名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

洪自誠(菜根譚)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

洪自誠(菜根譚)のプロフィール

洪自誠、こう・じせい。中国・明代の著述家。儒教・仏教・道教を融合した『菜根譚』、古典から逸話を編纂した『仙仏奇蹤』などの著作で知られている。若くして科挙に合格。官僚となるも途中で退き、道教と仏教の研究にいそしんだとされている。

洪自誠(菜根譚)の名言 一覧

老来の疾病は、すべてこれ壮時(壮年時代)に招きしものなり。


徳は事業の基(もとい)なり。


人物的に素晴らしい人は、ふつうの人と比べて特に変わったところがあるわけではない。ただ、自分を飾らず、ありのままに生きているだけである。


洪自誠(菜根譚)の経歴・略歴

洪自誠、こう・じせい。中国・明代の著述家。儒教・仏教・道教を融合した『菜根譚』、古典から逸話を編纂した『仙仏奇蹤』などの著作で知られている。若くして科挙に合格。官僚となるも途中で退き、道教と仏教の研究にいそしんだとされている。

他の記事も読んでみる

伊藤信吾

うちの豆腐には、ぜんぜん満足していないんですよ。もっと美味くなるはずなんです。いつもそれですごく悩んでいます。


渋井真帆

家事はいくらやっても終わりがないし、できるときに集中せざるをえません。それで鍛えられたので、スキマ時間の集中力には自信があります。集中しているときは、スタッフに声をかけられても気が付かないほどです。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

説明や説得は、顔を見て、場合によっては手に触れながらしなくては伝わりません。我が社の顧問を務める米バブソン大学のトーマス・ダベンポート教授は、シンギュラリティ(AIが人間の知能を超える技術的特異点)が起きるかは問題ではないと言っています。大事なことは、どんなにAIが進んでも人間の居場所は必ずあり、そこを意識しながら、自分のスキルを再構築すればいい。そのとき最も大事な能力とは、コミュニケーション能力だと指摘しています。


黒木メイサ

たくさんの大人に囲まれて、女優としていろんな役柄を演じているうちに、だんだん自分の考えていることがわからなくなって、自然に自分の気持ちを押し殺すことが増えていったんです。そんな中で「本当に普段思っていることや伝えたいことを表現できる場所はどこだろう?」って考えたときに、ずっと好きだった音楽だって思ったんです。アーティスト活動は役柄があるわけでないし、黒木メイサという一人の人間として表現できる場所ですね。


田村潤

ビールメーカーは、少しでも自社のシェアを拡げるため、「外でも家でも自社のビール」を飲むのが鉄則。けれど、敵を知らなきゃ策は練られないでしょ。僕は内緒で、アサヒをガンガン飲んでいた。強みも弱みも見えたよね。


林田英治

経理が理解できると、「ここを工夫するとコスト削減のインパクトが大きい」など現場の人とも活発に議論できる。


島田洋七

スベる人の特徴は見栄っ張り。高学歴とか高収入とか、自分で自慢するなんて嫌われるだけ。アホやで。


神田正

どうしてここまで来られたのか。振り返ってみると、いつも「学ぶ」心を忘れなかったおかげのように感じます。


松田公太

株式公開の具体的なメリットとしては、知名度、信用力、資金、人材、という四つがあった。とりわけ知名度と信用力の問題では、上場する前のタリーズには苦労が多かった。事実、上場の効果は大きかった。タリーズのフランチャイズを希望する問い合わせにしても、以前はせいぜい一日に1、2件だったのが、上場後には10件から15件に急増した。


陰山英男

疲れて頭が回らない状態で働くのは非効率。例えばアイデアを出す時は、ただ時間をかけても意味がない。出てくる時は一瞬だから。「良いアイデア」は、脳がものすごくクリアな状態で生まれます。そんな状態を作り上げるには、やはり「休息」が必須。


加藤宣明

大切なのは当事者意識を持って悩みを共有し、軸がブレないようにすること。


大給近憲

自分はおじさんで何もわからない、という役割を引き受けて、教えを乞うスタンスで接すると、彼女たちは、まったくもう、しょうがないわね、と丁寧に教えてくれるんです。