海野つなみの名言

海野つなみのプロフィール

海野つなみ、うみの・つなみ。日本の漫画家。兵庫県出身。少女漫画雑誌『なかよしデラックス』でデビュー。『逃げるは恥だが役に立つ』で講談社漫画賞少女部門を受賞。

海野つなみの名言 一覧

価値観は人それぞれだと思いますので、登場人物にも多様な立場の人を入れています。社会には自分とは違う様々な価値観がある。そこを描ければと思います。

海野つなみの名言|社会には自分とは違う様々な価値観がある

人と人とは、完全にはわかりあえないのかな、と思っています。だから、相手に想像してもらうのではなく、きちんと気持ちを伝えあうのは大事なことではないでしょうか。

海野つなみの名言|きちんと気持ちを伝えあうのは大事なこと

ツンデレの男性がデレるのを心待ちにしていたのに、最終回で数年後に飛んでいて、すでにくっついている。これまでそういう作品に、「そこを見たいのになんで飛ばすんですかー!」と言ってたんです(笑)。なので、自分はじっくり描きたいと。

海野つなみの名言|自分が見たいものをじっくり描く

海野つなみの経歴・略歴

海野つなみ、うみの・つなみ。日本の漫画家。兵庫県出身。少女漫画雑誌『なかよしデラックス』でデビュー。『逃げるは恥だが役に立つ』で講談社漫画賞少女部門を受賞。

ページの先頭へ