名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浜田尚則(濵田尚則)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浜田尚則(濵田尚則)のプロフィール

濵田尚則、はまだ・なおのり。日本の経営者。「アイ・オー・データ機器」社長。石川県出身。アイ・オー・データ機器に入社。営業部長、執行役員CS部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

浜田尚則(濵田尚則)の名言 一覧

数字だけを追いかけていては、変化に対応することが難しくなる。


ビジネスモデルの変革は続けていきます。変化に対応して企業の姿を変え続けられるようにしたい。だから、現場から出た面白いアイデアは果敢に挑戦させます。たとえ時間がかかっても、それが最終的な目標を達成するための近道だと思いますから。


私の社長としての目標は、前の期の業績を少しでも上回り続けていくことです。あえて高い業績目標は掲げません。もちろん、売上高を2倍にできれば、それに越したことはありません。でも、高い目標を掲げてしまうと、社員たちは自分の経験の枠内で手っ取り早いアイデアを挙げるだけで終わってしまいます。


経営陣の一員として、単品売りからシステムやサービスで稼ぐ、ビジネスモデルへの転換を進めてきました。たとえば、液晶ディスプレーであれば、パソコンとつなぐことで簡易的なデジタルサイネージ(電子看板)を構築できるシステムとして売り込む。店舗での設置から保守までを手掛けることで、価格競争に陥らないようになってきました。ここ数年は業績も安定しています。


浜田尚則(濵田尚則)の経歴・略歴

濵田尚則、はまだ・なおのり。日本の経営者。「アイ・オー・データ機器」社長。石川県出身。アイ・オー・データ機器に入社。営業部長、執行役員CS部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小泉文明

現在、社員のバリュー(重視する価値観・行動様式)実践度はかなり高いと思っています。ただ、手を緩めた途端に下がるでしょうから油断は禁物。


オグ・マンディーノ

挑戦し続けなさい。止めてはならない。状況は変わるものだということを常に信じていなさい。心は重く、体は傷つき、財布は空で、慰めてくれる人もいない。それでも耐えなさい。太陽が必ず昇るように、あなたの不運の時にも必ず終わりがくることを信じなさい。常にそうであったし、これからも常にそうなのだ。


濱田秀彦

年上部下は、居場所がないと感じていることが多い。若手の指導役など、役割を与えることも有効。


金子豊久

得意先の大手メーカー様の海外進出に伴って、我々の事業も海外展開を視野に入れています。私たちは工場のライン解体から自動車そのもののスクラップまで多くのノウハウを持っています。もちろん試作車などの機密製品も、部品ひとつ外部に出さずスクラップ処理できます。そういった能力と努力がお客様の信頼につながり、業績を伸ばしてきたのだと思います。そうして培ってきた総合力を海外でも発揮していきたい。


岡素之

社員との対話は年間を通じてやり続けています。海外でも同じです。先日も、中近東に出張したとき、現地のマネジャークラスに集まってもらい、2時間ほど話をしました。私からは「会社は何を目指しているのか、どういう考えを持っているのか」を説明し、彼らからは「いまどんなことをやっていて、何を提案したいのか」を聞きました。


森川亮

今の時代、過去のやり方は必ずしも当てはまらない。どちらかというと、未来志向でなければ成果が出にくい。成果を出すためには、過去を否定し、常識を取り払い、タブーを冒すような勇気が必要。


ジャック・ドーシー

スクエア(スマートフォンをクレジットカード決済端末にするサービス)やツイッターのように、0から作り上げることは素晴らしい。だがそれは現状の何かを再考するところからすべてが始まっている。


小室淑恵

これからのビジネスパーソンは、定時の中で成果を残すことが評価に結び付くようになります。「仕事はできないけど、その分、人の二倍の時間働いて成果を出します」という考え方が通用しなくなるわけです。


二宮尊徳(二宮金次郎)

貧富は分度を守るか分度を失うかによって生ずる。分度を守って、みだりに分内(予算)の財を散らさなければ富にいたるし、分度を失い、他から借財して分内に入れるようであれば、やがて貧に陥る。


宮本恒靖

「ここへ行きたい」と決めて、逆算して行動する方が合理的だとは思います。しかし、自分としてはぐ自分の引き出しの中へいろんなものを入れておきたいんです。将来的にどう繋がるのか分からないけれど、その時々に興味のあること、ベストだと思うことをやっていけば、その経験が後々、生きてくると思うから。


谷口義晴

気を配っているのはただ一つ、社員のやる気を損なわないようにすることです。組織の長が軽率なことを言って、伸びようとしている芽を摘まないように神経を使っています。


ジョン・コッター

私は長年、多くの経営者の方々と議論を重ねてきました。経営者のほとんどは、「自分の組織に危機意識がある」と考えています。しかし実際は全然違います。