名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

深沢直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

深沢直人のプロフィール

深沢直人、深澤直人、ふかさわ・なおと。日本のプロダクトデザイナー。山梨県出身。多摩美術大学美術学部プロダクトデザイン科卒業後、諏訪精工舎(のちのセイコーエプソン)に入社。米国ID TWO(のちのIDEO)、IDEO日本支社長などを経てNaoto Fukasawa Designを設立。携帯電話やデザイン家電を数多くデザインした。そのほか、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科研究室教授、日本民藝館館長、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授などを務めた。

深沢直人の名言 一覧

私の仕事は生活を観察し、人が共有する「暗黙知」を探し、かたちにしていくことです。


本来、家電は家の中で使う生活雑貨でもある。私自身、家電も生活用品の一部であり、「家電」という特別をカテゴリーをもつ意味はなく、他のものと溶け合うようなものであるべきだと、ずっと現状を疑問に思っていました。たとえば無印良品の電気ケトルは家電というよりも陶器や鍋、器などの日常生活品に近い、水差しのようなかたちをしています。


人がモノを使うとき、ほとんどの場合は無意識です。例えば冷蔵庫の一番下の引き出しを閉めるとき、手ではなく、足を使う人も多いと思います。これも自己の経験観察から見出した事実です。無印良品の冷蔵庫のハンドルは細く、金属の線材を曲げただけであるかのような単純な形をしています。人はハンドルを形で認識するよりも前にすでにそのハンドルらしき線材を握っているのです。このような着想は、人の行為は無意識下で最も自然に行われる、という概念からくるものです。デザイナーが考えていることは人とモノと環境の自然な関係を読み取ることなのです。


深沢直人の経歴・略歴

深沢直人、深澤直人、ふかさわ・なおと。日本のプロダクトデザイナー。山梨県出身。多摩美術大学美術学部プロダクトデザイン科卒業後、諏訪精工舎(のちのセイコーエプソン)に入社。米国ID TWO(のちのIDEO)、IDEO日本支社長などを経てNaoto Fukasawa Designを設立。携帯電話やデザイン家電を数多くデザインした。そのほか、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科研究室教授、日本民藝館館長、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

私が新人時代に千葉支店で営業をしていた頃の話だ。担当していたスーパーの中に、シェアも売上げも競合に大きく差をつけられている店舗があった。売り場担当者がネスレに好意的ではないこともあり、苦戦を強いられていた。だが私はあえて、そのスーパーへの営業に時間を割いた。ネスレのシェアが低い店舗でやるからこそ、大きく売上げが伸ばせると考えたからだ。すでに自社商品のシェアが80%の店舗では伸びしろはほとんどないが、シェアが30%しかない店舗を80%にできれば、大きく売上げを伸ばすことができる。


小路明善

内市場がシュリンク(縮小)するから海外に出るのではなく、海外に進出できる商品力が付いたから積極展開すると考えなくてはいけない。


小林りん

「job seeker(仕事を探す人)」ではなく、「job creator(仕事をつくる人)」にならないと、リーダーにはまずなれない。


新将命

責任には実行責任と結果責任のふたつがあります。実行責任は部下に100%ですが、結果責任は部下を指示した上司に100%です。古い表現ですが、「骨は俺が拾ってやる」という心意気です。


花村仁八郎

私は誠実、真実一路に仕事をやってきただけ。


アルバート・アインシュタイン

失敗したことのない者は、挑戦したことのない者だ。


河森正治

「マクロスΔ(デルタ)」のTVシリーズが最終回を向かえた後、劇場版が検討されていたんですが、なかなか決まらずにいたんですね。そのときにワルキューレの横浜アリーナのライブが行われて、それを見に行ったんです。そうしたら、5人の歌があまりにも素晴らしくて。ライブ終演後に「絶対に劇場版をやりますから!」と口走ってしまったんです。まだ、何も決まっていないのに(笑)。でも、まわりのスタッフも同じ気持ちなっていて。結果的に劇場版を作ることになったんです。このときのライブから受けた印象から「情熱やテンションの高さ」を今回の劇場版のモチーフにしようと考えました。


兼元謙任

僕はいま50歳ですけど、まだまだ成長していきたい。うちだけではなく、どこの企業でも、会社と一緒に成長してくれる人材を求めていると思いますよ。


ギュスターヴ・フローベール

成功は結果であって、目的ではない。


石角友愛

既にアメリカではデータをただ持つのではなく、生かすことに価値がシフトしている。優秀なエンジニアに解析してもらうためにデータを公開している企業もあるくらいです。日本でも後れを取らないためにデータミーティングから始めて意識改革をしないと大変なことになると思います。


片岡勝太郎

リーダーシップの基本は人望と決断力。


佐藤可士和

聞く作業には集中力を使うし、正直疲れます。でも、表面的な言葉だけでなく、相手の意識の部分まで踏み込んで、とにかくすべての情報を集めたい。それを全部並べて、優先順位を付けていくと、相手の中のブレない部分が見つかります。難しい作業ですが、ある視点を見つけられた瞬間は本当にうれしいです。