名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

津田梅子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

津田梅子のプロフィール

津田梅子、つだ・うめこ。日本の教育者。「津田塾大学」創設者。元治元年、江戸・牛込(のちの東京都新宿区)出身。岩倉使節団に随行。アメリカで十数年過ごす。帰国後、桃夭女塾(のちの実践女子大学)、華族女学校(のちの学習院女子中・高等科)などで英語を教えたのち、女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立。女子教育に尽力した。

津田梅子の名言 一覧

ひとりひとりの人生の航路には、独りで立ち向かわなければならないそれぞれの困難と問題がある。


人生の導き手である良い書物は、その書物のなかで語る偉人たちのことばは、求めさえすれば皆さんのものとなることでしょう。


より気高い望み、より真剣な気持、少数の人たちに限らず、家庭の外の多くの人たちをも包容する、より広い思いやりの心を持てば、どんなに弱い者でも事を成し遂げることができるでしょう。


私たちの愛は往々にしてなんと狭く、私たちの献身はなんと気紛れで、浅いものでしょう。広く、深く、身を捧げて愛することを学んでください。そうすれば人生を過つことはないでしょう。


真理は、見ることを拒まなければ、私たちの誰の魂の中にも明りを灯すでしょう。その明りは、私たちの浅薄な才能、卑しい意地悪利己心、虚栄や嫉妬などを照らし出し、他人のなかにある良さを見せてくれます。


私たちは、あらゆる面において、皆さんを助ける努力をして参りました。しかし将来は皆さんの手中にあり、皆さんは実際の体験における試練と教訓を待たねばなりません。


津田梅子の経歴・略歴

津田梅子、つだ・うめこ。日本の教育者。「津田塾大学」創設者。元治元年、江戸・牛込(のちの東京都新宿区)出身。岩倉使節団に随行。アメリカで十数年過ごす。帰国後、桃夭女塾(のちの実践女子大学)、華族女学校(のちの学習院女子中・高等科)などで英語を教えたのち、女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立。女子教育に尽力した。

他の記事も読んでみる

ラリー・ペイジ

ユーザーのために最高のものをつくりだすことが我々の重要課題です。世界中で直面してきた様々な問題を通して、我々はそれを長期にわたり実証してきたと思います。


渋谷陽一

取材をして雑誌をつくって本屋に行くと、自分たちの手掛けたものを一生懸命に読んでくれている人がいた……どうかな、うわ、買ってくれたぞ。「まあ、俺がつくったなんてことは知るはずもないけどな」編集の仕事にはそういう黒子(くろこ)としてのエクスタシーがありますよね。


藤井孝一

いくら頭が冴えているといっても、その時間を事務処理などに費やしてしまったらもったいない。クリアな頭で集中できる時間帯は付加価値を生み出す作業にあてるということを徹底することが、生産性を高め、収入増につながっていると見て間違いないでしょう。


久保田豊

私は、工事のスピードと工事費の節約、正確さを念頭に置いた。工夫を昼夜交代制に分けて仕事を進めたり、土砂捨て場に部落の湿地を選んで、その埋め立ての代わりに部落から人夫を提供してもらったりした。工事費を少なく、しかも地元民からは喜ばれる一石二鳥の策としてやった。


立花陽三

選手、球団職員、ファンがお互いに尊敬し合い、本気で挑めば絶対に勝てる。


井村雅代

一流選手になる人は、何か壁にぶつかったとき「自分には才能がない」「仕方がない」と諦めるのではなく、「自分は頑張ってきたつもりだけど、おそらく頑張り方がまだ足りない。だから、もっと頑張ろう」と素直に思える。あるいは、「なんとか壁を突破する方法はないか」と前向きに考えられる姿勢を持っている。悪くいえば、「しつこい」ともいえます(笑)。


朝倉千恵子

人によって態度を変える人は、必ずいつか逆をやります。「ありがとうございました!」と元気よく言いながら、ふっと冷たい横目を、見せてはならない人に見せてしまうことが起きるのです。それは礼儀・礼節が演技だからです。付け焼刃の演技はバレるのです。でも、演技も人によって変えず、毎度毎度、100回、200回、1000回とやっているうちに、それは自分のものになり、演技が演技ではなくなります。これが、礼儀・礼節を身につける鉄則です。


川原和久

いい仕事をしようと思えば、時間がかかる部分を早めに始めておくべき。


名越康文

雑談で大事なのは「越境する力」です。つまり、自分の持っている経験を相手に投影する能力のこと。この人の言っていることは、自分だったらどうだろう、自分の経験ではどんなときに近かったか、などと考えて異質なものを自分の中に取り込んでいく力です。お互いの共通話題があれば雑談はしやすいですが、たとえそれがなくとも、自分の経験と相手の経験を統合することができれば、雑談は十分可能です。そして本当に大切な雑談力とは、こうした力を指すのだと思います。


井上智治(コンサルタント)

さいわい私自身は、プライドが高くて扱いにくい部下を持った記憶はありません。というよりも、当社の仕事の要求水準が高すぎて、気づかないうちに、彼らの高い鼻をへし折っているのかもしれないのですが。


平岡昭良

我々は企業の色がついていません。大手のICT企業に比べて、当社は事業規模も小さいですから小回りがききます。お客様と一緒に新しいサービスをつくろうと考えた時に、我々は自社だけにこだわることなく、他社と自由に連携できる。


ビンセント・ショーティノ

日本の若者にアドバイスするとしたら、やはりまずは海外に出ていくことでしょう。海外での経験を通してさまざまな知見が得られますし、価値観も広がりを持たせることができます。