名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

深代千之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

深代千之のプロフィール

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

深代千之の名言 一覧

階段を上がるときの方が筋力がつくと思われがちですが、実際は下りの方が効果があります。下りは脚の筋肉が伸張性収縮(伸ばされながら縮む性質)があるため、より高い負荷がかかってくるのです。


数字にはあまりこだわり過ぎないほうがいいですよ。1日の歩数もそうですが、数字に追われると、堅苦しくてイヤになります。目標を数値化することが好きなタイプの人は良いですが、そうでなければこだわらなくてもOKです。むしろ重要なのは、長く続けること。歩くのは苦手でも、ゴルフをしながらならラクに6~7km歩ける人は少なくありません。つまり、飽きずに歩ける方法があれば、挫折せず続けられます。


大股歩きをする時には、歩幅や足の運び方などをしっかり意識することが大切です。人間は、無意識に歩くと、できるだけ体に負担をかけない楽な歩き方をします。具体的には、足首でキックする力だけを使って、太ももなどの筋肉をほとんど動かさずに歩こうとするのです。この歩き方をしていると、太ももなどの筋肉が鍛えられず、血行も良くならない。意図的に、太ももなどを動かす歩き方をすることが重要です。


深代千之の経歴・略歴

深代千之、ふかしろ・せんし。日本のスポーツ科学者、教育学者。「東京大学総合文化研究科広域科学専攻」教授。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。鹿屋体育大学助手、スポーツ医・科学研究所副主任研究員、東京大学教養学部助教授、同大学大学院情報学環准教授、同大学大学院総合文化研究科教授などを務めた。専門はスポーツ・バイオメカニクス。また、日本体育学会会長、日本バイオメカニクス学会会長、東京体育学会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

神岡真司

人の頼みを断わるときに落ち着いて対応する秘訣として、日常的な準備も重要です。そのひとつは、断わる口実を作ることです。断わる言葉のあとに、理由として添えるストーリーを用意しましょう。特に、家庭の事情や介護などの理由であれば、こちらから最初にある程度具体的に話しておけば、配慮してもらえることが多いのではないでしょうか。


粟田貴也

イメージトレーニングは、何でもいいと思いますよ。尊敬する人がいたら、その人の本を読んで、自分もこうなりたいと考える。その人と同じブランドのスーツを買ってみるとか、形から真似するのでもいい。飛行機に乗っているとき、「これはプライベートジェットだ」と想像したっていい(笑)。人からバカだといわれそうなことでもいいんです。


豊田一成

五感を使って「うまくいく」とイメージすることと、自分で自分を励ますこと。このふたつで、結果を出せる男に生まれ変わる。


角田晃広

俺はネタ中に気が散ることはないですね。必死なんですよ。長いセリフが多い割に、覚えが悪いので。(相方)二人は余裕があるんでしょうね。俺はもうガッチガチでやってるから。一生懸命です。


荒井正昭

オープンハウスに寄せられる問い合わせは毎月3000~4000件に上り、毎月100戸超を販売します。そこで得た膨大な情報を分析すれば、自ずとお客様が求める商品像が浮かび上がる。例えば立地にしても、昔は角地が人気とされてきましたが、最近のお客様は立地より価格の手頃さを重視する傾向にあります。昔のように角地だからと価格を高めに設定しても売れないのです。また、郊外の閑静な住宅地よりも、都心部に近く、利便性の高い駅近の物件が好まれる傾向にあります。


小泉光臣

ブランドの意味について社員によく言う例がルイ・ヴィトンです。あれはいまでこそファッショナブルなルイ・ヴィトンですが、もともとブランドとして確立したのは、あの旅行バッグが丈夫で長持ちして、壊れた場合はすぐに修理のアフターサービスがつく。これはいいという信頼感でヴィトンです。そのブランドを確立したからこそファッション性を求めるなど、次の戦略オプションが展開できるわけです。しかし、それはあくまで次の戦略オプションであって、根幹はやはり信頼。


玄田有史

ウィークタイズ(弱い結びつき)は永遠に広げていくのでなく、いい出会いといい別れを繰り返す中で築かれていく。


小泉光臣

事業が一本足打法というのは怖いですね。事業のポートフォリオを考えると、たばこ一本に絞ったときにリスクをはらんでしまう。ですが、あまりに手を広げすぎてしまうと屏風が倒れるようにデメリットも大きい。そのため、今は医薬と食品の2つに絞って強化していこうと考えています。


山中伸弥

私が初めて研究室を持った時、立場はまだ准教授で、研究費もほとんどない。本当に弱小研究室でした。そんなところに学生が来てくれるわけがありません。そこで考えたのが、研究室のビジョン、理念を掲げることです。夢のある目標を立てたら学生が来てくれるのではないかと思い、iPS細胞をつくるというビジョンを掲げました。それに惹かれて来てくれた学生たちが、私と一緒にiPS細胞を生み出し、今や中心的存在となって活躍してくれています。


太田健自

当社のコアバリューのひとつ「イノベーション」とは、保険商品や販売チャネルの革新と創造です。チューリッヒ生命は、ニッチプレーヤーを自認しています。商品開発で追求するのは、現役世代の皆様を主なターゲッ卜に定め、市場で多くの商品に見られる画一性を排し差別化の要素を強化した、新しいタイプの保険です。販売チャネルについては、現在は主力となった大型代理店チャネルに加え、20~40歳代への普及率が9割以上に達したインターネットも活用するなど多様化に努め、利便性と即時性の向上を図っています。


野澤隆

従業員が100人いれば、セクハラ、パワハラがなくても、うつ症や神経症に陥りやすい人が数人はいます。ごく日常的な言動から訴訟に至るケースも想定しておいたほうがいいでしょう。


福井威夫

私が提唱する「志・技・質」とは、従業員一人一人が思い描いている志、持っている技術力、そして仕事の質ですね。この「志・技・質」を高めることを会社全体の目標にしています。「志・技・質」を軸として、ホンダブランドの中身を一層強化していきたい。そこに焦点を合わせて、会社の力をため込みたいと思っています。