浦上浩の名言

浦上浩のプロフィール

浦上浩、うらかみ・ひろし。リョービ社長。慶応義塾大学卒業後、父が創業した菱備製作所(のちのリョービ)に入社。その後、リョービに商号変更し社長を務めた。

浦上浩の名言 一覧

いろいろ失敗したうえで売れるものが出てくるんです。しかもたまに。


会社の責任者として自分にしかできないことをやりたい。人に任せられることは任せていきたい。
【覚書き:創業者の父からリョービの経営を引き継いだときに語った言葉】


浦上浩の経歴・略歴

浦上浩、うらかみ・ひろし。リョービ社長。慶応義塾大学卒業後、父が創業した菱備製作所(のちのリョービ)に入社。その後、リョービに商号変更し社長を務めた。

他の記事も読んでみる

小池龍之介(小池龍照)

概して現代人の消費は「ストレス解消のため」であることが多いように思われます。なかでも嗜好品の消費は、とくにストレス解消作用が大きいものです。たとえば、甘いものは精神をリラックスさせる働きがあり、お酒は神経を麻痺させます。なぜそうしたものが欲しくなるかというと、それだけ緊張している=ストレスがあるからです。


グレッグ・ピーターズ

我々が競争相手と考えるのは、ユーザーを取り囲むあらゆる娯楽だ。それはSNSかもしれないし、雑誌やゲームかもしれない。


関戸正実

私は2年前、体調を崩した際にいったん社長から退きました。生活習慣病の固まりみたいな体になっていましたが、体調を崩すまでは、自分の状態が変化していっていることに気づいていませんでした。病気を経験したことで、いまは食事や様々なことに気を使うようになりました。体重も当時からすればだいぶ落ちました。すると不思議なものですね。自分の体調管理をするようになって、経営についても今までよりさらに細かな気配りができるようになりました。


太田肇

馬の鼻先にニンジンをぶら下げるのではなく、何かを達成したからご褒美をあげるという「思わぬご褒美」という形をとれば意味が違ってきます。部下にとっては「自分の能力や成し遂げた仕事が承認された」ことになるので自信になり、人を最もポジティブにしてくれる要素のひとつ「自己効力感(自己有用感)」を高めることにつながるのです。


山下勝(経営学者)

やりたいことの中身と能力に自信があれば、自らが上司を引っ張っていっていいのです。ただ、日頃、報連相をきちんと行い、上司の信頼を勝ち得ていることが必要です。


小川孔輔

顧客満足度の高い企業には2つのパターンがあります。一つは値段や利用料金がかさんでも、期待を超える商品やサービスを提供できている企業。もう一つが価格は抑えながら、それなりの品質を保った商品・サービスを提供できている企業です。つまり、コストパフォーマンスの高さこそが客の満足を決定づける大きな要因なのです。


島田裕巳

宗教の「日本化」が起こる要因のひとつとして考えられるのは、日本が島国であることです。地続きに国境を接する国がないということは、外国の影響を受けにくい。それゆえに一度入ってきた宗教は、日本人が信仰しやすい教義やスタイルへとカスタマイズされていったのです。


進藤孝生

必要なのは、わかりやすさです。私は普段、どんなに難しい内容でも、できるだけシンプルに話すようにしています。多様な人が集う組織では、誰にでも通じるように話すことが大切。


水野雅義

年に一、二度、品評会を行なっています。すべての工場のきのこを無作為に集めて営業部門の社員に点数をつけさせるのです。工場によっては1日に10トンつくっていますが、品評会に出されるのはそのうちのわずか3キロだけ。それに外観で評価するので、結果がその工場のすべての品質を表すわけではありませんが、やはり高く評価されれば「次もいいものをつくろう」と思えるし、低い評価を受ければ「よし、今度こそ見ていろ」という気持ちになります。これも、ひとつの反骨精神でしょう。


阿部祐二

相手の話をよく聞き、理解すれば、根掘り葉掘り質問しなくても、相手から話してくれることはよくある。


熊谷正寿

「50歳のときにはこんなことをしていたい。60歳になったときには、これを実現していたい。そのためには……」というふうに考えると、誰だって自分の健康を強く意識するようになるのではないでしょうか。


渡邉幸義

私は「未来ノート」をつけています。1カ月に1冊。社会課題を解決するためのプランを毎日4時間、土日10時間、26年間1日も欠かさず書き続けています。今年で310冊目になりました。


吉田和正

「無駄をなくせ。本当に効率よく仕上げろ」これが、インテルの経営陣の、要求の核にあります。


樋口武男

世の中の動きをつかみつつ、思い切って新しいことに踏み切るわけです。思い切り、割り切り、踏み切りの3つの「切り」が大事だと考えています。スピード感をもってスパッと決断しなければいけません。


澤村伊智

この話を聞いたら何日後に死にます、何かが来ますというパターンの都市伝説は、誰しも一度くらいは聞いたことがあると思います。話自体は他愛ないし、根拠がないと分かっているのに、小学生時代には眠れなくなるくらい怖かった。あの怖さを活字のホラーでちゃんと表現してみたいというのが今回の狙いでした。ある意味、幼稚でベタな題材であっても、工夫次第でまだまだ怖くできるんじゃないかという思いもあって。


ページの先頭へ