名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浅野一成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浅野一成のプロフィール

浅野一成、あさの・かずなり。日本の経営者。「シーグリーン」社長。

浅野一成の名言 一覧

「意識を変えて行動を変える」という言葉がありますが、私は「行動を変えて意識を変える」ことの有効性を実感しています。当社の「評価ポイント」は、まさに行動を変えるツールです。このサービスを通じて、日本の生産性向上に少しでも貢献できればと考えています。


当社のポイントシステムによって、社員やスタッフの頑張りや、予算や目的の達成に応じてポイントを付与することで、成果を「見える化」することが可能になります。それを管理者がリアルタイムに把握できる他、SNSで社内で共有化することでお互いのモチベーションを高めることもできるのです。


最初は、当社自身が成長する中で、人の活用や評価について、従来の人事考課ではしっくりこないという思いを抱えていた時に、自らが展開するポイントシステムが活用できないか? ということで自社に導入しました。そうしたところ、社員のモチベーションも高まり、効果を実感できましたので、お客様にも提供することにしたのです。


私の好きな場所は「新幹線」です。当社の福岡営業所に向かう時などに、オフィスに近い新横浜駅から乗るのですが、何よりも車内の居心地がいいというのが一番好きな点です。また、走行中に窓から日本の様々な風景を見ることができるのも魅力です。移動中は車両内以外の場所に行くことができないという制約がありますから、そこで集中して物事に取り組むことができます。新横浜から5時間近くありますが、最初の1~2時間は資料を読み込み、残りの時間で集中的に企画をまとめます。もし飽きたら、外の景色を眺めてリフレッシュすることもできます。別の場所ならリフレッシュし過ぎることもありますが、新幹線内なら5分ほどで切り替えることができます。「評価ポイント」の企画も新幹線から生まれたものです。新幹線は私にとって「移動執務室」となっています。


浅野一成の経歴・略歴

浅野一成、あさの・かずなり。日本の経営者。「シーグリーン」社長。

他の記事も読んでみる

溝畑宏

経営というのはずっと同じ事をやっていたらいつまでも守備に徹してしまいます。チャレンジしていかないと、成長もしません。


瀬口清之

様々な古典書があるが、私がビジネスパーソンの皆さんにまず読んでほしいのは『論語』『老子』『孫子』の3つ。『論語』は儒教の始祖である孔子と弟子たちとのやり取りを記した書で、人を率いるとはどういうことか、人間としてどう生きるべきかなど人生の指針を学ぶことができる。どちらかというと人生上り坂の時に読むといい。逆に心落ち込んだ時に読みたいのが『老子』。自分の原点に立ち返り、「また一から頑張ろう」と、気持ちを奮い立たせてくれる。そして、具体的に人生をどう切り開くか、企業戦略をどう立てるべきかを示してくれるのが『孫子』だ。


ジェイ・エイブラハム

あるとき私は、「現実が絶望的である以上、自分が考え方を変えない限り、状況が変わるはずはない」と気がついた。言い換えれば、自分で設定していた限界を自分で変えるほかない、ということです。


安田隆夫

顧客の心のひだにスポットライトを当て、新たな業態を創造していくという飽くなき執念、我々の言うところの「はらわた」は何ひとつ変わっていない。


佐藤優

外務省で働いていた頃、部下を見分けるのに「小さな嘘をつかないか」「約束を守れるか」で判断していました。嘘をつく部下は要注意。小さなごまかしをする、約束を反故にする人はいつか大事な場面でミスを犯す。


及川智正

私は企業家を志す人たちからよく相談を受けますが、彼らに対しては「相談する前にまずやってみなよ!」と言っています。やってみないと何も分かりませんから。やってみて困ったことがあったら、相談に来ていただければと思います。


辻本憲三

アメリカにも家がありますが、私は日本で生まれた日本人で、日本が好きだから、海外に移住することはありません。日本は島国で、独自の文化や風土を育んできました。日本人は、賢くて勤勉で、本当に良い国だと思います。最近は良い国過ぎて、若い人たちが外に出て行かないから国際競争力も落ちているのが問題になっていますが、それくらい日本は良い国だと思います。


酒井俊幸(陸上選手)

厳しい練習を続けていると、走ることが好きな選手であっても人間ですから、ああやりたくないな、面倒くさいな、という感情が出たり、心が折れそうになる時期も必ず来ます。そんな時、指導者はしっかりと必要な言葉をかけて、心を強くしてあげなければいけない。


ミルトン

私たちに与えられた光は、ただじっとそれを見つめているためではなく、それによってまだ私たちから隠されているところの、遠い先のものを開けて見るために、与えられているのだ。


綾辻行人

父親が急逝し、父の商売の後始末に奔走しないといけなくなりました。お金のこととか法律とか、ぜんぜん詳しくなかったから。ひどく苦労しました。大人になるというのは、社会的成功や財産を築くのではなく、こういった現実を背負うことなんだと、身を持って知ることができました。楽しい気分だけで、人生はやっていけるものじゃないなと。


午堂登紀雄

イライラや不安などによって集中できないときは、「そのイライラや不安の内容を書き出す」のが効果的です。書いてみると、頭の中が整理でき、取り越し苦労だと気づいたり、イライラしていることがバカらしくなったりします。目の前のことに没頭できるようになるはずです。


上野和典

ブレーンストーミングは、セレモニーとしての会議や情報共有型の会議とは正反対で、時間制限を設けずに、体力が続く限り何泊でもしてアイデアを煮詰めるものです。ここにはなるべく職位の上位者は参加しない方がいいでしょう。理由は簡単で、時間無制限の会議だから年長者は先に参ってしまいます。しかもその人がリーダーであれば、自分が疲れたところで「この辺でいいだろう」とまとめに入ってしまいます。メンバーのアイデアが最後まで出尽くさないうちに会議が終わってしまう恐れがあるのです。