名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

深代千之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

深代千之のプロフィール

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

深代千之の名言 一覧

階段を上がるときの方が筋力がつくと思われがちですが、実際は下りの方が効果があります。下りは脚の筋肉が伸張性収縮(伸ばされながら縮む性質)があるため、より高い負荷がかかってくるのです。


数字にはあまりこだわり過ぎないほうがいいですよ。1日の歩数もそうですが、数字に追われると、堅苦しくてイヤになります。目標を数値化することが好きなタイプの人は良いですが、そうでなければこだわらなくてもOKです。むしろ重要なのは、長く続けること。歩くのは苦手でも、ゴルフをしながらならラクに6~7km歩ける人は少なくありません。つまり、飽きずに歩ける方法があれば、挫折せず続けられます。


大股歩きをする時には、歩幅や足の運び方などをしっかり意識することが大切です。人間は、無意識に歩くと、できるだけ体に負担をかけない楽な歩き方をします。具体的には、足首でキックする力だけを使って、太ももなどの筋肉をほとんど動かさずに歩こうとするのです。この歩き方をしていると、太ももなどの筋肉が鍛えられず、血行も良くならない。意図的に、太ももなどを動かす歩き方をすることが重要です。


深代千之の経歴・略歴

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

「志」には二つの要素が必要です。一つは言うまでもなく世のため人のためという強固な意志を持つことで、もう一つは世のため人のため何を為すかという明確なビジョン、及びそれを達成するための戦略が求められるのです。


西脇文彦

不毛な会議の特徴は、議題が設定されていないこと。様々な調査があるが、世界的な平均としては、約3割の人が「アジェンダが不明」と感じる会議に参加している。日本企業で見た場合、その数字はなんと6割にまで跳ね上がる。


望月実

プレゼンで話す要約シートをつくるコツは、「1シート・1メッセージ」にすることです。たとえば、3ページ目に「導入コストの低さ」、4ページ目に「ランニングコストの低さ」などと、説明を1枚ずつ区切っていくわけです。メッセージを絞ることで、結果的に使う数字も絞り込める。


山田明良(経営者)

特殊印刷や厚紙印刷、抜き加工や折り加工という工場の技術と、デザインやファッション業界で得た知識や経験を組み合わせて新事業ができないかなと。今ある技術と設備の中でできることは何かと考えて始めたのが、紙を加工・印刷してできる道具の可能性を追求するプロジェクト「かみの工作所」でした。デザイナーさんたちと協働して、オリジナル紙製品を企画販売することにしたのです。まずはうちの得意分野を見て頂こうと、工場見学を開催しました。グラフィックデザイナーやパッケージデザイナーだけでなく、プロダクトデザイナーやインテリアデザイナー、建築家まで様々なジャンルのデザイナーが集まってくれ皆さん、紙を立体化することの魅力を感じてくれました。


橘フクシマ咲江

私はどんな仕事でも、「作業」ではなく「仕事」をしたいと考えて仕事をしています。たとえば上司から、プレゼンで使うデータ探しを頼まれたとします。そこで「面倒くさい」と思いながら、言われたとおりのデータを探し出すのは「作業」なんです。でも、何のための会議かを理解して、「他にも適当なデータがあるかな」「グラフがあれば、よりプレゼンに効果的かも」などと考えながらデータ探しをすると、それは「仕事」になります。そこには大きな違いがあります。


佐々木毅

年配者は最後まで爽快感を持って生きることが大切。二度、三度生きよう。年配者は自らのアセットをどう活用し、前に進んでいけるかが問われている。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

社員に仕事のやりがいを感じてほしい、楽しさを感じてほしいと願っているのであれば、まずは、当事者意識を育てること。そのためには、ある程度の責任を負ったうえでの達成感や成功体験を積ませるミッションを積極的に与えることが大切。


瀧本哲史

グローバル化による「本物の資本主義」の世界の中で、日本人が生き抜くためには社会をより資本主義的なモデルに変えていく必要があります。大企業で働く30代、40代のエスタブリッシュメントが、リスクを恐れず変化することで、必ず日本はよくなるはずです。


オダギリ展子

お金も時間もかけずに簡単に仕事を効率化できるのが、デスクまわりの整理整頓です。年末に向けて仕事が忙しくなる前に、デスクまわりを見直しましょう。


梅原勝彦

気が向けば、すぐ現場でもどこでも行けて楽なんだ。
【覚え書き|いつも作業着姿である理由について語った言葉】


瀧本哲史

業務の効率化で余った時間で成果が出せれば、周囲も納得するだろう。


中山マコト

こんな話があります。冷やし中華や冷やしたぬきなど、「冷やし麺」と呼ばれるカテゴリー商品は、夏場の商品と相場が決まっていますが、あるメーカーの担当者は、春先ころから冷やし中華を家でつくって食べている家庭が多いことに気づきました。その気づきこそ、マスコミがつくった食の流行ではない、事実そのものです。固定観念にとらわれず事実に素早く反応できる人が、スピード企画の達人になれるのです。