名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浜脇洋二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浜脇洋二のプロフィール

浜脇洋二、はまわき・ようじ。自動車メーカーのBMWジャパン初代社長。東京大学卒業後、川崎航空機工業(川崎重工の飛行機部門が分離独立した会社。のちに川崎重工へ吸収合併された)に入社。その後、米国の川崎モーターズ社長として米国勤務。米国での同社のシェアを大幅に引き上げた。その後、BMWジャパンに移り社長を務め、輸入車シェア1位を獲得した。また、ディジタル・イクイップメント(DEC)日本法人の社長を務め、1年で黒字転換を果たした。国際企業経営者協会(IMA)会長なども務めた経営者。

浜脇洋二の名言 一覧

私は自ら手を挙げて川崎重工の米国法人を立ち上げました。本社はほとんど放任で、現地法人の立ち上げを自分の判断でやりました。当時、二輪車で先行していたのはホンダとヤマハ。違うことをやらないと勝てないと考え、日本の二輪メーカーとしては最初に米国に工場を建設しました。ホンダより3年早い工場建設でした。


米ディジタル・イクイップメントの日本法人の再建を任されたとき、今後の事業計画のプレゼンテーションをやらせると「絶対に売ります。売れなかったら死ぬ覚悟です」なんて言うのです。そうではない。マーケットはどこにあって、その中の具体的にどこを攻めるべきか、販売を拡大するためにどういう手順でどういう準備をすべきか、そういうことが聞きたいわけです。


日本企業が21世紀を生き残るためには、生簀の中のアマ集団から、荒波を乗り切るプロ集団へ脱皮することが必要だと思います。


(カワサキが米国で一時、ホンダに次ぐ2輪車のシェアを取るという)成功を収めることができたのは、米国人の優秀な役員を雇ったからです。日本の本社と関連が深い技術と経理担当の役員二人以外は全員米国人でした。日本の会社とはいえ、経営しているのは米国人ですから、他社とは違う戦略を次から次へと実行に移せたのです。


キャリア(幹部候補)育成は一社だけでは限界があるということです。日本の企業は社内ローテーションで人材を育てようとしますが、これでは他社と競える専門家、プロは育ちません。


ドイツのBMW本社からは「もっと優秀な社員はいないのか」と言われ、「トヨタ自動車やホンダが成功しているのは、優秀な人材がいるからだろう?」と質問されたりもしました。しかし、大きな集団の中のひとつの歯車としてはよくできても、日本人ビジネスマンは独り立ちした経営幹部としてはいまひとつなんです。


私が出会った100人を超える米国やドイツの経営者たちも戦略に長けた、したたかな経営者だったと思い起こしました。彼らに比べれば、日本の経営者はどことなくひ弱に見えてならない。例えて言えば、野良犬のたくましさと飼い犬の弱さの違いがあるように思えるのです。


ある中国人ジャーナリストと話をしたときのことです。彼曰く、「日本人と中国人が論争すれば、3人対3人なら日本人が勝つ。なぜなら、日本人は3人とも意見を同じくするが、中国人は各々が別の意見を言うからだ。しかし、1人対1人の論争なら、中国人が勝つ。中国人には戦略があるが、日本人にはそれがないからだ」。


浜脇洋二の経歴・略歴

浜脇洋二、はまわき・ようじ。自動車メーカーのBMWジャパン初代社長。東京大学卒業後、川崎航空機工業(川崎重工の飛行機部門が分離独立した会社。のちに川崎重工へ吸収合併された)に入社。その後、米国の川崎モーターズ社長として米国勤務。米国での同社のシェアを大幅に引き上げた。その後、BMWジャパンに移り社長を務め、輸入車シェア1位を獲得した。また、ディジタル・イクイップメント(DEC)日本法人の社長を務め、1年で黒字転換を果たした。国際企業経営者協会(IMA)会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

熱い思いがある時ほど、空回りしてしまうもの。伝えたい気持ちを伝え切れず、全力を出せないまま終わったなと落ち込む。でも、それでいいんです。緊張感の中に身を置いた経験は、必ずその人を成長させているから。


川野幸夫

人々が働きたいという会社になるには、「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要。


加留部淳

アフリカ大陸の人口は50年に25億人と倍増する。潜在マーケットが大きいことは間違いない。当社では「アフリカと一緒に、アフリカのために」という理念を掲げ、現地に深く根付きながら様々な事業を川下に広げ、アフリカの地域や人々とともに成長していくという長期的視野でビジネスに取り組んでいる。


澤口俊之

いま、すべきことは何か。成し遂げたい目標がはっきり見えれば、余分なことを遮断し、しなくてはいけないことに集中できる。


豊田章男(モリゾウ)

最近、しばしば若者のクルマ離れがメディアの俎上にのぼりますが、たとえば、シニアのユーザーの方々がクルマの運転を楽しんでいる姿を若者の皆さんに見せていただければ、「あっ、クルマの運転って楽しいんだなあ」と感じてもらえるきっかけになる気がします。私の場合は、クルマが身近にある環境に育ったものですから、クルマを運転する楽しさが身に沁みています。いろんな意見がありますが、やはりいつの時代も若者はクルマが好きだと思いますよ。


山田真哉

単位を変換するだけで、数字が与える印象はまったく変わります。健康食品で「コラーゲン1万ミリグラム配合」という表現がありますが、「10グラム」というのに比べ、前者の方が断然多く配合されているように感じます。ボクシングやプロレスでは、選手の体重を「69.7キログラム」と言わず、「153パウンド4分の3」と紹介します。後者の方が迫力を感じませんか?


清水信次

織田信長ほどの人でも自分の器量を超えたところで明智光秀に討たれたし、豊臣秀吉のように草履取りから天下を取った人も自分の器量を超えて朝鮮出兵して自滅してしまった。徳川家康は自分の器量を心得ていたから、天下を取った後250年も幕府が続いた。大体の場合、潰れる会社はトップが己を知らない。


野田一夫

日本社会には不合理なことはいっぱいある。ところが、生命に関わるようなことでないかぎり、国民はなかなか大きな声を挙げない。だから事態は変わらない。


小宮一慶

私は顧問を務める建設関係の会社の若手社員に、こう言っています。「日常業務に直接関係がなくても、電気工学や建物の構造力学といった知識まで知ると将来が違ってくるよ」と。


ウィリアム・ウェルドン

短期的な目標だけを追求せずに長期的な視野を持って経営してきたことが、75年連続の増収という長期にわたる成長につながっているのです。


佐山展生

私はいつも(スカイマークの)時刻表を持ち歩いて皆さんにお見せするのですが、ほとんどの人が「こんなに飛んでいるんですか?」と驚くんです。知らないから乗らないというのが大半なんですね。


朝倉千恵子

営業マンは、お客様が「きみの会社とつきあってよかった」と思う付加価値を売らねばなりません。日本一高い商品でもいいのです。高いからこそのメリットを明確に謳って、お客様が満足してくだされば問題はないのです。