津曲孝の名言

津曲孝のプロフィール

津曲孝、つまがり・たかし。日本のパティシエ、経営者。「ツマガリ」社長。宮崎県出身。ヒサモト洋菓子店、エーデルワイスなどを経てアンテノール社長。その後、ツマガリを創業。また、兵庫県洋菓子協会副会長、兵庫県洋菓子技術専門校校長を務めた。厚生労働省・現代の名工、西宮市民文化賞を受賞。黄綬褒章を受章。

津曲孝の名言 一覧

「徳」という字は、「ぎょうにんべん」に「十」と「四」と「心」ですから、お客様のために14種類の心を尽くしてやってきました。


私は菓子学校に行って学んだわけではないので、素材選びもすべて私の思いから始めたことです。思いが強いとお客様が見えてきます。そうして、お客様が喜ぶことをしていくうちに、売上げも伸びていきました。


シュークリームを50年間製造していますが、いまだに改良しています。改良を習慣化しています。その意味では、習慣が大切です。美味しいお菓子を作るのも改良の習慣化ですし、売上げもよい習慣で上がるのです。


私はお菓子を作ることによって、哲学を学びました。生き方、人間力、歴史観、過去と未来――、お菓子がみんな教えてくれました。


ただ、ひたすら美味しいお菓子を作って、お客様に喜んでいただきたいという思いだけです。


洋菓子とは関係のない仕事に就いていたのですが、人のご縁でお菓子屋さんに入れていただきました。毎日毎日、お菓子作りを一所懸命やっているうちに運が向いてくると言いますか、自分の意図とは関係なく、人に言われるがまま進んでいき、今に至っているという人生です。


言われたことを素直に一所懸命やっていると、人が喜んでくれるので、もっと喜んでもらいたいと頑張る。ですから、経営も、美味しいお菓子を作ってお客様に喜んでもらいたいという単純な思いだけです。


材料もピンからキリがあれば、ピンを使う。見えないところまで、「おもてなし」の心を忘れない。そういうことを毎日考え、進化させています。期待を裏切らないのではなく、期待を超える。そのためにも、今でも研究は欠かせません。


大きな会社も小さな会社も本質は同じだと思いますが、クオリティと価値観が大事だと思います。お客様が常に魅力を感じ続けてくれなければ、商品は売れなくなります。「昔と同じように作っています」では退化と同じ。毎日、改良していって、ようやく「昔と変わらないくらい美味しいね」と言われる。だから、日々改良が大切なんです。


ツマガリを始めたとき、それまで社長として50近い店舗を見ていたのに、独立して1店舗になったので、炎が燃えさかるようにパワーが集中して、その1店舗に全力投球しました。24時間を通り越して、翌日の朝9時頃まで働いていたこともありました。


最初の頃は、1日9万円の売上げでした。店が半地下なので、店の前に車が停まると店がどこにあるのか分からないので、まずは店の存在を知ってもらうことから始めました。でも、半年後には1日20万円の売上げになり、そこからは右肩上がりで年商が増えていきました。


お客様が来てさえくれれば、どんなサービスでもできます。でも、来ていただけなければ心尽くしもできない。ですから、箱や包装紙もイタリアやフランスのものにしましたし、素材にもこだわりました。


甲陽園は高級住宅地で、世界を股に掛けて仕事をしている方たちがたくさん住んでおられるので、美味しいお菓子を作ると反応が返ってきます。逆にいえば、いいものを作らないと買ってもらえないので、商売をするには厳しい場所ですが、そのお客様たちに育てられました。


ツマガリの売上げの90%が贈答用の焼き菓子です。贈答はギフトですから、贈られた方に喜ばれなくてはいけません。その意味でも、我々の責任は重大です。「これを贈ってください」と言われてお金を頂戴しているのに、届いた方に文句を言われるようなことがあってはいけません。贈り主が10の贈り物をしたら、受け取る側は20の贈り物として受け取れるようにしたい。「あの人(贈り主)は、やっぱりすごいわね」と言ってもらえるようにすることが、私たちの使命です。


酒好きな人・苦手な人、ナッツ系か好きな人、小麦のきいたお菓子が好きな人、バターのきいたお菓子が好きな人など、好みはいろいろなので、お店にはあらゆる商品を取り揃えています。


お菓子は人間模様と一緒です。「こいつは地味やけど食べたら個性を発揮する。ぐっとくる」もの、「こいつは派手やけどさらっとして、思った以上にあっさりした」ものとか。人間模様と同じ感覚で捉えながら、お菓子を作っていくのはとても面白いことです。ちなみに、創業時よりの理念は、「人間味」です。


拡大はしません。しかし、成長はします。成長というのは進化、改良。人間の身体でいえば新陳代謝です。ただ、拡大をすると、血管と同じで、血液が行き届かなかったり、どこかが滞ってくるのです。新陳代謝のためには、キレイないい血が毛細血管の隅々までいくことが大事です。


調理とは調和、つまりバランスですから、いい材料といい組み合わせが重要です。その意味では我々パティシエは仲人、コーディネーターです。


美味しいお菓子は材料で決まります。いい材料を選ぶのは私の味覚次第になります。風光明媚で自然豊かな宮崎・串間で育ったので、海の幸、山の味、磯の香り、土の香り、草の香りが、私の味覚を育ててくれました。


起業は計画していたわけでもなく、突然のことでしたが、20数年間の経験がありましたし、社長をしていたので、モノを売ることに関しては自信がありました。行商でもモノは売れますから、自分の店で作って売ることはどうってことないなと。


前の会社の社長をしているときは、独立する気はありませんでした。ただ、ある時、妻から「あなたと結婚したのは、独立して、美味しいお菓子屋さんを一緒にやれると思ったから。でも、もう待ちきれないから自分でやる」と言われ、妻がそう言うならお金がなくてもやろうかと、10月に会社を辞めて、翌年1月に兵庫県西宮市甲陽園でツマガリを始めました。


お店は3店舗ですが、生菓子は本店のみで、百貨店では焼き菓子しか売っていません。店舗を増やさないのは理由があります。それは、マイナーズ・トップブランド、地方の「おらが一番」というブランドを目指しているからです。そうすることで、お土産に持って行く価値を作ることができ、「あそこでしか買えないものを頂戴をして、どうもありがとう」と言われるようになります。これが見えない付加価値です。


最初に勤めたのは東京の洋菓子店でしたが、その後、人の紹介で、神戸に本社があるエーデルワイスというスイス菓子の会社で働き始めました。その会社が、スイスの民族舞踏団が来日した際、スポンサーになった縁で、スイス大使館がスイスで洋菓子を学ぶ機会をくださり、社長から「新しいブランドを立ち上げるから、スイスで学んで来い」と言われ、私が会社を代表してスイスに行かせてもらいました。スイスでは材料の違いを感じました。当時は、まだ最高の材料が日本には入ってきていませんでした。ヨーロッパは、いい材料を当たり前に使ってお菓子を作っていたので、日本でも「いい材料でお菓子を作らなければいけない」と思って帰国しました。


津曲孝の経歴・略歴

津曲孝、つまがり・たかし。日本のパティシエ、経営者。「ツマガリ」社長。宮崎県出身。ヒサモト洋菓子店、エーデルワイスなどを経てアンテノール社長。その後、ツマガリを創業。また、兵庫県洋菓子協会副会長、兵庫県洋菓子技術専門校校長を務めた。厚生労働省・現代の名工、西宮市民文化賞を受賞。黄綬褒章を受章。

他の記事も読んでみる

鮎川義介

元来、生物だけが意識を持っていると思うのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、愛のつながり以外にはない。金は金を愛する人を慕って集まるが、粗末に扱ったり、貧乏神にまつわられた人には近寄りつかない、たんに紛れ込んでもすぐ逃げていく。それは金に精があるからだ。


郭台銘(テリー・ゴウ)

民主主義ではメシは食えない。民主主義は経済力に依存している。


大西洋

変わらなければ生き残れない。強い危機感を抱き、根底からビジネスモデルを見直しました。百貨店不振の真因は、同質化と販売力の低下にあります。同質化を裏返すと独自性。そこで独自性を磨き、販売力を取り戻すための改革に着手したのです。


米村でんじろう(米村傳治郎)

思うように進まないことがたくさんあります。その時は、苦しくても諦めずにやり続けること。そして、八方塞がりになって迷った時は、必ず初心に立ち帰ること。


浦野光人

私の場合は常に三種類の本を並行して読んでいます。背筋をピンと伸ばして取り組まなければならない本。電車の中でも読める本。最後は本というよりは雑誌や新聞のような情報のたぐいです。しかし、どの種類の読書に置いても心がけているのは、読みながら絶えずシミュレーションをするということです。一人の人間が人生で難局を体験する機会はそう何度もありませんが、シミュレーションを通じて学習することができます。


浅野敏雄

今日の旭化成で成功している製品はみんな素晴らしいマーケティングをやっているので、我々の強みは技術だけではないと思っています。ただ、1つだけあえて言うなら、グローバルに展開するマーケティング力はまだ欠けていると思います。生産力もマネージメント力もすべてにおいてグローバルに展開する力が求められます。


佐藤可士和

自分がマネジメントする側にたつと、目の前の仕事の、何からとりかかるか常に選択を迫られます。僕自身は何であれ「決めてしまう」ことを重視していますね。たとえばあるアイデアについて「この会議で一度決めよう」といって、今のところの結論を出すんです。早く決めた分、時間はまだあるのだから、結論を出したアイデアについて前向きにより良いものを考えていく。さらに良いアイデアが出たらアップデートすればいいんですから。


和田完二

うちの会社もこれまで技術者や技術要員の獲得にはずいぶん悩まされてきた。しっかりした頭脳の持ち主なんてなかなかいないし、あったとしても精神の方がひねくれていたのではかえって困る。精神も健全で頭のいい者を採りたいのはやまやまだが、それには募集の方法がない。そこで私は、これは人任せや人頼みではいつまでたっても解決できないから、ひとつ自分の手で学校をつくろうということに踏み切った。


青木孝憲(カーデザイナー)

カーデザイナーになるまでそんなに順風満帆には進みませんでした。様々な自動車会社の就職試験を受けてもすべて落ち、就職浪人をしたくらいです。それでも諦めきれずに、築60年・トイレ共同の汚いアパートで寝ころびながら、「ほかにデザイナーになる方法はないか」という思いでクルマの雑誌を眺めていたときに、光岡自動車の広告が目にとまったんです。求人募集の広告でも何でもなかったのですが、雇って欲しいと電話をかけました。作品だけでも見てくださいと必死で懇願したところ、面接してもらえることになりました。


山田満(経営者)

社是であまり難しいことを並べても仕方ない。


山口陽(経営者)

身の丈にあったことをやっていかなければ、経営はおかしくなる。


鈴木喬(経営者)

エステーには「4気」という言葉があります。「景気より天気、天気より元気、元気より人気」。だから、もとから景気を相手にしない商売を考えています。


ピーター・ドラッカー

我々が強い衝撃を持って最初に学んだことは、知識労働においては、資本は労働(すなわち人間)の代わりにはならないということである。経済学の用語に従えば、肉体労働については、資本と技術は生産要素である。しかし知識労働については、もはやそれらは生産手段であるにすぎない。資本と技術が仕事の生産性を高めるか損ねるかについては、知識労働者がそれらを使って何をいかにするかにかかっている。仕事の目的や、使う人の技量にかかっている。


竹中平蔵

参入障壁がある業界は、飛び込んでしまえば得。そうしたところにビジネスの鉄則性がある。


柳井正

日本にある本部を、本当のグローバル本部にしないといけないと思っています。そのためには、今の人間の半分ぐらいを世界に出して海外事業を経験させるということをしなくてはいけないし、あるいは逆に国内事業に海外の人たちを入れて、混成チームにしてやっていくということが必要なんじゃないかと考えています。できるだけ早く3分の1を外国人にしたいし、最後の理想としては半分を外国人にしたい。


ページの先頭へ