名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

津田全泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

津田全泰のプロフィール

津田全泰、つだ・ぜんたい。日本の経営者。旅行情報サイト『フォートラベル』創業者。群馬県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、MDM(のちの楽天)に入社。楽天市場、楽天トラベルの立ち上げに参加。約5年在籍したのち独立し、フォートラベルを設立した。

津田全泰の名言 一覧

創業当時、信頼できるパートナーの存在は大きかったです。自分はひとりではないという意識が精神的に強くさせてくれました。


市場にあるサービスやインフラを使えば起業できる。特にネットで開業するには本当に恵まれた時代だなと思っています。


自分の欲しいものを作り、したいことをするのが一番仕事に情熱が持てる。


初めての起業。成功するか失敗するかわからない中で、コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想でした。


起業当初きちんとした収支計画はありませんでした。とくに売上については、やってみないとわからないと思っていました。


何十億円、何百億円に育つサービスではありませんが、それは重要ではありませんでした。自分のやりたいことをビジネスとして回していける。それを確信できたことが大きかった。


フォートラベル起業当初、ソフトウェアは無料のオープンソースを利用し、ハードウェアは5万円のPCサーバー。通信回線は月1万円だったので、年間12万円。つまり、自分たちの人件費プラス17万円でサイトをつくりました。


成功した楽天市場では、システムを内製していましたが、楽天トラベルは外注だったんです。それだけに、失敗したときのコストも大きかったのです。起業しても、コストさえかけなければ、大やけどはしないことを学びました。
【覚書き|楽天トラベル立上げに参加し、当初失敗した原因について語った言葉】


IPOも考えましたが、いつ大手が参入してくるかわからない中で、とにかく速く走りたかった。実際、カカクコムの子会社になったことで、信用力も高まりました。
【覚書き|フォートラベルをカカクコムの子会社にした理由について語った言葉】


我々は、ストック型のビジネスをしたいと思っていました。フォートラベルには、実際の旅行者の方々のクチコミ情報やQ&Aが貯まっていきます。そうしますと、実際サービスを始めて3年経ちますが、この間に貯まってきたこれらの情報というもの自体が価値を生みます。つまりこれからも運営すればするほどコンテンツがどんどん貯まっていく。私達はこういうビジネスを目指していましたこのデータベースがあれば、フォートラベルと全く同じシステムで全く同じサービスをもって、大手企業が参入してきても、一朝一夕には追い抜かれないわけです。


完成形をイメージしながら作りますが、自分たちの理想と現実のギャップが存在します。周りから、このようなサービスで上手くいくかと問われる中での、自分の信念との葛藤が辛かった。しかし理想を追い求めてきたことで現在の自分たちの姿に行き着くことができました。


フォートラベルは私と野田臣吾(のちに同社社長兼CEO)の2人が300万円で作った会社なのですが、この資本金を使うのがもったいないと。そこで、オフィスを借りるのも考えようだということで、某ファーストフードに毎日ノートパソコンを持って通いまして、そこの無線LANを利用していました。初期段階でも収支の部分で赤字があったらビジネスをしている意味がないですから。店員さんには嫌な顔をされるので、毎日席を移動しつつ通い詰めていましたね(笑)。


大学在学中に入社した楽天では多くを学びました。そこでの経験の中で、楽天市場と楽天トラベルという二つの部門を関わらせてもらいました。その楽天市場の方は大成功しましたが、一方楽天トラベルはなかなか伸びなかった。この経験から、ビジネスというものは個人の頑張りだけではまかないきれず、時流に乗ることや強みを意識したビジネスモデルを構築することが重要だと分かり、現在のフォートラベルの展開に大変活きています。


旅行というものは行ってみないとそのサービスの価値がわからないので、場合によっては旅行会社の販売をしている方々よりも、実際現地に行って体験した方のほうが具体的で現実的な情報を持っている。


津田全泰の経歴・略歴

津田全泰、つだ・ぜんたい。日本の経営者。旅行情報サイト『フォートラベル』創業者。群馬県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、MDM(のちの楽天)に入社。楽天市場、楽天トラベルの立ち上げに参加。約5年在籍したのち独立し、フォートラベルを設立した。

他の記事も読んでみる

小倉広

上司に意見を伝えるとき、コンテンツ(結論・メッセージ)だけでなく、コンテキスト(背景や経緯、文脈)も必ず伝えてください。「私はこのやり方がいいと思います」という結論を示したら、「なぜそう思うか」を伝えること。とくに「お客様からこんな意見をもらった」という顧客事例を伝えるのは有効です。上司は部下より現場を直接見る機会が少ない分、顧客の声を重視するので、納得してもらいやすいのです。


山内溥

娯楽という分野は、つねに従来と異質のものを開発しなければならないのです。つまり改良の程度ではダメです。このビジネスの世界は一日かかって説明しても、なかなか理解してもらえないのではないかと思うほど難しい。


松下幸之助

利益を上げるためには仕入れ値以上の価格で売る。また借金をする前に、まず集金に全力を注ぐのが本当で、それでもなお資金がいるときに、初めて他から借りるべきでしょう。それが雨が降れば傘をさす、天地自然の理に従った姿です。言葉に表してしまうと極めて簡単で、当たり前のことのように思われますが、この至極簡単、当たり前のことを適時適切に実行するというところにこそ、商売なり経営の秘訣があるといえるのではないでしょうか。


木村裕一(きむらゆういち)

童話や絵本というと子供向けと考えがちですが、もともと私は子供向けに作品を書いているという意識がありません。既に大人になっている私に、子供の気持ちが分かるはずがありませんから。私の全ての作品は、大人の私が面白いと思ったことや興味を持ったことを描いています。その内容を、「どのように表現すると読みやすくなるだろうか」と考える点では子供を意識しますが、内容は大人でも読めるものと思っています。


上原明

戦争であれば、短期間で決着することもありますが、商売はそんなに早く決着しません。けれども、毎日毎日必ず勝った負けたがあり、その積み重ねによって決着がつき、勝てば栄耀栄華を極められますが、負ければ貧民窟街で野垂れ死にするほどの厳しい結果になります。だから、毎日が戦いであり、その勝負に勝ち続けなければならないのです。


小笹芳央

悩む暇があったら、目の前の仕事に全力で取り組もう。


齋藤孝(教育学者)

日本の「○○道」といわれるものは、日々身体的な「技」の習熟に励むことで、その道の精神を会得していくものだ。「技」を鍛えることが、自分を見つめ、心の軸を鍛えていくことにつながる効果があった。「道を究める」ということは、体を軸とした自己観照の手法でもあったのだ。


加藤壹康

私の経験に則して言えば、営業部長時代に「価格」から「価値」に重きを置いた営業手法に転換した際、現場が得意先に怒られながらも実行してくれたのは「何とかこれまでの営業手法を改めたい」という思いをみんなが共有してくれていたからだと思います。また酒類営業本部長時代に新ジャンルの「のどごし生」を開発した時も、関係者全員が「ヒット商品を生み出す」という思いでひとつになっていたように思います。


北条重時

殺したからとて、自分らになんらの利益もない生き物の命を、むやみやたらに殺してはいけない。生き物の姿を見ては、それがなんであるかにかかわらず、憐みの心をもって接してあげなさい。たとえ小さな虫けらでも、命の惜しい点では、人と変わらぬものだ。わが身にかえても、生き物を助けるようにしなさい。


西多昌規

ネガティブな感情は、記憶に残りやすく、それに伴って疲労感も増します。一方、楽しかった、嬉しいなど、プラスの記憶は忘れやすい傾向があります。しかし、レム睡眠には、この嫌な記憶を和らげる効果があります。レム睡眠では、扁桃体(へんとうたい)という感情を司る部分の機能が低下。マイナスの感情を薄れさせます。ネガティブな感情を取り消すようあれこれ頑張るよりも、ひと晩寝るほうがよっぽどストレス解消になります。


中鉢良治

消費者の目線になれと言われて、いくらデータを分析してみたところで、対象者という実物と接点がなければ、相手の目線になることなどできないでしょう。


河内誠一

経営では感動とソロバンは「51対49」の比率が大切でしょう。私の場合、ともすれば感動の比率が100になってしまい、経営状況を不安定にさせかねないクレイジーな側面もありますが(笑)、商売というのは、それくらいの思いでやらないとダメだということです。