名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浜脇洋二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浜脇洋二のプロフィール

浜脇洋二、はまわき・ようじ。自動車メーカーのBMWジャパン初代社長。東京大学卒業後、川崎航空機工業(川崎重工の飛行機部門が分離独立した会社。のちに川崎重工へ吸収合併された)に入社。その後、米国の川崎モーターズ社長として米国勤務。米国での同社のシェアを大幅に引き上げた。その後、BMWジャパンに移り社長を務め、輸入車シェア1位を獲得した。また、ディジタル・イクイップメント(DEC)日本法人の社長を務め、1年で黒字転換を果たした。国際企業経営者協会(IMA)会長なども務めた経営者。

浜脇洋二の名言 一覧

私は自ら手を挙げて川崎重工の米国法人を立ち上げました。本社はほとんど放任で、現地法人の立ち上げを自分の判断でやりました。当時、二輪車で先行していたのはホンダとヤマハ。違うことをやらないと勝てないと考え、日本の二輪メーカーとしては最初に米国に工場を建設しました。ホンダより3年早い工場建設でした。


米ディジタル・イクイップメントの日本法人の再建を任されたとき、今後の事業計画のプレゼンテーションをやらせると「絶対に売ります。売れなかったら死ぬ覚悟です」なんて言うのです。そうではない。マーケットはどこにあって、その中の具体的にどこを攻めるべきか、販売を拡大するためにどういう手順でどういう準備をすべきか、そういうことが聞きたいわけです。


日本企業が21世紀を生き残るためには、生簀の中のアマ集団から、荒波を乗り切るプロ集団へ脱皮することが必要だと思います。


(カワサキが米国で一時、ホンダに次ぐ2輪車のシェアを取るという)成功を収めることができたのは、米国人の優秀な役員を雇ったからです。日本の本社と関連が深い技術と経理担当の役員二人以外は全員米国人でした。日本の会社とはいえ、経営しているのは米国人ですから、他社とは違う戦略を次から次へと実行に移せたのです。


キャリア(幹部候補)育成は一社だけでは限界があるということです。日本の企業は社内ローテーションで人材を育てようとしますが、これでは他社と競える専門家、プロは育ちません。


ドイツのBMW本社からは「もっと優秀な社員はいないのか」と言われ、「トヨタ自動車やホンダが成功しているのは、優秀な人材がいるからだろう?」と質問されたりもしました。しかし、大きな集団の中のひとつの歯車としてはよくできても、日本人ビジネスマンは独り立ちした経営幹部としてはいまひとつなんです。


私が出会った100人を超える米国やドイツの経営者たちも戦略に長けた、したたかな経営者だったと思い起こしました。彼らに比べれば、日本の経営者はどことなくひ弱に見えてならない。例えて言えば、野良犬のたくましさと飼い犬の弱さの違いがあるように思えるのです。


ある中国人ジャーナリストと話をしたときのことです。彼曰く、「日本人と中国人が論争すれば、3人対3人なら日本人が勝つ。なぜなら、日本人は3人とも意見を同じくするが、中国人は各々が別の意見を言うからだ。しかし、1人対1人の論争なら、中国人が勝つ。中国人には戦略があるが、日本人にはそれがないからだ」。


浜脇洋二の経歴・略歴

浜脇洋二、はまわき・ようじ。自動車メーカーのBMWジャパン初代社長。東京大学卒業後、川崎航空機工業(川崎重工の飛行機部門が分離独立した会社。のちに川崎重工へ吸収合併された)に入社。その後、米国の川崎モーターズ社長として米国勤務。米国での同社のシェアを大幅に引き上げた。その後、BMWジャパンに移り社長を務め、輸入車シェア1位を獲得した。また、ディジタル・イクイップメント(DEC)日本法人の社長を務め、1年で黒字転換を果たした。国際企業経営者協会(IMA)会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

林野宏

運とツキを呼び込むためには、勝ちがあるうちに次の一手を打ち、勝ち続けていくことが重要です。
90年には当時セゾングループだった西友の食品売り場で、日本初のサインレス取引を始めました。02年にはポイントプログラムの有効期限を廃した永久不滅ポイントを開始。10年には米アメリカン・エキスプレスと3年間の交渉の末、券面にアメリカン・エキスプレスの象徴である「センチュリオン(古代ローマの百人隊長)」がデザインされた提携カードを世界で初めて発行しました。80年代以降、我が国のカード業界のイノベーションはほとんど私たちがやってきたという自負があります。


本広克行

仕事を任されると、任される嬉しさでやる気が出てくるし、任せてくれた先輩に恥をかかせちゃいけないとい責任感も出てくる。


井上高志

少年時代は引っ込み思案で、人目を気にするタイプでした。当然、無口で押しも弱かった。しかし人目を気にする性格は、実は「相手の考えていることがわかる」という強みにつながることに、ある時点で気づいた。これは言い換えると、自分を客観視することができるということでもあります。他者の思いがわかれば、その視点を借りて、自分がどう語りかけるべきかがわかるのです。


石川康晴

私たちは東日本大震災から多くを学びました。震災を教訓に拠点を分散しています。物流拠点を国内で2カ所、中国で2~3カ所、アジア全体まで含めると、国内外で計10カ所ほどに分散しなければ、持続可能な供給ができません。


齋藤孝(教育学者)

大量にこなしていると何かが見えてくる。すると「○○のことなら、あいつに頼め」となる。その職場に欠かせない存在になることができる。


神野直彦

現在の経済を見ても、根本的なことを問わないと混乱しますよ。マイナス金利とは何だったのだろうか。ビットコインなどの仮想通貨が出てきたのは何だったのか。私たちはやはり、貨幣とは何だったのだろうかという根本的なことを問うていかないと、どうも今の社会は景気が良いか悪いかという貨幣価値換算だけで物事を判断しているわけですね。やはり、今の経済や社会が本当に人間にとって幸せなのかを真剣に考えなくてはならない時期に来ているからこそ、私たちは踊り場から上がるべき階段が見えていないような気がします。


大谷芳弘(コンサルタント)

自社の製品やサービスを宣伝したいけど予算がないという企業や自治体は全国にたくさんあります。そこでマスコミにプレスリリースを送って、製品(サービス)の魅力、面白さを伝えます。興味をもってもらい、取材されれば、無料で宣伝してもらえるのです。そのお手伝いをするのが広報コンサルティングの仕事です。


久野康成

価値観は、企業文化をつくる。これは、トップマネジメントの価値観により左右される。


朝倉孝景(朝倉敏景)

代々受け継いできたからといっても、無器用な者に、軍扇や奉行職などを預けてはならない。


森川亮

僕たちは今、収益を二の次にしています。もちろん収益も上げていますが、そのすべてをサービス開発の原資に回しています。これも僕たちが上場していないからこそできることです。


高田明(ジャパネットたかた)

理念という変えてはいけないものが人の生き方にも企業にもある。


佐野眞一(ノンフィクション作家)

肝心なのは与えられた情報に右往左往して踊らされないことだ。そして「自分の視点でモノを考え、ちゃんと生きる」ことを続けて欲しい。