洪自誠(菜根譚)の名言

洪自誠(菜根譚)のプロフィール

洪自誠、こう・じせい。中国・明代の著述家。儒教・仏教・道教を融合した『菜根譚』、古典から逸話を編纂した『仙仏奇蹤』などの著作で知られている。若くして科挙に合格。官僚となるも途中で退き、道教と仏教の研究にいそしんだとされている。

洪自誠(菜根譚)の名言 一覧

老来の疾病は、すべてこれ壮時(壮年時代)に招きしものなり。

洪自誠(菜根譚)の名言|老来の疾病は、すべてこれ壮時(壮年時代)に招きしものなり。

徳は事業の基(もとい)なり。

洪自誠(菜根譚)の名言|徳は事業の基なり。

人物的に素晴らしい人は、ふつうの人と比べて特に変わったところがあるわけではない。ただ、自分を飾らず、ありのままに生きているだけである。

洪自誠(菜根譚)の名言|人物的に素晴らしい人は、自分を飾らずに生きている

洪自誠(菜根譚)の経歴・略歴

洪自誠、こう・じせい。中国・明代の著述家。儒教・仏教・道教を融合した『菜根譚』、古典から逸話を編纂した『仙仏奇蹤』などの著作で知られている。若くして科挙に合格。官僚となるも途中で退き、道教と仏教の研究にいそしんだとされている。

ページの先頭へ