名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

深代千之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

深代千之のプロフィール

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

深代千之の名言 一覧

階段を上がるときの方が筋力がつくと思われがちですが、実際は下りの方が効果があります。下りは脚の筋肉が伸張性収縮(伸ばされながら縮む性質)があるため、より高い負荷がかかってくるのです。


数字にはあまりこだわり過ぎないほうがいいですよ。1日の歩数もそうですが、数字に追われると、堅苦しくてイヤになります。目標を数値化することが好きなタイプの人は良いですが、そうでなければこだわらなくてもOKです。むしろ重要なのは、長く続けること。歩くのは苦手でも、ゴルフをしながらならラクに6~7km歩ける人は少なくありません。つまり、飽きずに歩ける方法があれば、挫折せず続けられます。


大股歩きをする時には、歩幅や足の運び方などをしっかり意識することが大切です。人間は、無意識に歩くと、できるだけ体に負担をかけない楽な歩き方をします。具体的には、足首でキックする力だけを使って、太ももなどの筋肉をほとんど動かさずに歩こうとするのです。この歩き方をしていると、太ももなどの筋肉が鍛えられず、血行も良くならない。意図的に、太ももなどを動かす歩き方をすることが重要です。


深代千之の経歴・略歴

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

八塩圭子

いつ、どの仕事の、どの準備をしてというのは、常に自分の頭の中に入っています。ここでこれを考えてと、毎日の中でのルールづくりをしておくわけです。でも、ほとんどは本番の直前に準備です。そもそもアナウンサーの仕事は、直前の集中力が勝負です。


永守重信

一生懸命に頑張るからこそ、いまがチャンスというタイミングがわかる。


安藤忠雄

変化の激しい国際環境には、「組織の部品」ではなく、「責任ある個人」でなければ対応できません。確固とした自己を持たない人が、外国でのビジネスで相手にされるわけがありません。


近田哲昌

目先の数字を追うだけでは人は成長しません。やはり中長期的な視点が必要です。


澤田秀雄

できる、できないは置いておいて、高い目標は必要です。富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。エベレストを目標にして、そのための訓練や準備をすれば、いつかは登頂できるかもしれません。売上高を1兆円にすることは現在の延長では無理ですから、どうすれば目標が達成できるか社員全員が考えるようになります。


堤幸彦

やる気の源は、どんなことでも「面白れぇー」と思うことです。


柳井正

日本にある本部を、本当のグローバル本部にしないといけないと思っています。そのためには、今の人間の半分ぐらいを世界に出して海外事業を経験させるということをしなくてはいけないし、あるいは逆に国内事業に海外の人たちを入れて、混成チームにしてやっていくということが必要なんじゃないかと考えています。できるだけ早く3分の1を外国人にしたいし、最後の理想としては半分を外国人にしたい。


橘フクシマ咲江

相手を一人の人間として尊敬の念を持ち、その立場に立って考えることを心がければ、自ずと答えは明らかになるはずです。


永守重信

最初に手をつけるのは、重要度が高い仕事。それが終わったら、次は簡単な仕事です。大学や高校の入学試験と一緒で、難しいものからやると時間が足らなくなります。たとえば簡単な問題が8個、難しい問題が2個あったら、まず8個を終わらせて、残りの時間で2個に取り組んだほうが、確実に点数が取れますね。仕事ができない人はこうした順番を間違えるから、すぐ終わる簡単な仕事まで積み残し、結果や成果を出せなくなるのです。


西山弥太郎

社長のあいさつというものはあまり流暢にやっては駄目だよ。もうすこし、訥々(とつとつ)とやれ。君のように棒暗記では軽くていけない。


荒俣宏

我々団塊の世代というのは、生まれたときには何もない時代でしたからね。何か欲しくても、諦めるか、我慢するしかなかった。基本的に無いというところからスタートしているという点が、いまの若い子たちと一番ちがうところなんじゃないでしょうか。実際、中学を卒業すると半分ぐらいは、すぐ就職でした。お金がないから、諦めが簡単につく時代だったんです。しかし一面では、しぶとい面もあってね。「ひとつ諦めるかわり、ほかは諦めないぞ」って。それこそ転んでも、ただでは起きない(笑)。


西川真梨子

筋肉トレーニングを長く続けられるコツとしては、とにかく「楽しむ」ことです。メニューのバリエーションも多く取り揃え、自分の限界に挑戦しています。できなかったメニューができるようになったり、体の変化を感じたときは、とてもやりがいを感じます。