名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浦野光人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浦野光人のプロフィール

浦野光人、うらの・みつど。日本の経営者。冷凍食品メーカー大手のニチレイ社長・会長。愛知県生まれ、横浜市立大学文理学部卒業後、日本冷蔵(現:ニチレイ)に入社。低温物流企画部長、情報システム部長、経営企画部長などを経て、社長。系列会社のニチレイフーズ社長なども務めた経営者

浦野光人の名言 一覧

単に知識を得るのではなく、頭が痛くなるほど考える。すると、いつか腑に落ちるところまで到達します。そういう経験をすることが大切なのだと思います。


私は人間は、「腑に落ちる」というレベルまでひとつのことを考え抜くことが大事だと思っているのですが、新しい倉庫事業について「腑に落ちる」状態で取り組んでいたので、それをやり続けることができました。


社員たちには常に「周りの人たちとの信頼関係を大事にしてほしい」ということも強調しています。他者があってこその自己、周りの人との信頼関係の中で自分の仕事が進んでいくのだということも、忘れてはならないものだと考えています。


そもそも株式会社は、オランダ東インド会社がアジアから香辛料を輸入して、ヨーロッパの食生活を豊かにしたいと思ったことから発生しました。このように、会社の根本には「やりたいこと」があるはずです。


会社の根本は世の中の役に立つことです。人間の生活がより良くなるため、人間社会に新しい価値を生み出すこと。利益よりなにより前に、会社は働きがいのある集団でなければなりません。


長い目や高い視点を持てば小さな悩みや不安は取るに足らないこととなり、いま生を受けているこの一瞬を、この一生を精一杯やろうという気持ちが自然と湧いてきます。


地球の歴史は約46億年。そのなかで人類の歩みなど、たかだか500万年に過ぎないのです。そう考えれば、自分の小さな悩みなど吹き飛びますし、どんな不安からも解き放たれます。鳥瞰図のように、高い位置から見れば、地上でうごめいているのがバカらしくなってくるでしょう。


最近は仕事の選り好みをする若者が多いようですが、どんな仕事が自分に向いているかなんてわかりません。まず目の前の仕事に全力投球してみることが大事だと思います。


ロジックとはいわば分解的なものの見方。一方、地図を読み取るのは情報を総合する作業。経営には、総合的な視点は欠かせません。地理を学んだことは役に立っていると思います。
【覚書き|趣味の地理学について語った言葉。浦野氏は玄人レベルの知識を持つ地理学愛好家】


私の場合は常に三種類の本を並行して読んでいます。背筋をピンと伸ばして取り組まなければならない本。電車の中でも読める本。最後は本というよりは雑誌や新聞のような情報のたぐいです。しかし、どの種類の読書に置いても心がけているのは、読みながら絶えずシミュレーションをするということです。一人の人間が人生で難局を体験する機会はそう何度もありませんが、シミュレーションを通じて学習することができます。


各パラグラフ(段落)の最初だけ読めば素早く全体が把握できるようなものでなければ、ビジネス文書としては失格といっていい。これは会社におけるビジネス文書すべてに言えることでもあります。


新入社員のときは、自分が担当した商品を、営業の現場でとにかく売ろうと必死になります。しかし同時に、自分の会社の全体像を把握しておくことも大切です。ほかにはどんな商品があって、どんな分野が得意な会社なのか、自分の担当している事業は社内でどういう位置づけにあるかということなどです。


浦野光人の経歴・略歴

浦野光人、うらの・みつど。日本の経営者。冷凍食品メーカー大手のニチレイ社長・会長。愛知県生まれ、横浜市立大学文理学部卒業後、日本冷蔵(現:ニチレイ)に入社。低温物流企画部長、情報システム部長、経営企画部長などを経て、社長。系列会社のニチレイフーズ社長なども務めた経営者

他の記事も読んでみる

柴田励司

本や雑誌をいくら読んでも記憶に残らないと嘆く人には、読んで理解した内容を図式化することをお勧めします。これをやると、知識がフローからストックになります。さらに自分なりの情報を付け加えていくことで、知識を智恵に転換させることができます。


大武健一郎

いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


梅田望夫

ネットで自分の考えや思いを発表して、一度でも人に何か悪く言われると、多くの人たちは「もうやめた」となるんですけれども、こう考えてみて欲しいんです。世の中に新しいものが誕生するときは、必ず犠牲者が出るんです。鉄道が敷設されたときも、飛行機が発明されたときも、ひかれたり落ちたりして命を落とした人がたくさんいた。インターネットでも日常的に利用できるようになって、それで人が傷つくこともある。でも、そういうものを乗り越えていったとき、無限の人間の脳みそはつながるんです。


小松永門

2008年にiiyama(日本の液晶モニタメーカー)を吸収合併し、当社の飯山工場となりました。おかげさまで長年培ってきたものづくりの哲学やノウハウなど多大な資産を継承できました。高品質の製品を効率的につくり上げる。飯山工場の存在が法人ブランド立上げの力にもなっています。


古賀慶

もっと上手くなろうと考えている瞬間はすごく楽しいです。だからこそ、マンガ家さんはみんなライバルだと思ってます。同じ雑誌で描いている方も、そうでない方も。他の方には負けたくないっていう思いが強いですね。


本田健

人とかかわること、何らかの社会との接点がないと、お金は生まれません。逆にいうと、社会との接点さえあれば、どんなところにもお金が生み出されるシステムがあるはずです。


金子哲雄

些細な情報を深く調べて、ピンポイントで固有名詞を話に放り込むと、それだけで専門家に見える。たとえば人気アイドルグループに所属しているけれども、あまり知られていない子の名前をちょっと挟むだけで、詳しいと思われるんです。


井上高志

僕が繰り返し言っていることは「明元素でいこう」です。明るく、元気で、素直の頭文字をとって「明元素」です。ポジティブで建設的なコミュニケーションが大事だと。


上條努

自分の会社に自信を持って、自分の役割、やり甲斐を高めていくことが大切。


須田将啓

もうブレイクスルーしたら別世界だ。今は地獄かもしれないけど、一旦浮上すれば、決して下がることは無い。だからそこまでは頑張ろう。


島田政直

ヨーロッパはなかなかひとつの価値観で市場をとらえることができません。国別にマーケティング手法を少しずつ変える必要があるんです。


野津基弘

限られた時間の中でも自分の仕事に対して本当にこれでよいのか、という前提すらも疑って、「いいもの」を作るためにどんなことでも言い合える空気に変えていかなければ。