名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

海老一染之助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

海老一染之助のプロフィール

海老一染之助、えびいち・そめのすけ。日本の太神楽曲芸師。11歳で海老一海老蔵に弟子入り。兄の海老一染太郎とともにお染ブラザーズを結成し、一世を風靡した。放送演芸大賞曲芸部門賞、第一回浅草芸能大賞奨励賞などを受賞

海老一染之助の名言 一覧

親父が終戦を迎えると「これからは、西洋から歌手や音楽の大家がやってくる。とても敵わないから、日本独特の芸をやらなくては駄目だ」と言って、私たちにお神楽を習わせたんです。


この三味線はお袋が使っていたもので、これしか残っていないんです。三味線としての価値はごく普通の三味線ですが、弾くたびにお袋の供養をしているような気持ちになってきます。


海老一染之助の経歴・略歴

海老一染之助、えびいち・そめのすけ。日本の太神楽曲芸師。11歳で海老一海老蔵に弟子入り。兄の海老一染太郎とともにお染ブラザーズを結成し、一世を風靡した。放送演芸大賞曲芸部門賞、第一回浅草芸能大賞奨励賞などを受賞

他の記事も読んでみる

真田武幸

私の場合、「利己」を認めたうえで、それをどうやったら社会貢献に生かせるだろうかと考えるとわくわくするんですよね。これがエネルギーになっています。


山田隆持

組織のトータルパワーを高めるには、立場は違ってもひとつの目標に向かって力を合わせていくことが必要なのです。結束すると、そこから知恵と力が湧いてきます。


和田秀樹

小さなことから始めて、大きな成功を成した例はいくらでもあります。たとえば、いまやトップアイドルのAKB48。彼女たちのスタートは秋葉原の小さなステージでした。最初のライブのお客は、たった7人ほどだったと聞きます。それがいまでは東京ドームでライブをするほどの人気を独得しました。彼女たちが最初からどこまでの目標を抱いていたかは、わかりません。しかし、小さなステージを懸命にこなし、着実に成果を積んでいった結果、現在に至ったんです。


遠山正道

僕は企画書には、「どんな共感が得られるか」ということしか書かないんです。データを示してどうこうという話ではなく。


マーク・ザッカーバーグ

僕がフェイスブックをつくったのは、会社をつくるためではありません。「世界をよりオープンで、皆がつながり合える場所にする」という使命を果たすためです。


丸山健二

できることなら、あのイヌワシのように生きてみたいと思う。イヌワシのように生きる資格の一つとしては、おれはまず第一に決して群れないことをあげたい。周囲を見まわしてみるがいい。群れている人間ばかりが目につくじゃないか。カラス人間やスズメ人間ばかりじゃないか。ひとりでは呼吸もできない連中が、その必要もないのに、互いに軽蔑しあいながらいたるところに群れているじゃないか。


徐向東

私は、日本企業はこれから再び大きなチャンスを迎えると考えています。新中間層は若いこともあり、行け行けゴーゴーで突っ走ってきましたが、いまや大きな転換期を迎えようとしている。マイホームやマイカーは手に入れた、少し疲れてきたから、これからは歩調を緩めて、ゆっくりしたい。もっと高いライフスタイルを求めたいと。ここ数年、日本企業が国内でやってきたことを、中国の消費者は求め始めています。中国ではいま、村上春樹の小説が人気ですが、それも意識の変化の現われでしょう。こうした消費者心理をつかみ、販売の表現力を強化していけば、日本企業の巻き返しも夢ではありません。


平本清

戦後の焼け跡から立ち上がった名経営者は、尊敬する松下幸之助をはじめ、皆が論語を読んでいます。上に立つ者のすべきことや心構えが書いてあるのです。でも、二代目以降のサラリーマン経営者は論語を読まないでしょう。気が付いたときには不合理なピラミッド型の組織と派閥の服従関係ができあがり、派閥同士がせめぎ合って下す決断も合理性とは程遠い代物になってしまいます。情報伝達も上から下への伝言ゲームみたいになってしまうから、組織の下の方はバカになっていくのです。


宮田孝一

私はマネジメント力の基本は組織内の情報を集約する力、チームとしての総合力を生かす力、そして全責任を引き受ける決断力だと思っています。


鈴木修

部品や製品はもちろん、設備まで、いかに小さく、少なく、軽く、短く、美しくするか。それがコスト削減とともに、できあがったクルマの燃費向上へとつながる。小型車と同じ安全基準が適用される中でのこうした努力が「小さなクルマをつくることなら、誰にも負けない」というスズキの競争力を養う力になっていたと思います。


村岡恵理

どうしても好きになれない、あるいは好かれていないと感じる上司の下では、仕事のモチベーションを失ってしまいがちですが、そこで腐っては、一番損をするのはあなた自身。どんなにスキルがあっても、やる気のない人から発せられる空気ほど職場に悪影響を及ぼすものはありません。


内藤忍

苦手な仕事を後回しにすると、嫌な気分を長く引きずり、他の仕事にまで影響を与えかねません。そうならないためにも、苦手意識のある仕事は細切れにして、さっさと手をつけましょう。