名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

浦上浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浦上浩のプロフィール

浦上浩、うらかみ・ひろし。リョービ社長。慶応義塾大学卒業後、父が創業した菱備製作所(のちのリョービ)に入社。その後、リョービに商号変更し社長を務めた。

浦上浩の名言 一覧

いろいろ失敗したうえで売れるものが出てくるんです。しかもたまに。


会社の責任者として自分にしかできないことをやりたい。人に任せられることは任せていきたい。
【覚書き:創業者の父からリョービの経営を引き継いだときに語った言葉】


浦上浩の経歴・略歴

浦上浩、うらかみ・ひろし。リョービ社長。慶応義塾大学卒業後、父が創業した菱備製作所(のちのリョービ)に入社。その後、リョービに商号変更し社長を務めた。

他の記事も読んでみる

山本寛斎

「山本寛斎はいつも元気で明るい」と言われますが、これまで順調に歩んできたわけではありません。人生の7割は葛藤でした。危機に直面してもだえ、どう乗り越えようかということばかり。いつもこれでいいんだろうかと迷いつつ、でもやはり自分はこれがやりたいんだと、遮二無二走ってきました。


大塚周一

大手企業がいくらキャリア形成の仕組みを用意したところで、せいぜい海外経験があるという場合がほとんどです。自らカバンを持って世界中を駆け回りながら、ものづくりの現場に入り込んで組織を指揮している人ってあまりいないと思います。


竹中平蔵

夢をどんなに語っても足元の細かいことをきっちりとやらなくてはならない。細かい部分と大きな夢との整合性をどのようにとっていくというのがおそらく経営者として一番問われるところだと思います。


川村益之

私はプレッシャーを感じるよりも、事業を成功させるために必要なことなら、乗り越えようとする気持ちの方がずっと強いのです。入社してすぐ、先輩に言われた言葉が強烈に印象に残っています。「自分がいいと思ったら、まず一歩踏み出せ」。いいか悪いかは、やってみないとわかりません。


村口和孝

現実の経営分析と、それの元となる報告は、極力本音と建前を排し、愚直で具体的、論理的にシンプルかつ合理的でなければならない。


大久保治仁

私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。


貞松成

証券会社の方から紹介して頂いたのが、AOKIホールディングス会長の青木擴憲さんでした。当時の本社だった東京・両国のボロボロのビルにやって来られて、「君の話を聞かせてくれ」と仰るので、こちらも気合を入れて説明しました。15分くらい話したところで青木会長は「よし、分かった」と言って、その場で2億円の個人出資を決断してくれました。これまでの経歴をざっとお話しさせてもらって、分かったと。


岸見一郎

上司からきつく叱られた場合も、見方を変えれば「期待を感じて厳しく指導してくれている」と捉えることができるかもしれません。そう考えれば、反抗的な態度を取ることはないでしょう。もちろん、これはパワハラを我慢しろということでありません。


寺田親弘

飛び込み営業してみるも、うまくいかずに落胆しているところに、隣の部署の同僚がやってきて、「あの会社のあの人、よく知ってるよ」といって名刺を見せる。前職時代によくあった光景です。社内の誰が誰といつ名刺交換したのかという情報がデータベース化されていれば、このような非効率なことをなくすことができ、ビジネスのチャンスが広がります。


似鳥昭雄

坪当たりの年間売上高は闇雲に高ければいいわけではない。競合を刺激しない適正な水準がある。


岡本吏郎

世の中の儲け話に乗せられてもロクなことはありません。むしろ「自分は何が得意なのか」。そう静かに自問したほうが、自分が得意であり、成功できる仕事が見えてくるはず。


貫啓二

私は不安な性格で、いつかは飽きられるという、もやもやした気持ちをずっと抱えています。自分では「不安経営」と呼んでいますが、日々このままじゃいけないという思いで経営しています。