒業後、シンクタンク研究員、一部上場会社の人事部長、大手コンサルティング会社勤務などを経て独立。企業に対し組織や人事に関するコンサルティングを行っている。主な著書に『マネジメント信仰が会社を滅ぼす』『文系・大卒・30歳以上がクビになる ― 大失業時代を生き抜く発想法』など。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

流通の管が細ければ、問屋の方は儲かります。品不足という状況ならば、販売の方は努力しなくても金が入ってくる。ところが、それではメーカーは飛躍できません。売る努力をさせなければいけない。そのためには、ルートをたくさんつくって、競争原理を導入しなければならない。そうしない限り、どんな大きな夢を持ち、それが実現しかけても、流通の管がネックになってしまう。


村上太一

エンジニアは言われた通りに作るだけという組織が多いのですが、弊社はエンジニアがシステム改良に遠慮なく立ち入ることができるので、「自分で作っている」という気持ちが持てる。作らされているのではない、「作っている感」を大切にしています。


佐藤可士和

いま、世の中で起きている問題のほとんどがコミュニケーション障害だと言ってもおかしくない。こちらの考えていることが相手に上手く伝わっていないから、いろんな問題が起こる。素晴らしい技術があるのに売れない、いいと思ってもらえないというのも、実はコミュニケーションの問題です。


平井一夫

商品投入のリードタイムは、以前に比べ格段に短くなってきましたが、まだ道半ばです。商品をよりタイムリーに投入するため、商品開発の速度は倍速以上を目指します。そのためにチップベンダーとの協業体制を強化するなどして、チップのサンプルが出てから商品を市場に投入するまでの期間を短縮します。エンタテインメント事業のコンテンツやネットワークサービス、テレビなどソニー資産との連携も加速します。


佐山展生

経営者とは、理念を語る者。


福澤武

いま力を入れている丸の内の再開発事業は、当社にとってもちろん重要ですが、それ以上に日本にとって大事なことです。日本の中の東京ではなく、世界の中の東京と認められなくてはいけません。丸の内カフェをひとつのきっかけにして、社内でも新しいことをやりたいということが出てきました。


平田進也

不況では特に、「お値打ち感」が大切。


生方正也

実際のところ、そのまま使える情報などというものはまずありません。拾い上げた情報群をすり合わせ、目的に応じた加工をするプロセスが不可欠。そこを経ないと、すぐに使えそうという理由で偏った情報だけを出してしまったり、性急に捨ててしまったり、という失敗につながる。


伊藤良二

設定する課題の範囲が広すぎれば、集めなければならない情報量が増えて効率が落ちます。逆に課題の設定範囲が狭すぎると、本質的な答えにたどり着けなくなってしまいます。課題さえ正しく設定できれば、仕事の7割は終わったというのが私の経験的な実感です。


岡島悦子

昔の日本的大企業では、社内の空気を鋭敏に読み、男性社員間の暗黙の掟を厳守し、失敗を最小限に抑える、といった戦術が出世競争には有効でした。10年後の組織図を推測し、「次の次の社長」に結婚式の仲人を依頼するといったことを、そつなくできる人が偉くなっていきました。しかし現在は、優良企業ほどそのような戦術は通用しなくなっています。前例を忠実に踏襲するのではなく、環境変化に適応する能力こそが求められているからです。


上野和典

30代半ばでキャンディ事業部というお菓子付き玩具を企画販売する部門の事業部長に抜擢されたんです。もっとも、当時のバンダイは玩具部門が圧倒的な事業の柱だから、キャンディ事業部はいわば新規事業。しかも業績が伸び悩んでいた。だからこそチャンスだと思った。小さくて力がない部署なら、ちょっと頑張れば立ち直せるし、目立つと。


久米信行

大切な人との濃い付き合いをしたら、私だったら200人が限界です。それ以上になると、年1回に会う間柄でも維持することは困難だからです。


林浩喜

周囲のアドバイスを聞きすぎては駄目。私は悩んでも人に相談しません。自分で答えを出す。その結果に対して誰のせいにもできないから、腹をくくれますよ。


石井淳蔵

発売を急ぐあまり、時間が惜しいという理由でリサーチをやらないのは主客転倒。商品の市場導入の時期は、逆に、リサーチの時間と費用をとって、そこから逆算してスケジュールや予算を決めるのが常識だ。


フランチェスコ・トラーパニ

多くの高級ブランドは、店舗や出店地域といった拡大という地理的な拡大と並行して、商品の多角化に取り組みます。しかし、ブルガリは現在、多角化とは距離を置いた形での成長を考えています。私たちは時間をかけて商品群を拡充してきました。新興ブランドとは異なり、これらの商品群は顧客に浸透しているため、多角化はもはや大きな意味を持たないからです。


ページの先頭へ