名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

浦野光人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浦野光人のプロフィール

浦野光人、うらの・みつど。日本の経営者。冷凍食品メーカー大手のニチレイ社長・会長。愛知県生まれ、横浜市立大学文理学部卒業後、日本冷蔵(現:ニチレイ)に入社。低温物流企画部長、情報システム部長、経営企画部長などを経て、社長。系列会社のニチレイフーズ社長なども務めた経営者

浦野光人の名言 一覧

単に知識を得るのではなく、頭が痛くなるほど考える。すると、いつか腑に落ちるところまで到達します。そういう経験をすることが大切なのだと思います。


私は人間は、「腑に落ちる」というレベルまでひとつのことを考え抜くことが大事だと思っているのですが、新しい倉庫事業について「腑に落ちる」状態で取り組んでいたので、それをやり続けることができました。


社員たちには常に「周りの人たちとの信頼関係を大事にしてほしい」ということも強調しています。他者があってこその自己、周りの人との信頼関係の中で自分の仕事が進んでいくのだということも、忘れてはならないものだと考えています。


そもそも株式会社は、オランダ東インド会社がアジアから香辛料を輸入して、ヨーロッパの食生活を豊かにしたいと思ったことから発生しました。このように、会社の根本には「やりたいこと」があるはずです。


会社の根本は世の中の役に立つことです。人間の生活がより良くなるため、人間社会に新しい価値を生み出すこと。利益よりなにより前に、会社は働きがいのある集団でなければなりません。


長い目や高い視点を持てば小さな悩みや不安は取るに足らないこととなり、いま生を受けているこの一瞬を、この一生を精一杯やろうという気持ちが自然と湧いてきます。


地球の歴史は約46億年。そのなかで人類の歩みなど、たかだか500万年に過ぎないのです。そう考えれば、自分の小さな悩みなど吹き飛びますし、どんな不安からも解き放たれます。鳥瞰図のように、高い位置から見れば、地上でうごめいているのがバカらしくなってくるでしょう。


最近は仕事の選り好みをする若者が多いようですが、どんな仕事が自分に向いているかなんてわかりません。まず目の前の仕事に全力投球してみることが大事だと思います。


ロジックとはいわば分解的なものの見方。一方、地図を読み取るのは情報を総合する作業。経営には、総合的な視点は欠かせません。地理を学んだことは役に立っていると思います。
【覚書き|趣味の地理学について語った言葉。浦野氏は玄人レベルの知識を持つ地理学愛好家】


私の場合は常に三種類の本を並行して読んでいます。背筋をピンと伸ばして取り組まなければならない本。電車の中でも読める本。最後は本というよりは雑誌や新聞のような情報のたぐいです。しかし、どの種類の読書に置いても心がけているのは、読みながら絶えずシミュレーションをするということです。一人の人間が人生で難局を体験する機会はそう何度もありませんが、シミュレーションを通じて学習することができます。


各パラグラフ(段落)の最初だけ読めば素早く全体が把握できるようなものでなければ、ビジネス文書としては失格といっていい。これは会社におけるビジネス文書すべてに言えることでもあります。


新入社員のときは、自分が担当した商品を、営業の現場でとにかく売ろうと必死になります。しかし同時に、自分の会社の全体像を把握しておくことも大切です。ほかにはどんな商品があって、どんな分野が得意な会社なのか、自分の担当している事業は社内でどういう位置づけにあるかということなどです。


浦野光人の経歴・略歴

浦野光人、うらの・みつど。日本の経営者。冷凍食品メーカー大手のニチレイ社長・会長。愛知県生まれ、横浜市立大学文理学部卒業後、日本冷蔵(現:ニチレイ)に入社。低温物流企画部長、情報システム部長、経営企画部長などを経て、社長。系列会社のニチレイフーズ社長なども務めた経営者

他の記事も読んでみる

木村光希(納棺士)

とかくタブー視されがちな「死」ですが、この世に生を受けた人間にとって、避けることができない人生一度きりの場であるということに変わりはありません。特に若い世代に「死」と正面から向き合ってほしいと考えています。


葛西紀明

ジャンプは一瞬で終わる競技だけど、飛び終わったあとには肉体的にも精神的にもすごく疲れるんです。もし一日中ジャンプのことばかり考えていたら、身体より先に頭が疲れてしまって、やりたいこともできなくなってしまいます。ですから、競技が終わったらできるだけジャンプのことを考えないようにしています。時間があるときは温泉やショッピングに行ったり、おいしいものを食べたり、リラックスして過ごします。そうすればトレーニング中にもやる気を維持できるし、試合のときには集中できます。努力を続けることは大事ですが、その一方で頭と心をリフレッシュさせることも必要。そのほうが、モチベーションが続くと思います。


岩崎裕美子

「残業がないと売上高が下がるのが不安」という経営者の皆さんは、ぜひ社員に相談してください。最も現場を知り、早く帰りたいと思っているのは社員です。真剣に解決法を考えてくれるはずです。


二宮尊徳(二宮金次郎)

速成を欲するのは、人情の常である。けれども成功、不成功には時期があり、小さい事柄でも、おいそれとは決まらない。まして大業ならばなおさらのことだ。


水谷孝次

大きな仕事をたくさん手掛けた僕の30代は、一見「成功」と映るかもしれません。しかし、いくら華やかな仕事をしても、忙しさで自分をすり減らす日々は、僕にとっては「失敗」でした。しかし、その失敗があったからこそ、僕は本当に自分のやりたい仕事に気づくことができたのです。


天野篤

特別な環境で普段通りの手術ができるかどうか。責任は重いですが、自分なら必ず成功できると言い聞かせていましたね。
【覚え書き|天皇陛下の手術をしたときを振り返っての発言】


岡倉天心

自己中心的な虚栄というものは、芸術家、鑑賞者いずれの側であっても、共感を育むうえで致命的な障害となるのである。


平井伯昌

常にフレッシュな気持ちでいられるように心のバランスを保つことは、選手だけでなく、指導者にとっても大事です。指導で行き詰まったとしても、別の選手を相手にすることで思考が切り替わり、新鮮な気持ちになれる。


ハンス-ポール・バークナー

日本は新興国を理解できる人材を育てていくことが必要です。逆に新興国から人材に来てもらって、日本の文化や風土をよく知ってもらう。その両方が欠かせないでしょう。そして、両者でインターナショナルなチームをつくりあげていけばよいのです。


猪瀬直樹

平常時に冷静に事態を切り抜けられる人は、緊急時でも同じ対応ができます。なぜなら、緊急かそうでないかが問題なのではなく、普段から事態を切り抜けようと努力していることが大事だからです。普段から「○○だからできませんでした」と言い訳している人が、緊急時の大一番で力を発揮できるはずがありませんからね。普段からの習慣が緊急時の対応に表われますから、常日頃から困難なことを避けずに、場数を踏んでおくことが大事ですね。


福島文二郎

目の前の仕事に手一杯で部下や後輩を育てる気力が持てないという方は、2つの視点をもっていただきたい。

  1. 人を育てると、自分はもっと育つということ。たとえば私も、ひとつの研修プログラムをつくる際は、その研修で教える内容の10倍以上の知識や情報を収集するので、人に教えるたびに自分のなかのストックが増えていきます。「人を成長させることが、自分の成長につながる」という意識をもてば、人を育てることを前向きに捉えられるはずです。
  2. 人を育てれば、自分は本来の仕事に集中できるということ。部下が成長すれば、上司のあなたがいちいち細かい指示出しや注意をする時間や手間がなくなり、自分は会社のビジョンや目標を達成するための施策を考えるといった重要な仕事に専念できます

菊池武夫(タケオキクチ)

日本では戦後30年以上続くファッションブランドは極めて少ない。紳士服に限れば、約30年も続いているのはタケオキクチぐらいではないでしょうか。私と同じ頃に始まったメンズブランドの多くが、その後、姿を消しました。日本では企業も消費者も、ブランドを育てる努力をしてこなかったからでしょう。