名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

浅井浩一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

浅井浩一のプロフィール

浅井浩一、あさい・こういち。日本のマネジメントケアリスト。著書に『はじめてリーダーになる君へ』。

浅井浩一の名言 一覧

一営業マンとして同じように汗をかく姿勢を見せることで、部下との距離が縮まった。


部下が数百人になっても誕生日のお祝いメールを送っていました。些細なことですが、そうした積み重ねが人間関係づくりに繋がる。


部下の席をこまめに回ってコミュニケーション。その時は部下の足元にしゃがむ。物理的に「下から目線」になれば、上から目線の言動を防げる。部下も話しやすくなる。


意図的にやったわけではなく、自分の弱みをさらけ出すしかなかったのが正直なところ。「上司が部下に教えを請うのは恥ずかしい」というプライドはありましたが、それでは何もできない。だから、プライドは捨てました。


実力がなくても、できる範囲でコツコツと頑張ることが重要だと思います。私も、営業所長になった時、できるだけのことはしようと思い、自転車をこいではすべての販売店の挨拶回りすることから始めました。すると、だんだんと周囲から助けてもらえるようになったのです。所長然とせず、部下と同じように汗をかけば、たとえ要領が悪くても、周りの人は共感し、力を貸す気になるのだと思います。


38歳で営業所長を任されたときのこと。いきなり古参の部下の反発に遭いました。リーダー然として部下に指導しようと思っていたので、戸惑いました。でも、このままでは何もできない。そこで、恥をしのんで、私は営業のことは何もわからない。「申し訳ないが、一から教えてくれないですか」と部下に頭を下げて、教えを請うたのです。私が初歩的なことをあれこれ聞いていたのを見て、部下同士も「そんなこと聞いていいんだ」と様々なことで確認や質問をし合うようになり、所内に一体感が生まれたのです。結果、僕は何も指導してないのに、営業所の成績は急上昇し全国でも上位になりました。


浅井浩一の経歴・略歴

浅井浩一、あさい・こういち。日本のマネジメントケアリスト。著書に『はじめてリーダーになる君へ』。

他の記事も読んでみる

石井琢磨(弁護士)

交渉では最後に負けたフリをするのも大事ですね。「こんな厳しい案件はなかったです」「ここまでしっかりした人は初めてでした」と自分も傷を負ったような発言をして、向こうの自尊心を満たしてあげる。そうすれば相手も気分よく終わるから、握手で別れられます。


山内雅喜

クールもスキーもゴルフもすべて現場から上がってきたお客様の「声」がベースになっていますし、時間帯お届けサービスも、やはり東北地方のある地域から上がってきた「声」がサービスの基本スペックになっています。部分的な現象をみて、「こうじゃないだろうか?」と仮説を立てて新しいサービスを提案する方法に比べると、現実の「声」をベースにするほうがはるかに強い確信をもって取り組むことができる。それが、我々のやり方なのです。


真藤昌瑳熙

部下に仕事を任せるにあたってまずすべきことは、「部下が良い仕事をすれば、自分の昇進へとつながる」という考え方に切り替えること。


伊藤彰(コンサルタント)

難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。


都築冨士男

経営課題を放置すれば企業は衰退する運命にある。経営課題を明確にし、それを解決する仕組みをつくるのが経営者やリーダーの役割。


後藤瑞巌

それはもう運命や。おまえが残されたのは、おまえにこれからしなければならないことがあるからや。

【覚え書き|生き残った特攻隊員への言葉】


勝海舟

教師の名前はカッテンデーケ(ヴィレム・カッテンディーケ、オランダ海軍軍人)といったが、笑いながら「それは良い修行をした。いくら理屈は知っていても、実地に危ない目に遭ってみなければ船のことはわからない。危ない目と言っても10回が10回ながら格別なので、それに遭遇するほど航海の術はわかってくる」と教えてくれた。このとき、理屈と実際とは別だということを悟ったよ【覚書き|長崎海軍伝習所時代の航海実習時に教官からあまり沖に出すぎるなと言われていたが、遠出してしまい、かつ嵐に会って沈没しそうになった時を振り返っての発言】


西野精治

脳の眠りのスイッチは「なるべく単調な状態をつくること」。いつも同じ時間に、同じパジャマで寝る、などのルーティンをつくることも有効。


加島禎二(加島禎二)

経験を積むには時間がかかる。だから有望な人材を若いうちから発掘し、チャレンジングな経験を積ませる必要がある。


谷所健一郎

転職するときは自分中心ではなく、転職先となる会社中心の発想を持つこと。行きたい会社がある。キャリアの棚卸しもできた。ここまではいいでしょう。しかし、その二つをうまくつなげられない人がとても多い。単にこれまでの経験や経歴を羅列しても、企業側には響きません。企業が知りたいのは、「それがうちの会社でどう生かされるのか」ということです。転職となると、「自分はどうステップアップできるのか」を考えがちですが、自分が何を「得られるか」ではなく、相手側に何を「与えられるか」を明確にイメージし、それをしっかり伝える――。これが転職成功の秘訣です。


北尾吉孝

全体戦略は、グループ一丸となっての一つの戦略です。自分が拠って立つマーケットがどういう性質かという点をしっかりと認識し、全体戦略を考えなければいけません。そのためにはまず、自分の分野を徹底的に勉強して、色んな知識を吸収するべきです。


橘フクシマ咲江

各部署のことは熟知していても、会社全体がどういう組織体系になっているのかを社長の代わりに外部に説明できるでしょうか。ビジョンは、事業戦略は、競合との差は、業界での立ち位置は。それらを踏まえ、自社のバリューチェーンを社長の視点から投資家に説明できるぐらい把握することが大切です。