名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

浅田すぐるの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浅田すぐるのプロフィール

浅田すぐる、あさだ・すぐる。日本のビジネストレーナー。「1枚ワークス」代表。愛知県出身。立命館大学経済学部卒業後、トヨタ自動車、グロービス勤務を経て独立。著書に『トヨタで学んだ紙1枚にまとめる技術』。

浅田すぐるの名言 一覧

もともと私は思考の整理が苦手でしたが、業務で使う書類はすべてA3またはA4一枚にまとめるというトヨタの企業文化が、私の思考整理能力を高めてくれた。


「お客様目線で頑張ります」と伝えても、言われたほうは何をしてくれるのかわかりません。例えば「明日A社に訪問して要望を聴いてきます」と動作にすれば、よりはっきりと伝わるのです。


「この商品の特徴をひと言で紹介します」など、「何について伝えるか」宣言してから始めること。これで自然と相手が聞く態勢になり、伝わりやすくなります。


人が疑問を解消しようと投げかける質問のほとんどは、「why」「what」「how」に集約される。それを事前に意識しておけば、資料の読み手が何を知りたいのか、どこに疑問を持つかが見えてくる。さらに「when」「who」「where」を補足的に意識することで、より具体的な提案にできる。


資料を見る相手が「何を知りたいか」を考えるという視点も重要。相手の意図とズレた資料では、いくら見やすくても相手の心に届かず、やり直しを命じられる可能性が高くなる。


ひと目で内容全体がわかるよう、A4またはB4サイズの「用紙一枚にまとめる」。情報をかたまりで認識できるよう、「カテゴリーごとに枠で囲む」。「枠ごとにタイトルをつける」。この3つを実行すると情報の一覧性が高まるので、読み手は内容をぐっと把握しやすくなる。


忙しい相手にとって「読まないと理解できない資料」は大きな負担。自分の時間も相手の時間もムダにしないためには、読まなくとも「ひと目で理解できる内容」に仕上げることが不可欠。


時間をかけて資料を作ったのに、「つまり、何?」のひと言で片づけられ、やり直しを余儀なくされたことはないでしょうか。その原因のほとんどは「情報の詰め込みすぎ」。時間をかけて情報を詰め込めば詰め込むほど、論点がぼやけてしまうのです。


画面上でチェックしているときは気づかなかったのに、プリントアウトして見直したら文章に間違いがあった、という経験は誰にでもあるはず。同じ情報に接するときでも、パソコンなどの画面より、紙で見たときのほうが、前頭前皮質が活性化するという研究結果があります。とすると、パソコンの画面を見ながら考えるのは、わざわざハンディを背負うようなものです。


思考を紙一枚にまとめる3つのメリット

  1. まとめる過程で自分の思考を整理できる。頭がごちゃごちゃのままコミュニケーションはできない。
  2. 聞き手が理解しやすい。一枚にまとめた紙があれば、見た瞬間に大枠が理解できる。
  3. 思考を紙一枚にまとめておけばコミュニケーションの時間が短縮できる。

マジメな人ほど「全部正確に伝えよう」としがち。それが失敗のもとです。まず、その考えを捨てましょう。ポイントを3つに絞ること。全て伝えても、聞く人が3日後に覚えているのはせいぜい3つ。ならば最初から、一番大事な3点に絞って伝えるほうがいい。


浅田すぐるの経歴・略歴

浅田すぐる、あさだ・すぐる。日本のビジネストレーナー。「1枚ワークス」代表。愛知県出身。立命館大学経済学部卒業後、トヨタ自動車、グロービス勤務を経て独立。著書に『トヨタで学んだ紙1枚にまとめる技術』。

他の記事も読んでみる

香山リカ(精神科医)

じつは学生の頃から目標を立てたり、それに向けて努力するのが大の苦手。こうした傾向は医師になってからも続き、「みんな頑張ってるのに、どうして自分は仕事に目標を持つことができないんだろう」とコンプレックスを感じることもありました。けれど、40代半ばになって、「いまさら自分を変えることなんてできない。このままの私でもいいんじゃないか」と開き直るように。すると、自分では欠点だと思っていたことの良さが見えてきました。


吹越満

最近、あらためて思うのは偶然がつないでくれた信頼できる人たちの存在が、深く考えずに俳優になってしまった僕を支えてくれている、ということ。


飯島勲

私たちは上司や同僚や取引先を、自らの意思で代えることができないという点だ。「部下の仕事が遅い」「クライアントが優柔不断だ」などと愚痴を公にしたところで自分の能力不足を疑われるのが関の山だろう。ここは思い切って「バカ」を徹底的に利用するのがいい。明らかに能力不足の部下であったなら、むしろ大きな権限を与えて重用する。その部下は大喜びするだろうし、自分に対して敬意を払う。あなたが自分に自信があるなら実行してみてほしい。逆に、優秀な人間を重用しても、本人は自分の実力だと思うだけで、あなたには感謝しないだろうし、ますますあなたのことを軽視する可能性がある。人材登用の実力主義は組織存続のための最小限にとどめ、まずは「敵」「味方」で行うのが現実主義的な知恵だ。


飯野修一(経営者)

これだと思ったことは「徹底的に」やること。自分の得意分野を突き詰めれば、それが周囲からはみ出していても怖くありません、自信がありますから。自分なりの指針で自身をジャッジすることも大事。


松井房吉

国を信用するな。
【覚書き|上記は太平洋戦争終結後の発言。房吉氏は戦前に国債や国策企業の株、貴金属などに多額の投資をしていたが、戦時中に供出を求められたり、戦後価値がゼロになったため財産のほとんどを失った。とくに国債は紙くずになってしまったので、それ以降、松井証券ではいまでも国債をリスクの高い金融商品と位置付けている】


佐々木圭吾

モチベーションを高めるために最も大切なのは、仕事そのもの。良い仕事こそが人を動かすエンジンになる。


内田直

睡眠でリセットされて脳にキャパの余裕があるので、部下への指示を目的とする会議は午前中に済ませるのがお勧めです。


西村英俊

社長自身が知って、事実を発信する。公表する、恐れない、そして評価する。社長が情報を使って見せれば、社長が訓辞で言っている何でもオープンにせよとはこういうことなのかと、役員、職員が実際に理解して、不祥事に関する情報も聞こえてきやすくなります。もちろん安心してしまってはいけません。会社のコミュニケーションを良くしましょうと訓辞で言っているだけでは、しょせんお念仏。


市村洋文

自分の軸とは、使命のこと。使命は「命を使う」と書く。つまり、命がけでする仕事は何かを考えて行動するということ。


高田明(ジャパネットたかた)

カメラは画素数ではなく、ものの背景に人の歴史や人生の証を残すものと考えれば、全く違った売り方になります。我々の視点はそこではないかと。作り手や使う人の思いをどうやって伝えるかということを私はいつも考えながらやっています。


小林喜光

私は社長就任以降、経営課題の定量化に注力してきました。経営状況の把握などに定性的な曖昧さが多いと、何も決められないからです。


渡邉美樹

20世紀型の「もっと、もっと」で豊かになったのか、「もっと高級なものを」「もっと贅沢を」と求めていた幸せが、はたして本当に幸せだったのかと、みんなが考え始めたのでしょう。利己的な物欲から心の豊かさや共生、共助といったことに人々が向き始めたということだと思います。これは震災報道の影響もあるでしょうね。ニュースを通じて、家族や地域の絆、助け合いの大切さが、連日報じられています。それらに触れて、改めてそういったものの大切さに気付かされたことが、変化のきっかけになったのではないでしょうか。