法華津孝太の名言

法華津孝太のプロフィール

法華津孝太、ほけつ・こうた。大手水産会社の極洋社長・会長。東京大学卒業後、外務省に入省。第二次大戦の戦前・戦中に欧州で外交官として活躍。太平洋戦争後、極洋捕鯨(のちの極洋)に入社。専務を経て社長・会長

法華津孝太の名言 一覧

若いうちに自分の判断で仕事ができる地位についた人は、報酬の多寡は抜きにして、それだけでも得をしていると言える。


ある人が「運動のために散歩するには、疲れない程度では何にもならない。少し疲れたという程度まで歩かなくては効果がない」と言ったのを思い出す。多少手に余るような仕事に勇敢にぶつかっていくことが大切である。


当社は漁業会社である。社員はホワイトカラーの意識を捨てて長ぐつをはいて魚臭くなって仕事をする心構えが必要である。ただしその際といえども紳士としての心がけを忘れてはならない。すなわち当社の社員はすべからく紳士たる魚屋になってほしい。
【覚書き|社長に就任したときのスピーチにて】


たとえ1%でも安く仕入れれば、それだけ会社が得をする。商売というものはそこまで厳しくやらなければいけないというのが、山地土佐太郎社長の信念であった。計算にうとく、子供のころからあまり苦労しないで育ってきた私には、山地さんのこの実地教育は大変薬になった。
【覚書き|外交官から民間の漁業会社に移った当時を振り返っての発言】


山地土佐太郎社長から仕込まれたのは、値切ることである。外務省時代から、私は言い値が定価だと心得ていた。外交官が値切って物を買うなぞはしたないという見栄もあったのだろう。ところが山地さんは、商売人になったからにはとにかく物を安く買うことを覚えなければいけないと言い、私が購入伝票を社長のところへもっていくたびに必ず「君、これ値切りましたか」と聞く。私が値切っていますと言っても「ちょっと待ちたまえ」と片っ端から値切っていく。何件かの中にはやはり私の買った値段より安いところが出てくる。すると山地さんは「どうです。ここじゃあ、この値段だから、君の買った店にこれだけ引くように言いなさい」と言うのだった。


企業である以上利潤は上げなければならないが、まず社会的、国家的に見てこの事業に携わることが少しでも役に立つかどうかという価値判断の上に立つこと。私はこれをいまも経営理念にしている。


奉天の総領事館は、総領事の次に領事がおり、私たちも上の地位にあった。米国の大使館あたりだと、先輩が多くて何事をするにもその指示を仰がなければならないところだが、ここはほとんど自分の責任で仕事を切り盛りすることができた。だからその時代に、私は自分の判断でものごとを行う訓練ができたように思う。これは望外の幸せであった。


出淵さん(在米日本大使)は、仕事を面白くする方法を教えようと言った。それは自分が大使になったつもりで電信を扱ってみろということだった。本省から訓令を受け取ったら、自分が大使ならどう執行するかを考える。そして大使がその訓令を執行したのち本省に返信を打つ場合も、自分ならどうするかを仕事をしながら考えてみろというのである。これで仕事は面白くなったし、頭を練るうえで大変効果があった。


若いうちは重荷に感じられても、自分の手に余るような仕事に勇敢にぶつかっていくことが大切である。
【覚書き:20代で日本軍とリットン調査団の英語通訳として同行した時のことを振り返っての言葉。】


若き日の山地土佐太郎(極洋捕鯨初代社長)はブラジルから帰りの船賃が足りない。彼は子豚10頭ばかりを移民船に積み込んだ。豚は戦中の移民の食料として買い取ってもらうように三井物産と契約しておいた。2・300人の移民のなかには船に弱くて少し揺れると食欲をなくす人が多かった。思惑通り、豚はその残飯を食べて丸々太っていった。彼が豚のえさを積み込んでなかったことは断るまでもあるまい。


法華津孝太の経歴・略歴

法華津孝太、ほけつ・こうた。大手水産会社の極洋社長・会長。東京大学卒業後、外務省に入省。第二次大戦の戦前・戦中に欧州で外交官として活躍。太平洋戦争後、極洋捕鯨(のちの極洋)に入社。専務を経て社長・会長

他の記事も読んでみる

古屋大貴

カプセル玩具は、一瞬でくすりと笑わせたり、精巧なつくりで感動させたりして消費者の心を動かせれば勝ちです。そういう意味で私たちは、一発ギャグを得意とする芸人さんに似ているのかもしれません。人を笑わせたり驚かせたりする方法を、朝から晩まで考え続けているのです。


岡田正大

日本にはそもそも共有価値に近い概念がすでにある、とよく言われますが、そうした標準化された文化的属性を乗り越えて、自社の独自性を発揮することが求められます。企業があまねく実行できるような戦略では競争優位は実現しません。


冨田和成

資格の取得には時間とお金がかかります。これは紛れもない「投資」。だからこそ、そこで得られる効果はしっかり精査されるべき。


尾崎裕

我々がどのような交渉力を持つかを考えた場合、リスクはあってもいろいろなところで調達手段を多様化していくことが絶対に必要です。


平野敦士カール

興銀を退社し、NTTドコモでおサイフケータイを普及させる仕事に携わるようになって、ランチ相手の幅も広がりました。小売業の経営者や大学教授、マスコミ関係者……。こうした人とのつながりがビジネスのヒントになったのです。


進藤孝生

「どんな話をすればみんながやる気になるのか」を考えることは、スピーチの重要なポイント。母校の一橋大学ラグビー部のOB会で寄付を集め、グラウンドを人工芝にしようという話が持ち上がりました。しかし、試算してみると8000万円もの費用がかかる。「集めた金額が足りなくて実現できないと、寄付をしてくれたOBに申し訳ない」という理由から、一度は盛り上がった計画が中止されそうになりました。そこで私は、OB会の臨時総会のスピーチで、「もし寄付が半分しか集まらなかったら、グラウンドを半分だけ人工芝にしよう。残りは、きっと何年後かに後輩たちが完成させてくれるはずだ」と話したのです。すると、会場は一瞬で「やろうじゃないか」というムードに変わり、結果的に費用を上回る寄付が集まり、無事グラウンド全面に人工芝を敷き詰めることができました。


高須克弥

僕の頭髪は植毛だし、歯も人工。その印として歯にはダイヤモンドを入れている。腹筋が割れているのはエクササイズでできたものではなく、脂肪吸引の成果。患者さんに施術する前に、必ず自分自身の身体を使って手術や薬剤の安全性を試すのがポリシー。


西脇俊二

コミュニケーション下手な人を見ていると、自分の承認欲求のみを満たそうとしてばかり。いつも自分の話ばかりして疎まれるのがその典型例です。


宗次徳二

CoCo壱番屋1号店をオープンし、引退するまで、「どうしたら、もっとお客様に喜んでいただけるか」だけを考えてきました。おかげさまで2004年には1000店を超え、多くのお客様に「ココイチ」のカレーを楽しんでいただいています。


佐藤琢磨

すべてのチャンスを掴んでいるのではなく、1回の成功の裏には10回以上の失敗がある。だから諦めずにチャレンジすることが大事。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

前から、我々には規模という強みがありました。巨大企業なのでリソースはふんだんにある。でも、図体が大きいがゆえに動きが遅いという弱みも抱えていました。中小企業のように素早く動くことができなかった。だから、規模を活用しながらいかに速く動くかということを、ダウは様々な変革を進めながら学んできました。


中嶌武夫

「なろう」と強く思わなければ、日本一にはなれません。


渡部恒郎

仕入れ先が限定的であったり、大企業の完全下請けで先方の都合一つで売上げが左右されるような企業は、価格の決定権を持たず、常に他社依存のリスクを抱えている。


涌井雅之(涌井史郎)

先進国、とりわけ日本のような立ち位置にある国というのは、これからどうやって産業を引っ張るのかというと、多分、才能で引っ張る以外にないと私は思っているんです。つまり感性価値。日本から新たなライフスタイルを世界に対して提案する、ということです。


似鳥昭雄

どの年代の方が、どれだけ住んでいて、収入はどれぐらいなのか。商圏として考えるのは、徒歩なのか自転車なのか、あるいは車なのか。そして競合店舗はどうなっているか。あらゆる数字を調べて、ここに造れば一坪あたりどれぐらい売れるのか、大きさは何坪が適正なのか、あらゆる予測をしてから出店しています。


ページの先頭へ