名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

津田梅子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

津田梅子のプロフィール

津田梅子、つだ・うめこ。日本の教育者。「津田塾大学」創設者。元治元年、江戸・牛込(のちの東京都新宿区)出身。岩倉使節団に随行。アメリカで十数年過ごす。帰国後、桃夭女塾(のちの実践女子大学)、華族女学校(のちの学習院女子中・高等科)などで英語を教えたのち、女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立。女子教育に尽力した。

津田梅子の名言 一覧

ひとりひとりの人生の航路には、独りで立ち向かわなければならないそれぞれの困難と問題がある。


人生の導き手である良い書物は、その書物のなかで語る偉人たちのことばは、求めさえすれば皆さんのものとなることでしょう。


より気高い望み、より真剣な気持、少数の人たちに限らず、家庭の外の多くの人たちをも包容する、より広い思いやりの心を持てば、どんなに弱い者でも事を成し遂げることができるでしょう。


私たちの愛は往々にしてなんと狭く、私たちの献身はなんと気紛れで、浅いものでしょう。広く、深く、身を捧げて愛することを学んでください。そうすれば人生を過つことはないでしょう。


真理は、見ることを拒まなければ、私たちの誰の魂の中にも明りを灯すでしょう。その明りは、私たちの浅薄な才能、卑しい意地悪利己心、虚栄や嫉妬などを照らし出し、他人のなかにある良さを見せてくれます。


私たちは、あらゆる面において、皆さんを助ける努力をして参りました。しかし将来は皆さんの手中にあり、皆さんは実際の体験における試練と教訓を待たねばなりません。


津田梅子の経歴・略歴

津田梅子、つだ・うめこ。日本の教育者。「津田塾大学」創設者。元治元年、江戸・牛込(のちの東京都新宿区)出身。岩倉使節団に随行。アメリカで十数年過ごす。帰国後、桃夭女塾(のちの実践女子大学)、華族女学校(のちの学習院女子中・高等科)などで英語を教えたのち、女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立。女子教育に尽力した。

他の記事も読んでみる

下川浩二

毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


山崎将志

努力しても結果がついてこない人の多くが、自分のやり方や習慣が正しいと思い込んでいる。やるべきことを間違っているだけのことなんです。


藤野英人

その株が今日上がるか下がるか、一週間後どうか、あるいは一カ月後どうなるかを予想するのはギャンブルと同じです。サイコロの目を当てるようなもので、長い目で見ると大きくは儲けられないのです。


安田善次郎

意思の弱き人は、その行為常に不文律にして、精神快活ならず、したがって自己の情欲を制して、勤倹貯蓄を成すの勇なし。


清水喜彦

一貫して法人営業畑を歩んできた。当時から心がけていることは、必ず現場を自分の目で見ること。


鈴木貴子(経営者)

社長就任後に最も力を入れたのは、組織の方針や価値観を社内に浸透させること。それらを端的なキーワードに落とし込み、何度も繰り返し言い続けることを心がけています。


村岡恵理

SNSを敢えて絶ち、腰を落ち着けて勉強したり、読書に没頭したりして、自分のペースと自身のための静かな時間を取り戻す。球根になったイメージで、時にはそんな春への備え方も愉しくはありませんか。


福原義春

早く育てようと年中肥料をやれば、根は傷む。毎日一定の時間に水をやっても、過湿で根は腐ってしまう。丹念に面倒を見ればよく育つわけでもない。蘭には蘭の生活リズムがあり、それに人間の方が合わせなければ、最良の状態にはならないのである。【覚書き|部下の育成法を自身の趣味のラン栽培に例えて語った言葉】


世耕石弘

近畿大学直営養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」立ち上げのときに、私たちが最もこだわったのは、オープン初日にメディアにどんどん報道してもらうこと。メディアに興味を持ってもらえそうなストーリーを、マスコミ各社に発信する「広報ファースト」という手法をとりました。マスコミに取り上げてもらいやすいような、料理店にまつわるストーリーを発信し続けたわけです。


永井孝尚

メンバーにはそれぞれの強みがある。各自の強みを把握しチーム全体のパフォーマンスを上げるのが管理職の仕事です。部下に苦手なことをさせても、あまり成果は上がらず、細かい指導も必要になりますが、部下が強みを持つやりたいことなら、任せていても大きな成果が出るようになるもの。すると部下の商品力も上がり、チームの商品力も、あなたの商品力も、すべてがアップするのです。


須田将啓

ビジネスにおいてあまり感情を出してはならないというような話がありますが、私はそれとは正反対で、感情のほうが大事だと思っているんです。例えば、もし自分が嫌いな人だったらその人が上手く行っていても素直に受け入れられないものです。つまり、ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きいので、採用のときも、「この人と一緒に働きたいか」とか、「この人が大変なミスをした時に許せるかな」ということはいつも心のなかで考えています。


谷口祥子

話題の内容そのものではなく、「なぜこの人はこれが好きなのだろう?」という部分に焦点を当てるのがコツ。好きになった動機やその楽しみ方など、相手の性格や価値観に興味を持てば、話題がなんであれ退屈に感じることはありません。