海老根智仁の名言

海老根智仁のプロフィール

海老根智仁、えびね・ともひと。日本の経営者。オプト社長、デジタルハリウッド大学大学院教授。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、大手広告会社を経てオプトに入社。取締役、COO(最高執行責任者)、CEO(最高経営責任者)などを経て社長兼CEOに就任。同社の売上を150倍に伸ばした。産能大学大学院経営情報学研究科でMBA取得。中小企業診断士、(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタントの資格を持つ。デジタルハリウッド大学大学院ではインターネットマーケティングや事業計画について教えている。主な著書に『会社を替えても、あなたは変わらない 成長を描くための事業計画』『インターネット広告による売上革新(共著)』など。

海老根智仁の名言 一覧

市場の構造変化を考えたり、会社の全体戦略を考えたりする仕事は緊急ではないだけについ後回しにされがちですが、重要度は最も高いので、秘書には最優先でスケジュールに組み込んでもらいます。


仕事は忙しいですが、時間に追われている感覚や焦りはまったくありません。なぜなら、自分と会社の目標が明確で、それに達成するための項目がスケジュールに組み込まれているので、そのとおりにこなしていけば、必ず目標達成に近づけるとわかっているからです。


自分のキャリアの目標をしっかりと持っている人が、やはり仕事ができる人だと思います。目標をしっかり持っている人は、目標と現実にはギャップがあることを常に感じていて、そのギャップを埋めようと必死で努力します。だから成長しますし、問題や課題も成長の糧だと考えることができるんです。


日記をつけ始めて8年ほどたちますが、その日の自分を振り返って反省したり、上手くいかなかったことがあるとその理由を自分なりに考えて書きとめています。ですから、基本的に自分の悪口だらけです。でも、1日10分でも、自分の感情の起伏に向き合ってみると、自分がどういう場面で失敗し、どういう場面で実力以上の力が発揮できたのか自ずと見えてきます。


自分を見つめるとは、自分の強みを知る、もっと正確に言えば、自分の性格の強みを知ることです。たとえば、仕事上での強みが分析力だという人がいたら、その背景にはいい意味で理屈っぽいという性格があるはずです。まずはそういう自分の性格の特性を把握して、仕事に活かしてください。


自分の目標を持っていない人は、目標と現実のギャップさえ感じることができません。日々流される人間がギャップも感じないまま問題にぶつかると、「ああ、どうしよう」と挫折してしまうわけです。自分の現状を把握し、「このままでは駄目だ」と奮起するためにも、目標を持つことは大事なのです。


自分の仕事人としての目標が何なのかを考え、それを達成するためにやるべきことを決めれば、時間に流されるという感覚は減るのではないでしょうか。私も社員に、「自分の目標を持ちなさい。そのためにはまず、1週間に30分でもいいから自分を見つめる時間をつくりなさい」と口酸っぱくしています。


スケジュールの中には経営者として自分を振りかえる時間、リフレッシュするための時間もちゃんと入れています。


私のスケジュール管理で特徴的なことは、私の時間の使い方を秘書が監査していることなんです。人間は放っておくと、すぐ無駄なことをしたくなるんですね。本来なら部下に任せられる出張でも、つい自分で出かけてしまったりします。そこで、「その出張は社長が行く必要があるんですか」「その仕事は、いまやらなくてもいいんじゃないですか」などと秘書に指摘してもらうことで、社長としての時間を最大限に活用できるようにしているんです。


仮に自分の性格の強みを「明るいところ」と答えた社員がいたとしたら、私は「世界一」という接頭語をつけてみるようアドバイスします。そして、「世界一明るい人間になるためには何をしなくてはいけないのか」を考えさせて、10項目くらいあげさせます。それを書いた紙を部屋に貼り、毎朝読み返してから出勤する習慣をつけるものいいでしょう。世界一なんて極端な考え方だと思うかもしれませんが、私の経験上、そのくらいでないと、その目標には少しも近づけません。


時間がないという人は、自分一人の時間を無駄に使っていないかどうか、一度確認してみてください。ネットサーフィンで時間を浪費していた、なんてことが結構あるはずです。


月に一回、「今月、社長として自分がやらなければいけないことは何だろうか」と考え、一覧表にまとめています。1か月で30項目くらいになります。それぞれの項目について、どのくらい時間が必要かも一緒に書き出します。


1週間の168時間を最大限に活用するため、スケジュール管理は徹底して行っています。やるべきことや考えるべきことをあらかじめ決めています。プライベートの時間や睡眠時間も含めた168時間のすべての時間について、やるべきことが明確になっているんです。


海老根智仁の経歴・略歴

海老根智仁、えびね・ともひと。日本の経営者。オプト社長、デジタルハリウッド大学大学院教授。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、大手広告会社を経てオプトに入社。取締役、COO(最高執行責任者)、CEO(最高経営責任者)などを経て社長兼CEOに就任。同社の売上を150倍に伸ばした。産能大学大学院経営情報学研究科でMBA取得。中小企業診断士、(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタントの資格を持つ。デジタルハリウッド大学大学院ではインターネットマーケティングや事業計画について教えている。主な著書に『会社を替えても、あなたは変わらない 成長を描くための事業計画』『インターネット広告による売上革新(共著)』など。

他の記事も読んでみる

梅原一嘉

自分が楽しいと感じていないものは長続きはしないし、誰も共感も応援もしてもらえない。まずは自分が楽しむ。それから一緒に取り組む仲間も楽しく取り組めるように心がける。それが一番の近道。


井上明義

創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


新井直之(執事)

お金持ちの皆様は、朝をチャンスタイムと捉え、仕事に充て、午後は自分の自由な時間として活用されています。あなたも朝の時間をご自分のために使われてみると、素敵な変化があるかもしれません。


草刈貴弘

日本経済は大丈夫ですかとか、日本企業ってどうなんですか、と聞かれます。もちろん楽観は禁物ですが、これから成長させる余地はまだまだあるはず。企業だって日本を飛び出して世界で成長を続ける企業が山ほどある。悲観の時に投資をしておけば、追い風が吹いた時にものすごく大きなリターンを得られる。


石川康晴

僕は、「自分の会社」と思って働いてくれるオーナーシップの感覚を持っている人と仕事がしたい。そういう人の方が、自ら創意工夫して新しいことにもチャレンジしてくれると思うからです。だから、創意工夫をせず惰性で仕事をしたような時は、真剣に叱ります。


梶山弘志

私は若い頃サラリーマンでしたし、その後は会社経営も経験しました。当時を思い出すと、初対面の印象が良く、もう一度会いたいと思わせてくれたのは、決まって挨拶のときからしっかり声が出ていて、なおかつ自分の思いをちゃんと言葉にしてこちらに伝えてきた人でした。そこで事務所のスタッフには、朝の挨拶や人に会ったときの挨拶は、黙って頭を下げるだけでなく、必ず声も出すよう指導しています。


澤田秀雄

(HIS本社の経営の第一線から退けたのは)たまたま僕には、他にやることがいっぱいあったからよかったのかもしれません。何もなかったら、つい口出しして「また俺がやる!」なんて言い出すかもしれないでしょ?


豊田章男(モリゾウ)

実際問題、社長に就任して次から次へと試練が続き、もう必死でした。いまだってまだ必死ですよ。しかしながら、会社経営のトップに立つ者が悲壮感など見せるわけにはいきません。


ケリー・マクゴニガル

間違った判断をした自分を許すことができれば、いつまでも自分の考えに固執しなくなる。


森藤正浩

普通にサラリーマンになってそこそこの給料をもらっていたら、楽なほうへと流れ、独立できないまま一生を終えたでしょう。


高原豪久

日本で成功した商品を現地の発展段階に合わせてスライドさせればうまくいくという考え方は、完全に誤りだと思います。


大野直竹

私どものオーナーである石橋信夫は、誰も歩いたことがないところを率先して歩くような人でした。前人未到なのだから、自分の実力以上も実力以下もない。我々はそんな創業者の弟子に当たるわけですから、常に前向きでありたいと思っています。


大川隆法

じっとしているだけで、外部から何も刺激を受けないでいると、自分を変革し、考え方を改めたり新しくしたりすることは難しいもの。


高橋宏(経営者)

手数料を1000億円払えば、9000億円が手に入る。あなたの私腹を肥やすためではない、会社のためです。そう言われて、心が動かなかったと言えば嘘になります。顧みて、手を出す、出さないは、実にきわどい選択だったと冷や汗三斗の思いです。しかし濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】


伊庭正康

結局、上司と部下の相互のコミュニケーション不足にムダが生じる原因があります。かりに報告書をまとめろと言われたときに、「どこでどのように使うのか」「目的は何か」をまず確認します。目的をはっきりさせないまま進めると、後でやり直しになりかねません。


ページの先頭へ